犬とお姫様   作:DICEK
<< 前の話 次の話 >>

5 / 36
どう考えても、戸塚彩加は天使である

 

「ヒッキー先輩さ、運動って得意?」

「得意ではないな。自分から率先して運動しようと思ったこともない」

「インドアそうですもんねー、八幡先輩」

 

 からかうような口調の姫菜を軽く睨むと、彼女はささっと雪乃の影に隠れた。代わりに視線を受けることになった雪乃は、威圧するかのように睨み返してくる。ガンつけられたから睨み返すチンピラのような反射であるが、睨みつけるという仕草一つでも、雪乃がやるとどこか美しくさえあった。並の高校生ならばその場に竦みあがっていただろうが、陽乃の威圧感に比べればそよ風のようなものである。

 

「で、どうしてまた運動だよ。海老名の言う通り、俺はインドア派だぞ」

 

 拗ねてるー、と軽くはしゃいでいる姫菜に今度はデコピンを入れ、結衣に向き直る。少し前には依頼者だった結衣も、今では奉仕部の一員に収まっている。

 

「や、うちのクラスにね? さいちゃんっていうすっごくかわいい子がいるんだけどさ、その子がテニス部なんだ。でも、さいちゃん以外幽霊部員で、全然練習できないんだって」

「ほー、そりゃ大変だな」

 

 答える八幡の口調は、完全に人事のそれだった。姫菜に分析された通り、インドア派の八幡はそもそも運動部には全く縁がない。それどころか、全くと言って良いほど良い印象を持っていなかった。体育会系のノリというのが、どうしても肌に合わないのだ。リア充とはまた別の暑苦しさが、どうしても好きになれないのである。

 

 せめてもう少し食いついてくれると思っていた結衣は、肩透かしを食らった気分だった。彼女にとってはこれが、入部して初めての依頼である。しかも友達からの依頼であるから張り切っていたのに、部の仲間達は皆消極的に見えた。特に八幡のヤル気のなさは際立っている。思わず声を荒げるのも、彼女の性格を考えると当然と言えた。

 

「ヒッキー先輩、食いつき悪いよ!」

「運動部は俺の敵だ。係わり合いになりたくない」

「そんなこと言わないでさ。さいちゃん、正式な依頼をしたいんだって。私達に練習相手になってほしいみたい。一応、個人では大会に出れるけど、このままじゃ練習も何もできないからって」

「テニスの練習相手になれって由比ヶ浜、お前テニスできるのか?」

「できないけど……経験者じゃなくても、練習に付き合うだけで良いんだって。それなら全然テニスできない私でも手伝えるし」

「その『さいちゃん』さん一人が強くなっても、解決する問題には見えないのだけれど。依頼は練習の手伝いということで良いのよね?」

「そうみたいだけど、他に良い方法があるの? ゆきのん」

「私達が今回協力したとしても、それが終わったら部員一人に逆戻りでしょう。それなら部員の勧誘でもした方が早いのではなくて?」

「毎回手伝う訳にはいかないしねぇ」

「いや、勧誘は難しいと思うぞ」

 

 間髪入れずに否定をした八幡に、雪乃が目を向ける。それなりに自信を持って出した案が、一瞬で否定されたのだ。意外に気の短い雪乃にとって、それは耐え難いことだった。苛立つ内心を顔に出さないように苦心しながら、雪乃は静かに八幡に問うた。

 

「どういうことなのかしら、比企谷くん」

「俺が入学した前後の話だ。テニス部員が不祥事を起こして、公式大会に出られなくなった。元から真面目にやってる奴は少なかったらしいんだが、それを切っ掛けにゼロになってな。その後も素行の悪さばかりが目立って、一時は廃部寸前まで行った」

「今も残ってるみたいですけど、それはどうしてですか?」

「廃部の動きが出た辺りから、素行の悪い連中がそれなりに大人しくなった。それにそいつらは陽乃の同級生だったから、もうこの学校にはいない。そいつらが卒業した段階で廃部もしくは同好会に格下げってことにもできたらしいんだが、今年度入学者を対象にした募集要項には『テニス部はある』と書いちまったらしいんだな。だから少なくとも、年度初めまではテニス部を部として存続させる必要があった。で、誰も入部者がいなければ廃部、もしくは同好会に格下げという線で話はまとまってたらしいんだが……」

 

 真摯にテニスに打ち込みたいという真面目な『さいちゃん』が入部した、という訳だ。

 

