犬とお姫様   作:DICEK
<< 前の話 次の話 >>

10 / 35
まさかの来客に、比企谷八幡は絶句する

 目を覚まし、身体を起こそうとした八幡は腕に柔らかな重みを感じた。

 

 馴染みの薄い天井。人の暮らしている匂いのしない広い部屋。二人は余裕で寝ることのできる、大きなベッドの上。

 

 ここがどこで、昨夜何があったのか。段々と思い出してきた八幡は、腕の重みはそのままに小さく溜息を吐いた。

 

 重みの原因である陽乃は、気持ち良さそうに眠っている。それを起こすのは憚られたのだ。

 

 起きている時でも十分過ぎる程美人である陽乃だが、寝顔にはまた別の趣がある。神秘的とでも言えば良いのだろうか。起きている時が美しくないとか、そちらの方が好きという訳では絶対にないが、口を開かず力を抜いている寝顔は、肩書きの通り良家のお嬢様然としている。

 

 恋人になってから解ったことだが、陽乃にも弱点があった。

 

 寝起きが非常に良くないのである。

 

 態との場合を除いて、陽乃が約束に遅刻をしたことは一度もないが、どうも体質的に惰眠を貪ることが好きなようで、その日急ぎの予定がない場合は中々ベッドから出てこない。惰眠を貪っている間は大抵寝ぼけており、そこでは普段からは信じられない程甘ったるい声を出す。

 

 これも恋人の役得かと思えば、そうでもない。

 

 陽乃にとって、寝ぼけている自分というのは間違いなく恥である。そんな恥を晒すことは例え恋人であっても許せないものらしく、それがどういう事情かに関わらず寝ぼけている所を見られた後は、必ず報復が実行される。朝起きて、至福に包まれた瞬間に暗い未来が確定するというのも目覚めの悪い話であるが、一緒に目覚めた時は大抵そんなものである。

 

 後の報復が確定していると言っても、寝顔が美しいことに変わりはない。それに、この寝顔を見ることができるのは、世界でただ一人だ。それが自分だと思うと気分も良い。

 

 このままゆっくり寝顔の鑑賞でもしようか。視線を戻した八幡の視線はそこで、陽乃のそれと交錯した。神秘的な雰囲気の寝顔は消え、瞳には蠱惑的な気配が満ちている。

 

「おはよう、八幡」

「おはようございます」

 

 朝の挨拶を交わしたが、声は間延びしており全くと言って良いほど覇気がない。まだまだ寝ぼけているのだろう。んー、と小さく呻いた陽乃が、マーキングする猫のように身体を押し付けてくる。その間、八幡は無抵抗でじっとしていた。手を出しても怒らないだろうし、報復内容が過激になることもないだろうが、途中で介入すると覚醒が早くなるのは実験済みだ。どうせなら良い思いを長く味わいたいというのは、男のサガである。

 

 結局、陽乃の意識がはっきりとしだしたのは、それから十分もした頃だった。覚醒した後の行動は早い。ベッド脇に用意してあったラフな部屋着に着替えて、リビングの方にさっさと歩いていく。薄手のブラウスにジーンズだ。寝転がりながら後姿を眺めていた八幡には、歩くのに合わせて揺れる陽乃の尻が良く見えた。

 

 この世全ての幸福がここにあるのでは、という気になるが、恥ずかしい思いをさせられたら必ず報復するのと同様に、相手にタダで良い思いをさせたりはしない。陽乃に言わせると自分は顔に出るタイプらしく、どの程度良い思いをしたかというのが、勘で解るらしい。これからリビングに行けば、どの程度良い思いをしたかというのはしっかりと看破されるだろう。それが先ほどの行為の報復と重なるとどういうことになるのか。背筋がゾクゾクして止まない。

 

 震える指先で陽乃の匂いのする服を着替え、リビングに向かう。

 

 引っ越したばかりの部屋には、調度品などはほとんどとない。人を通す可能性のある場所は、できるだけシンプルにまとめたいというのが陽乃の意向である。

 

 ならば寝室には陽乃らしい物があるのかと言えば、これもそれほどではない。

 

