『女王様と犬』の続編です。
陽乃が卒業した後、八幡が三年生、原作同級生の面々が新一年生として入学してきます。
原作再構成もの。


主な登場人物
比企谷八幡、雪ノ下雪乃、由比ヶ浜結衣、海老名姫菜、一色いろは他、原作同級生メンバー。

陽乃とめぐりは戦隊ものの六人目のメンバーくらいの頻度で登場します。

  やっぱり、比企谷八幡は車に轢かれる2014年12月13日(土) 05:13()
  入れ違いに、姉妹は病室にやってくる2014年12月17日(水) 04:38()
  こうして、奉仕部は発足する2014年12月30日(火) 22:12()
  つねに、由比ヶ浜結衣はおどおどしている2015年01月22日(木) 21:57()
  どう考えても、戸塚彩加は天使である2015年03月29日(日) 06:00()
  意外なほどに、城廻めぐりは会長をしている2015年03月31日(火) 06:00()
  珍しく、比企谷八幡は自分で策を練る2015年04月08日(水) 05:32()
  こういう時、ラブコメの神様は微笑まない2015年05月07日(木) 02:28()
  ようやく、テニス対決は決着する2015年06月23日(火) 23:01()
  まさかの来客に、比企谷八幡は絶句する2015年06月26日(金) 08:28()
  誰が相手でも、雪ノ下陽乃は遠慮しない2015年07月30日(木) 04:58()
  思わぬ場所で、比企谷八幡は過去に出会う2015年08月22日(土) 01:55()
  結局、折本かおりは何もできない2015年09月17日(木) 07:02()
  色々あって、比企谷八幡は彼女のことを知っている2015年09月23日(水) 06:59()
  あっさりと、雪ノ下雪乃は撤退する2015年10月06日(火) 08:33()
  こんな風に、川崎沙希は覚悟を決める2015年10月28日(水) 07:26()
  一人を足して、少年少女は山へと向かう2015年12月23日(水) 03:55()
  どんな場所でも、雪ノ下陽乃は我を通す2016年01月23日(土) 06:38()
  だからこそ、鶴見留美は目をつけられる2016年02月20日(土) 01:33()
  時を経て、雪ノ下陽乃は報復する2016年04月12日(火) 01:56()
  雪ノ下陽乃にも、できないことはある。2016年07月12日(火) 07:30()
  どこに行っても、雪ノ下陽乃は女王である2016年08月22日(月) 09:00()
  たまには、比企谷八幡も奮起する2016年09月26日(月) 06:34()
  反対に、処女(おとめ)たちは友情を深める2016年10月31日(月) 08:21()
  久しぶりに、一色いろはは現れる2016年12月11日(日) 07:45()
  こうして、委員会は動き始める2017年02月15日(水) 06:38()
  早速、不安の影は広がり始める2017年04月27日(木) 03:33()
  頑張って、一色いろはは対策を練る2017年07月02日(日) 05:22()
  密やかに、女王と犬は動きだす2017年09月02日(土) 07:53()
  このように、一色いろはは力を得る2017年11月09日(木) 03:55()
  いつの日にも、一色いろはは反抗する2018年02月04日(日) 00:08()
  不機嫌そうに、比企谷八幡はため息を吐く2018年03月29日(木) 23:02()
  要するに、事の真相はこういうことだ2018年04月19日(木) 02:44()
  知らないところで、組織の網は張り巡らされる2018年07月29日(日) 13:45()
  実は、例の連中は既に動いていた2018年11月10日(土) 16:04()
番外
  番外1 少し前のバレンタインにあったこと2015年02月14日(土) 05:38()

読者層が似ている作品

女王様と犬(作者:DICEK)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

原作再構成もの。▼雪ノ下陽乃にヒッキーが振り回される話。▼ヒッキーが陽乃の一つ下という設定でお送りしています。▼主な登場人物▼比企谷八幡、雪ノ下陽乃、平塚静、城廻めぐり▼連載終了しました。▼


総合評価:13470/評価:8.82/話数:21話/更新日時:2014年12月07日(日) 06:32 小説情報

比企谷八幡 「・・・もう一度会いたかった」(作者:TOAST)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

比企谷八幡、社会人10年目。▼外資系投資銀行の中堅エースとして順調な人生を歩むこの男にも、忘れられない過去の恋があった。▼もしもあの日、あの場所に戻れるのなら、彼は何かを変えられるのだろうか。▼脇役でオリキャラを出します


