二年生に進級した日の始業式。
文月学園Aクラス所属の木下優子は誰にも見られたくないものを学園一の完璧少年、水谷に見つけられてしまう。
どうしてもバラされたくない優子は、水谷の出した『俺の仮彼女になれ』という条件を受け入れる。
水谷の仮彼女として始まった優子の新学年の生活は一体どうなっていくのか……?
「えぐっ……どうしてあんたは…っ……あたしが泣いてるときに……ひぐっ……いつも側にいるのよぉ……」
「そこに泣いてるお前がいるからだろうが」
バカテスにはあまり見ない純愛系(?)恋愛ストーリーっ!!

  最悪な一日
  絶対約束
 ▲ページの一番上に飛ぶ