時は1970年代、べらぼうででたらめなものが世界を襲っていた。
そこにやってきたのは、芸術の巨人、タローマン。そして地獄からの使者、スパイダーマン……!?
70年代の二大ヒーローが、全然対決しないお話です。
※pixivにも投稿しています。

1 / 1
「自信なんて気にするな」|feat.ノン|

 時は1970年代。

 ()()()()()()()()なものが、世界を襲っていた。

 奇獣である。

 どこからともなく現れ、ビル街を練り歩く巨体。

 巨大な横長の頭部には、ばっくりと口が裂けている。

 口には大きな牙が並んでいるが、その奇獣の脅威はそこではなかった。

 錐のような末広がりの身体には手が張り付いており、掌を外界へと向けている。

 それはまるで、来るものを全て拒んでいるかのようだ。

 

「ノン!」

 

 奇獣は短くそう叫ぶと、手の平を激烈に突き出した。

 伸びた手の平は、ビルを殴打し、破壊する。

 それを近くで見ていた、ビルのオーナーが絶叫する。

 

「ワシのビルがぁ~! タローマン以外に壊されるなんてぇ~!」

「シャチョ~!」

 

 奇獣・ノン。

 奇獣は別のビルに向かって、再び両手の平を張った。

 舞い上がる粉塵や、飛び散る瓦礫。

 逃げ惑う人々。

 その頭上を飛んでいく、赤い影があった。

 ストリングを巧みに操り、ビルの谷間を跳躍する、怒りの目。

 

「地獄からの使者! スパイダーマン!!」

 

 スパイダーマンこと、山城拓也は疾走した。

 鉄十字団が相手でなくとも、目の前の危機を放置することは出来ない。

 彼は迷うこと無く、ブレスレットに向かって叫んだ。

 

「マーベラーッ!!」

 

 すると、巨大なスフィンクスを思わせる要塞が、雲の向こうから飛来した。

 マーベラーからは飛行可能な高性能自動車・GP-7が射出され、ビルの上から飛び出したスパイダーマンを回収する。

 GP-7がマーベラーへと回収されて、コクピットとなる。

 

「マーベラー、チェンジ! レオパルドン!!」

 

 彼の音声に合わせて要塞が変形し、機械の巨人・レオパルドンとなった。

 奇獣はそれに気づき、レオパルドンに向かって両手の平を高速で突き出す。

 

「ノン!」

「くっ!」

 

 直撃。バランスを崩しかけ、よろめくレオパルドン。

 長引けば周囲の被害も拡大する。

 そう考えたスパイダーマンは、レオパルドンの切り札を使った。

 

「レオパルドン、ソードビッカー!!」

 

 号令とともに、レオパルドンは右脚から射出された巨大な剣を掴み取り、振りかざす。

 そして投げ飛ばすと、ソードビッカーは奇獣に当たり、弾き飛ばされた。

 

「何だと……!?」

 

 あり得なかった事態に、スパイダーマンは驚愕した。

 数々のマシーンベムを葬り去ってきた一撃が、目の前のアバンギャルドな怪物には通用しないのだ。

 

「アークターン!」

「アームロケット!」

 

 レオパルドンに搭載された他の兵器でも、奇獣に打撃を与える様子はなかった。

 何度も飛び出す平手を回避しきれず、スパイダーマンはうめいた。

 

「マシーンベムを遥かに上回る頑丈さだというのか……!」

 

 スパイダーマンにとっては知る由もないことだが、頑丈さで弾かれたわけではなかった。

 奇獣・ノンは、拒絶の奇獣だった。

 与えられるもの、投げ込まれるものを強固に退ける性質が、ソードビッカーすら拒絶したのだ。

 だが、そこに、また新たな影が落ちる。

 流星のように落ちてきて、ミキサー車を踏み潰し、立ち上がるその巨体。

 白と赤で彩られた細身の体の上に、輝くしかめっ面の太陽が乗っている。

 そんな姿だった。

 スパイダーマンはそれを見て、感じた。

 

「何だこれは……!?」

 

 そう、でたらめな巨人、タローマンである。

 タローマンは、そこに向かって高速で伸びてきた奇獣の掌を見逃さなかった。

 

 パァン!

 

 と大きな破裂音を立て、タローマンの突き出した両手の平が衝突する。

 奇獣の両手とタローマンの両手が合わさり、上へと弾かれる。

 二合、三合、幾度となく打ち合わされる掌。

 奇獣とタローマンとが、遊んでいるかのようだ。

 スパイダーマンは困惑していた。

 

(何なんだ……何が起きている!)

 

 タローマンは打ち合いに飽きたのか、そこから離れて瓦礫を使い、山を作り始めた。

 その背中に向かって、奇獣ノンは痛烈な平手を激突させる。

 

 ドゴォン!