 趣味の良い文机の上に小さな本棚。そこには大学で使う教科書と、やたらハイスペックなノートパソコンがあるだけだ。

 

 寝室で一番目を引くのはやはり、ベッドだろう。二人どころか三人で寝ても余裕な大きさのそのベッドは、八幡も家具屋まで同行して選んだものだ。

 

 寝室に併設されたウォークインクローゼットの中には、実家から持ち出してきたほとんど全ての衣類が収められている。箪笥どころか段ボール一つで全ての衣類が納まってしまう八幡からすると正気を疑うほどの量であるが、その分陽乃が着飾ってくれるのだと思えば、嬉しくもあった。

 

「朝ごはん食べる? 外に遊びに行くついでに、そっちで食べるんでも良いけど」

 

 紅茶を用意しながら問うてくる陽乃に、八幡はリビングを見回した。

 

 大量にあった服は昨日の内に荷解きを済ませてあり、そのほとんどは既にクローゼットの中にある。家具などの重いものは本職の人たちが運び込んでくれたので、八幡が手を貸さなければならないような案件はもうない。

 

 元々、土日は陽乃のために空けてあったのだ。一緒に過ごす時間が増えるのならば、八幡としては言うことはない。

 

「外にしましょう。今朝は紅茶だけで」

「了解。引越しを手伝ってくれたお礼に、私が紅茶を淹れてあげる」

 

 八幡の前に、カップとソーサー。実家から持ち出してきた高価なもので、陽乃の部屋にあっては八幡専用と決められた物だ。それに琥珀色の液体がゆっくりと注がれていく。普段紅茶を淹れるのは八幡の役目なので、陽乃手ずから淹れる機会はほとんどない。

 

 差し出された紅茶に、感動に打ち震えながら口をつける。

 

 一口飲んだ八幡の口から漏れたのは、感嘆の溜息だった。

 

 昨日同じ道具、同じ茶葉を使って紅茶を淹れたが、それよりも明らかに美味い。淹れ方一つでここまで味が変わるのかと感心する八幡をにやにや眺めていた陽乃は、ふと時計を見た。その一瞬の動作に、八幡は気づかない。紅茶に夢中になっているのを確認した陽乃は、一瞬だけ人の悪い笑みを浮かべ、すぐに引っ込めた。

 

「八幡が一息入れてる間に、シャワー浴びてくるね」

「どうぞごゆっくり」

「……一緒に入る?」

「ご冗談を」

 

 即座に切り返されたのが気に入らなかったのだろう。小さく頬を膨らませた陽乃は、砂糖壷から角砂糖を取り出す。八幡のカップの中にそれを投入した。一つ、二つ、三つ、四つ。

 

「はい、今好きという気持ちを四つ追加しました。ちゃんと味わって飲んでね?」

 

 地味に効果的な報復に八幡が渋面を作ると、満足そうに微笑んだ陽乃はバスルームに向かった。一緒に入るかという提案は半ば本気だったのだと思うが、一緒に入るとそれだけで済まないのは目に見えていた。『それ』は『それ』で素晴らしくはあるが、せっかくの日曜を寝て過ごすことにもなりかねない。 昨日の続きは、また今度でも良い。

 

 甘すぎる紅茶を飲みながら、部屋を見回す。陽乃曰く、二人で暮らしても十分な広さがある部屋だ。泊まりに来る機会も増えるのだろうなと感慨に耽っていると、インターホンが鳴った。

 

 来客である。居留守を使おうかとも思ったが、ここは八幡の家ではなく陽乃の部屋だ。主を訪ねてきた人間を、犬の判断で追い返すことはできない。それに出るなと言われていない以上、出ても良いということなのだろう。リードを離した犬がどういう行動をするのか。それを観察するのも、陽乃の楽しみの一つだ。

 

 インターホンに出て、応対をする。言葉にすればそれだけだが、八幡の気は重かった。ここが恋人の部屋だと思うと、気恥ずかしいのである。

 

 二度目のインターホンが鳴った。出ると決めた以上、出なければならない。覚悟を決めて甘ったるい紅茶を飲み干し、余りの甘さに顔をしかめながら、インターホンを取り上げる。そこで初めて端末の画面を見た八幡は、そこに映っていた少女の姿に絶句した。

