ゴールドシチーメインの二次創作です。
基本的に原作(史実)をなぞっていき、ウマ娘関連で実装されておらず、現時点にて改変が可能な部分を変更していく予定です。

レースをメインに置くことはあまり考えておらず、トレーナーや周辺との交流をメインにしていこうかと考えております。
場合によってはレース対日常が五対五ぐらいになる可能性もあります。
ですので改変部分の設定を掲載するかもしれません。展開がわかりやすいとも思いますので。それは状況を見て判断いたします。
逆に面白味も無くなるかもしれませんし。

愛が重馬場になるか良馬場になるか微妙なんですよね。でもシチーさんのメンド可愛い所が描写出来たらなと考えております。

■生徒会メンバー
・会長マルゼンスキー、副会長プレストウコウ、書記ヒシスピード、会計ラッキールーラ。でも激マブ以外はほとんど出番が無い予定です。
・シンボリルドルフはゴールドシチーがジュニアB組より会長職に就任。ミスターシービーは副会長予定ですかね。以後、何故かマルゼンスキーは会長補佐職に就任。副会長とかじゃないの?

■平成三強世代
・オグリは3/27が生年月日ですが、ゴールドシチーの一つ下の世代にします。
注:仮に出すとしたらタマ、イナリ、シチーさんは同世代かな。
 繁殖期の関係で三月から五月生まれが多いから困るのだ。
 シチーさんはタマちゃんパイセンと同じ学年にするのだ。同期バですし。本来というのも変ですが、学年でいうとクリークだけが一つ下なんだよなぁ。
 ヤエノムテキやアルダン、チヨちゃんも一つ下だよなぁ。シングレでも思いましたが、逆に魔の一学年下の世代だ。
・シチーさんの同期ライバルが全く実装されなさそうなので、シチーさん自体が割かし浮いた存在なんだよなぁ。

 本来競馬、JRAの事業年度って確か1/1~12/31だったような気がしたんで、日本での学園を考慮すると微妙にズレるんですよね…… その辺りをボヤっとさせるから、逆に良い意味で色んなウマ娘たちとの関りや学年設定が出来るのかなぁ。

こちらもお読み頂けると幸いです。
~夢の第二十二回有マ記念~ 規格外の速さで紅焔を纏う彼女が伝説を作る
https://syosetu.org/novel/278133/
マルゼンスキーがもし、大事を取って有マ記念の出走を回避しなかったらというお話になります。


  第一話 出会い()
  第二話 どけ! 俺はトレーナーだぞ!2022年01月09日(日) 20:12()
  第三話 沖野さんを呑みに誘った2022年01月10日(月) 02:25()
  第四話 夢への一歩2022年01月23日(日) 20:06()
  第五話 ライバル達2022年03月05日(土) 18:37()
  第六話 トレーナー室にて()
X(Twitter)  ▲ページの一番上に飛ぶ