 

 反撃をすることもなく、吹き飛ばされるタローマン。

 その光景を、スパイダーマンは操縦席から呆然と見ていた。

 転倒したタローマンに対して追撃しようと近づく奇獣を見て、彼は我に返った。

 謎の巨人が敵か味方か、確かなことは分からない。

 だがスパイダーマンは、レオパルドンを動かして攻撃の軌道へと割り込ませた。

 

「させん!」

 

 奇獣に対し、レオパルドンの攻撃が通用しない。

 スパイダーマンは大きく自信を失っていた。

 しかし、それでも逃げることは出来ない。

 彼は自身を、復讐者だと定義していた。

 だが、それだけの存在でもない。

 見逃せないことが目の前で起きれば、自然と体が動く。

 動いてしまうのだ。

 タローマンは、そんな彼の心が分かった気がした。

 人生、やりたいことばかりに取り組めるわけではない。

 それでも目の前のことに命をかけて挑めるスパイダーマンの情熱と愛を、素晴らしいと思った。

 しかし、そこに、鉄十字団の幹部、アマゾネスが姿を現した。

 

「今日こそお前の最期だ、スパイダーマン!

 お行き! マシーンベム、プリント魔人!」

「プリィィィィィンッ!!」

 

 彼女は箱から手足を生やしたような形態のマシーンベムを放つと、巨大化させた。

 マシーンベムは体内の機械を作動させて、超高速で大砲や機関砲を製造した。

 そしてそれを、奇獣を押し留めている最中のレオパルドンに向けて一斉に撃った。

 衝撃と爆音に、スパイダーマンは苦悶する。

 

「ぐあぁぁぁあ!」

「プリィィィィン!!」

 

 マシーンベムの猛攻は止まない。

 さしものレオパルドンも、ダメージが蓄積し始めていた。

 危うし、スパイダーマン。

 だがその時、猛烈な勢いでそこに立ちはだかる者がいた。

 

「!?」

 

 そう、鉄壁の巨人、タローマンである。

 タローマンの肉体は砲弾の直撃を受け、次々と貫通されていった。

 スパイダーマンはそれを見て、悲鳴を上げた。

 

「よ、よせ! 何てことを!」

 

 タローマンは、これでいいのだと思った。

 義理も義務もなく、ただやりたいと感じたことをやる。

 それが善行だったとしても、自分の死に繋がったとしても、それは結果に過ぎないのだと。

 するとレオパルドンの操縦席に、通信が入った。

 コンソールの画面には、パイプをくわえ、髭を生やした眼鏡の紳士が映っている。

 

「スパイダーマン、聞こえていますか?

 突然ですが、私は高津と申します。

 タローマンはあなたにこう言いたいのでしょう。

 ――毎日の生活の中で、実はほとんどの人間は負けてばかりなのです。

 自分はダメだ、思うような生き方ができないと、ガッカリしている。

 実は、自分に自信を持っている人間など、いないのです。

 自信を持っているように見えても、それは見せかけだけのこと。

 人間とは、そのようにみじめなものなのです。

 しかしそこで、そのみじめな状況に対して闘う。

 その闘いの中にこそ、喜びが感じられるのです。

 自信なんて気にするな!

 岡本太郎も、そう云っていました」

「……そうか……!」

 

 あまりの出来事に忘れかけていた、闘志。

 スパイダーマンはそれを思い出し、奮い立った。

 

「うおぉぉぉぉっ!!」

 

 レオパルドンの出力をレッドゾーンにまで上昇させ、奇獣を投げ飛ばす。

 今度こそ勝利を確信していたアマゾネスは、驚愕した。

 

「何だと!」

「プリィィィィィン!!」

 

 投げ飛ばされた奇獣が激突し、マシーンベムは悲鳴を上げた。

 射撃が止み、奇獣とマシーンベムがもんどり打って、瓦礫の海へと転がる。

 態勢を立て直し、レオパルドンとタローマンが並び立つ。

 

「レオパルドン、ソードビッカー!!」

「芸術は爆発だ!」

 

 ソードビッカーがマシーンベムに突き刺さり、大爆発を起こす。

 タローマンの全身全霊が奇獣に注ぎ込まれ、その身体を絵の具のように分解してしまう。

 突如現れた奇獣と、鉄十字団の遣わしたマシーンベムは撃破された。

 タローマンは何処かへと消え去り、スパイダーマンもマーベラーを帰還させた。

 山城拓也は異様な巨人のことを、喉に引っかかった魚の小骨のように思い出していた。

 

(タローマン……何者なんだ彼は……)

 

 彼は絶対に理解できない謎を反芻するのを止め、愛車のアクセルを踏んで帰路についた。

 

 自信なんて気にするな――TARO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




奇獣ノンはこんな感じです。
http://www.new-york-art.com/old/taro-sculpture-Non.php


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。