 

『姉さん、私よ。開けてもらえる?』

 

 そこにいたのは雪ノ下雪乃。陽乃の実の妹であり、高校で同じ部活に所属する後輩である。陽乃に良く似た面差しには、不機嫌という文字が張り付いていた。姉妹の仲は陽乃が言う程に良くはないが、雪乃が言う程には悪くない。呼べば来る程度には、姉妹の関係は良好と言えた。

 

 問題は、誘ったのであろう陽乃が恋人の存在を隠していたことである。姫菜の分析ではあれで結構なお姉ちゃん子であるというから、姉の他に部屋に人間がいたら誘いを受けたりはしなかっただろう。それが男であれば尚更である。

 

 沈黙したのが良くなかったのだろう。インターホンに何も応答がないことを不信に思った雪乃は、僅かな逡巡で真実を導き出した。

 

『……………………まさか比企谷くん、そこにいるの?』

「お前、エスパーかよ。どうして解った」

『友達のいなそうな残念なオーラが、機械ごしにも伝わってきたもの。私の知る限り、そこまで残念な人間は貴方しかいないわ。ところで、私に若い二人の関係を邪魔するような趣味はないのだけれど、もしかして貴方には自分の愚かな姿を見せ付けるような趣味でもあるのかしら?』

「そんなもんはないし、あったとしても俺主導じゃない。ここは俺の部屋じゃないが、この時間に外に出たんだから上がっていくのが良いだろ。今なら眩暈がする程甘い紅茶もあるぞ」

『それは遠慮するわ。それから、その辺にいる姉さんに伝えておいてちょうだい。男を連れ込んでいる部屋に妹を誘うような変態は、私の姉ではないって』

「了解。婉曲に伝えておく」

 

 端末を操作し、雪乃をマンションに招き入れる。これでエレベーターで上がってくるまでの時間は稼げた。時間があったところでどうなるものでもないが、気持ちの整理は必要だ。

 

「雪乃ちゃん、なんだって?」

 

 バスルームのドアが開き、中から陽乃が顔を除かせる。ドアで隠すようにしているが、当然服などは着ていない。何もなければその艶姿にどきどきもしたのだろうが、もうすぐ雪乃がここに来ると思うと表現しがたい焦燥感が劣情の先に立った。

 

 雪乃と何かあった訳では勿論ないが、陽乃の前では絶対にしないような行動を雪乃の前ではしている。それに奉仕部は顧問の静を含めて、八幡以外の全員が女性だ。事実として疚しいことは何もなくとも煙が立つくらいの燃料は腐るほどあった。

 

 陽乃と大の仲良しになった小町は、あることないこと情報を漏らしていると聞くが、それとはまた別次元の焦燥感である。

 

 その焦燥感を何とかするために、八幡は雪乃の言葉を婉曲に伝えることにした。

 

「お姉ちゃん大好きと言ってました」

「うん、それは知ってる」

 

 機嫌良さそうに微笑んで、陽乃はバスルームに引っ込んだ。陽乃のことだから容赦なく今の言葉をバラすのだろうが、毒を食らわば皿までだ。陽乃からの地味な報復が確定しているのだ。それに雪乃の視線が加わったところで、どうということはない。

 

 部屋のインターホンが鳴る。ドアの向こうのお姫様の、不機嫌な顔は容易に想像ができた。ドアの前で咳払いを一つ。どんな顔をして出たものかと考えていると、ドアが力強くノックされた。これ以上待たせるとドアを蹴飛ばされるかもしれないと危惧した八幡は即座に観念し、ドアを開けた。

 

 案の定、そこには不機嫌な顔をした雪乃が立っていた。いつだか軽井沢で見た時のような、余所行きのめかしこんだ格好である。一人暮らしを始めた姉に会いにきたにしては、随分と気合が入っているようにも思える。やはり、お姉ちゃん子という姫菜の見たては間違っていないのだろう。あの雪乃がそうなのだと思うと笑えてくるが、人の悪感情に敏感な雪乃は、八幡の表情から何を思っているのかを敏感に察知した。踵を返した雪乃の腕を、八幡が慌てて掴む。