 一応部としての体裁を保っているテニス部であるが、陽乃が会長の時の予算編成会議で活動実績と素行の悪さを理由に予算をばっさりとカットされた。更に翌年、めぐりが会長になってからの会議でも同様の理由で予算を削減された。現在の予算は運動部どころか文化部を合わせてもぶっちぎりの最下位であり、まさに雀の涙だ。

 

 運動部としては踏んだり蹴ったりであるが、小額であっても予算が降りることに変わりはない。それは同好会には無いものだし、何より部には固有スペースである部室がある。過去、それなりに部員がいたテニス部の部室は、運動部全体を見回してもかなり広い部類に入る。テニス部が廃部、もしくは同好会に格下げになると、この部室が放出される可能性が高いのだ。ルームレスの部や同好会は、これを狙っているのである。

 

 そういう連中を始め、素行の悪い連中にちょっかいをかけられた人間等々、テニス部がなくなって欲しい人間は実のところ、校内に一定数存在していた。

 

 方々に敵がいる上に、テニスの指導をできる人間がいない、予算が少ないなどマイナスの要素が揃っている。道具とコートこそあるが、これを新調するとなれば少ない予算ではまかないきれず、部員のカンパで何とかするしかない。加えて現状活動しているのが、ヤル気はあるが一年が一人というのでは、テニスを始めてみようかな、という人間が門戸を叩く可能性は限りなく低い。経験者ならば尚更である。

 

 救いがあるとすれば今の二、三年に幽霊部員がまだそれなりにおり、それで頭数だけは確保できていることだが、『さいちゃん』以外が幽霊部員であることは既にめぐりも把握している。今すぐ廃部ということにはなるまいが、部員の数がこのままであれば部室を放出させられる可能性は大いにある。そうなれば、後はテニス部にとっては悪夢の、負のスパイラルが続いていく。今の時点でも、部員の勧誘が難しいのだ。これで部室までなくなったら、さらに可能性がなくなってしまう。

 

「せめて団体戦に出れるくらいまで活動する気のある部員を確保しないと、部室の放出がかなり現実味を帯びてくる。そうなったらジリ貧だ。その『さいちゃん』のやる気だって、いつまで続くか解らんしな。できるだけ早く手を打つ必要があるぞ」

「さいちゃんかわいそう……」

 

 結衣の言葉には実に哀愁が漂っていたが、八幡はそうは思わなかった。テニス部の事情を最初から知っていたのであれば、今から他者の同情を引くのは筋違いであるし、知らなかったのであればそれは本人のリサーチ不足に寄る。その『さいちゃん』が悪いとは言わないが、今の苦境に好きで身を置いているのならば、全く責任がないとは言えない。

 

 何もしないのに文句だけは言う人間を、八幡は陽乃の近くで何人も見た。そういう連中相手に、陽乃は笑顔で大鉈を振るい情け容赦なく予算をカットしていった。何かしようとしているだけ、『さいちゃん』は彼らよりマシだと言える。

 

 しかし、気持ちがあっても何とかなるかは別の話だ。ことは『さいちゃん』のテニスの技術が上達しても解決する問題ではない。彼女が経験者で、大会でも好成績を望めるのならば話は別だが、素人相手に練習相手を求めるくらいだ。今週、来週にでも賞状を貰って来るような活躍は、期待できない。

 

「話は戻るけど、由比ヶ浜さん。今回の依頼はその『さいちゃん』さんの練習を手伝うということで良いのね?」

「OKだよ。今日はさいちゃん日直だから、少し遅れるって行ってたけどそろそろ来るんじゃないかな」

「運動部の女子と話が合うとも思えないから、俺は席を外しても良いか?」

「ヒッキー先輩もいないとダメだし! あと、さいちゃんは男の子!」

 

 なんだそりゃ、と八幡の口から思わず言葉が漏れた。男性で『さいちゃん』というのは、一体どういうことなのだろうか。結衣と同じクラスであれば、姫菜も知っている可能性が高い。どんな奴だ、と問おうと視線を向けると、姫菜は既に『グフフ』と嫌らしい笑みを浮かべていた。

 

 勿論、知っていて黙っていたのだろう。男性に興味があると口にしたら、それこそどんな妄想に巻き込まれるか解らない。いや、あの顔は既に妄想を展開している顔だ。八幡は今すぐ姫菜の顔をタコにして懲らしめてやりたい衝動に駆られたが、姫菜のことだ。それも妄想のスパイスに転換してしまう可能性が大いにあった。やおいだのBLだのが絡む時、姫菜は無駄に高いバイタリティを発揮する。係わり合いにならないのが吉と視線を外すと、軽いブーイングを始めた姫菜の隙を見てデコピンをする。額を押さえながらも、どこか姫菜は嬉しそうだ。

