君は、好きだった作品が嫌いになった事はあるだろうか?
 私は、嫌いになった。
 そう、狂気に走るほど、その世界を憎悪し、原因を呪った。
 神は、こうなる事を望んで私にこの役割を与えたのだとするなら、私はそののど頸を切り裂いてやろう。
 何せ、その世界に送られ、再び、あの地獄を体験させてくれたのだから…。


 ※警告※
 ガチでアンチです。
 僅かでも嫌悪感を抱かれる方はご遠慮ください。
 特に八神はやて・ヴォルケンリッター・グレアム提督・リンディ並びにハラオウン一派にお気に入りがいる場合は早急に回れ右をお願いします。


 それでも見ていただけるのでしたら、楽しんでいただけることを祈ります。


 尚、大変申し訳ないのですが作者多忙のため感想への返信が遅かったり行われない場合がございます。
 先にお詫びを申し上げるとともにご理解のほどよろしくお願いいたします。

10月25日 タイトル一部修正 問題が無ければこのまま、あれば再度訂正します。
  嘆きの傍観者 ~慢心の対価~()
  嘆きの傍観者 ~狂気への切符~2012年10月18日(木) 23:21()
  嘆きの傍観者 ~偽りの終焉~2012年10月18日(木) 23:29()
  嘆きの傍観者 ~反逆者達の結託~2012年10月18日(木) 23:31()
  詐欺師たちの挽歌 ~欲望と切望~2012年10月27日(土) 00:03()
  詐欺師たちの挽歌 ~前夜祭の約束~2013年01月31日(木) 22:00
  詐欺師たちの挽歌 ~
 ▲ページの一番上に飛ぶ