 

「おっと、ちょっと待て」

「離してちょうだい。バカップルっぷりを見せ付けたいなら、他の人にして」

「ここでお前を帰したら、俺が陽乃に何されるか解らないだろ」

「貴方が姉さんとどんな変態的なプレイをしても、私には関係のないことよ」

「変態は確定かよ。ともかくあれだ、紅茶でも飲んでいけ。今なら角砂糖入れ放題だぞ?」

「……甘くない紅茶でお願いするわ」

 

 姉に呼ばれて足を運んだのに、ここで踵を返したら全くの無駄足である。どんな用事で呼んだのか知らないが、お茶の一つも飲まないと割に合わない。そう判断した雪乃は、これ見よがしに溜息を吐くと、陰鬱な気分で姉の新居に初めて足を踏み入れた。

 

「お前の部屋と比べてどうだ?」

「少し広いわね。物が少ないのは、私と一緒だけど」

「そうなのか? クローゼットには服が山のようにあったぞ」

「あの人は昔から服を沢山持っていたから……それはそうと比企谷くん、クローゼットは寝室に併設されているように見えるのだけれど?」

「…………」

「あの人とどういう生活を送ろうと私は関知しないけれど、もう少し配慮の行き届いた話題をお願いするわね」

「努力するよ」

 

 バツの悪そうに視線を逸らす八幡を他所に、雪乃は優雅に椅子に腰を下ろした。テーブルをとんとん、と静かに叩く。暗に紅茶を要求しているお姫様に、八幡は手馴れた所作で紅茶を用意する。カップとソーサーは、雪乃専用のものだ。注がれた琥珀色の液体をじっと眺めた雪乃は、香りを楽しんでからそれに口を付けた。

 

 茶葉は陽乃の私物なので、部室で使っているものより高級だ。同じ人間が同じ淹れ方をしても部室のものよりは美味いはずだが、雪乃は八幡を真っ直ぐに見つめると、にっこりと微笑み、

 

「まぁまぁね」

「いつも以上の評価をありがとうよ」

「茶葉が良いからじゃないかしら?」

 

 ちくりと釘を刺しながらも、紅茶を飲むのを辞めない。陽乃も雪乃も、文句は言うが毎回残さずに飲んでくれる。どうせならば美味いと言わせて見たいものだが、二年を費やしても中々良い返事はもらえていない。

 

「姉さんは?」

 

 雪乃の問いに、八幡は無言でバスルームを指差す。雪乃は、今度は大きく溜息を吐くと、寝室とバスルームを交互に見やってから、八幡をギロリと睨んだ。

 

「確認だけれど、本当に、バカップルっぷりを見せ付けるために、私を呼んだのではないのよね?」

「お前を呼んだのは俺じゃない。インターホンが鳴るまで、来客があることも知らなかった」

「じゃあ、貴方も罠にかけられた口なのね。あの人らしいわ。本当に悪趣味ね」

 

 いらいらと悪態を吐くくらいならば帰れば良いと思うのだが、雪乃は椅子から動こうとしなかった。八幡は別に雪乃が嫌いな訳ではないが、その姉と先ほどまで二人きりでお泊りをした後となれば、気まずさはいつもの比ではない。

 

 本心を言えば、今すぐにでも帰ってほしいのだが、雪乃にその様子はない。それに彼女は、陽乃が世界一かわいいと公言して憚らない妹である。陽乃が呼んだ雪乃を帰るように仕向けたとバレたら、口にするのもおぞましいような報復をされるに違いない。

 

 胃が、羞恥やら不安やらで、胃がきりきりと痛んでいる。前借した先ほどの幸福に対する報復が、早速行われているような気がした。

 

 タダで幸せにはなれないんだな、と悟った八幡は冷蔵庫からマッカンを取り出し、雪乃の向かいに座る。陽乃が出てくるまでまだしばらくある。雪乃の刺すような視線に耐えながら、八幡は無視を決め込んだ。

 

 

  




誰が誰といちゃいちゃするシリーズなのか書いてて解らなくなってきました……
次回は雪ノ下姉妹がいちゃいちゃします。







感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。