傭兵とは金や自身の目的の為に手を汚し、裏切りや護衛を受け持ち、いざとなれば使い捨てられる。そのような者が大半だ。
しかし例外的な傭兵も存在した。
彼女は、産まれた時から例外に含まれた優秀な傭兵であった。
皆の誇りや希望に満ちたレースは手段の一つであり、それ以上でもそれ以下でもなかった。
彼女は依頼人から受けた、最初で最後の曖昧な依頼を果たすのみ。








この小説はウマ娘プリティーダービー公式の二次創作ガイドラインを熟読した上で作成しております。
本作品は原作や競走馬のイメージを損なわせる気は一切無く、内容に注意して作成しております。
物語の都合上、どうしても過激な表現が含まれてしまう箇所が出てきますので、どうかご了承いただければと存じます。
感想を頂ければ作者のやる気が上がりますので、頂ければ幸いです。
  イレギュラー()
  スピカへようこそ2021年12月22日(水) 07:11()
  メイクデビュー
 ▲ページの一番上に飛ぶ