総合評価:18113/評価:9.09/話数:35話/更新日時:2018年02月14日(水) 10:37 小説情報

八幡と、恋する乙女の恋物語集(作者:ぶーちゃん☆)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

比企谷八幡と、恋する乙女達による短編集。▼ifモノだったり原作裏妄想だったりと、思いついたヒロイン・思いついたシチュエーションでお贈りいたします☆▼物語はヒロインにつき、ひとつひとつ独立しております!▼特に記載がない限り、すべて別次元モノと思って頂いて大丈夫です!


総合評価:8827/評価:8.87/話数:109話/更新日時:2018年08月19日(日) 19:00 小説情報

やはり俺の大学生活は間違っている。(作者:おめがじょん)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

総武高校を卒業した比企谷八幡。▼これは高校時代の経験を経て、少しだけ大人になり、ぼっちから抜け出しつつある彼の日常を追った物語。▼


総合評価:6310/評価:8.88/話数:21話/更新日時:2018年08月11日(土) 00:00 小説情報

春の光は呪いの鎖になる(作者:しゃけ式)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

▼ 愛する果てが呪いなのか、呪うほど愛してしまうのか。▼ お互いが望む鎖ならば、それはもうエンゲージリングとして差し支えないのではないのか。▼ これはお互いがお互いを歪に愛してしまった話。▼


総合評価:1657/評価:8.71/話数:9話/更新日時:2018年10月08日(月) 17:38 小説情報

今日は雨、明日は曇り(作者:さけかんむり)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

pixivに移行しました▼https://www.pixiv.net/member.php?id=32745548


総合評価:1349/評価:7.73/話数:1話/更新日時:2018年08月09日(木) 15:00 小説情報

中学時代のトラウマと再会した。(作者:聖樹)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

比企谷八幡と同じ中学出身で、彼が現在の人格を形成する事となった最後の要因である少女、真鶴弓弦。▼彼女はある出来事を境にストーカー被害に遭い、その事を相談しに奉仕部に立ち寄った結果過去の因縁浅からぬ八幡と再会するのであった。


総合評価:2308/評価:7.94/話数:25話/更新日時:2018年10月05日(金) 07:06 小説情報

顔芸しないと決めました(作者:石音 富綱)(原作:食戟のソーマ)

顔芸先輩こと叡山枝津也。▼食戟のソーマの世界において才能はいっぱしにあるのにいまいち活躍のぱっとしないかませ犬臭のする悪役だ。▼そんな顔芸先輩に転生した青年が主人公達と仲良くしようと頑張るがどうも空回ってしまい...▼果たして彼はあの伝説の顔芸を披露しなくてすむのだろうか?▼勘違いが巻き起こす彼を中心とした物語は徐々に大きくなっていき嵐を巻き起こす。▼「だか…


総合評価:8627/評価:8.03/話数:13話/更新日時:2018年07月14日(土) 03:24 小説情報

「愛そうか、殺そうか……」「じゃあ間を取っておっぱいで!」「先輩、最低です」(作者:エリウル)(原作:Fate/Grand Order)

──これは、世界を救う物語ではない。▼少年が、ハーレム王国へと至る物語だ。▼※内容はタイトルのまんまです。▼駄文注意。深読みは禁物。▼シリアス重視で読まれる方や、ギャグ展開が苦手な方はブラウザバックすることを強くお勧めします。▼2~4章は作者の想像力不足により一話完結のダイジェスト方式です。基本原作沿いですので、読まなくとも問題はありません。


総合評価:10486/評価:7.84/話数:17話/更新日時:2018年10月02日(火) 02:07 小説情報

借金返済のためにダンジョンに潜るのは間違っているだろうか(作者:でーき)(原作:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか)

文章を書くリハビリに書きます▼効率主義者がダンジョンにいったらどうなるんだろう、という妄想の産物▼とりあえず一段落ついたので完結です▼9/23▼追記:元は『効率主義者がダンジョンに潜るのは間違っているだろうか』でしたが「こいつ効率主義者じゃなくね?」というごもっともな意見が来たので、タイトル変えました


総合評価:11266/評価:8.21/話数:16話/更新日時:2018年09月23日(日) 19:09 小説情報