 

 本当にタコにしてやろうか。八幡が一歩足を踏み出した時、部室のドアがノックされた。他の三人の視線がドアに向いた瞬間、姫菜は椅子ごと八幡から距離を取る。安全域まで逃げ遂せたことで軽く舌を出して挑発する姫菜に、八幡は手近にあったものを掴んで放り投げた。それが雪乃の読みかけの本だったのは全くの偶然である。本は姫菜が反射的にキャッチしたが、飛んでいく過程で栞が床にはらりと落ちた。

 

 今度は八幡が逃げる番である。全力で姫菜の後ろまで逃げる八幡を、雪乃が追う。室内で唐突に始まった追いかけっこに、結衣は複雑な視線を向けるが、好奇心よりも仕事の方を優先させた。はーい、とドアを開ける結衣に、八幡は完全に逃げ遅れたことを理解した。栞を拾い、姫菜から本を回収した雪乃は、それで八幡の後頭部を軽く叩く。

 

「逃げられなかったわね」

「俺のことは置物とでも思ってくれ」

 

 それでも諦め悪く部屋の隅に移動しようとした八幡の肩に、そっと雪乃の手が置かれる。抵抗する間もあればこそ。そんなに力を込めたようには見えない雪乃の腕の一振りで、八幡は手近にあった椅子に座らされた。立ち上がろうとしても、肩に置かれた雪乃の手がそれを邪魔する。いつか陽乃もやっていた、合気道の技の一つだ。重心をどうこうという説明を受けたが要するに、雪乃に触れられている限り、身体の自由はきかないということだ。

 

 完全に行動を封じたと確信した雪乃の目には、ドSの輝きがあった。男性を下においていることに、そこはかとない快感を覚えているのだろう。面差しは似ているだけに、陽乃のことを彷彿とさせる。そんな雪乃の顔を見て抵抗する気を失った八幡は、両手を挙げて降参した。雪乃は自らの小さな勝利をかみ締めながら、元の椅子に戻る。

 

 結衣に伴われ部屋に入ってきたさいちゃんに、全員の目が集まったのはこの時、ようやくだった。

 

 先に聞いた説明によれは『さいちゃん』というのは、部員不足に悩むテニス部の『男子』のはずである。

 

 そのはずなのだが、八幡には目の前の人物がどうしても男子には見えなかった。雪乃も同じことを思ったのだろう。彼女にしては珍しいはっきりとした驚きの色を顔に浮かべて『さいちゃん』を凝視している。

 

「紹介するね。こちらさいちゃん。さっきも話したけど、テニス部の部員で、今回の依頼主だよ」

「ゆいちゃんの友達で、戸塚彩加っていいます。依頼をしたいんですけど――」

「話は由比ヶ浜から聞いた。俺達は素人ばっかりだが、本当にそれで構わないのか?」

 

 既に受けることにした、という物言いの八幡に、部員達の――特に雪乃の強烈な視線が集まる。『貴方、さっきまであんなに乗り気じゃなかったじゃない……』と雪乃は視線で責めてくるが、そんな昔のことはとうに忘れてしまった。それに考えるよりも先に言葉が出てしまったのだから、もうどうしようもない。

 

 受けてくれると理解した彩加の顔がぱぁと輝く。笑顔一つでこれだけの破壊力とは、と八幡は内心で戦慄した。美人は陽乃で見慣れている。今更多少の仕草では動じないという自信があったが、それが過信であることを思い知らされた。世の中にはまだ見ぬ強敵が犇いているのだ。

 

「手伝ってくれるんですか!?」

「一応な。全員が毎日協力できる訳じゃないが、それでも良ければ」

「十分です。ありがとうございます」

 

 礼を言って、頭を下げる。ただそれだけなのに、何故こんなにもかわいらしいのだろう。断られる可能性すらあった話が纏まったことで、結衣もそっと胸を撫で下ろしていた。雪乃はもう八幡に任せると決めたのか、回収した本を開き栞が挟まっていた場所を探していた。姫菜はと言えば、ぐふふと下品に笑いながら八幡と戸塚を見つめ、しゃかしゃか凄まじい勢いでペンを動かしている。中身を読んだ訳ではないが、何となく、今回は掘られる側だろうな、という確信が芽生えた。確認してみたい気もしたが、それよりも今は、眼前の依頼人のことだ。

 

「テニス部、本当に一人なのか?」

「そうなんです。他の部員にも練習しようって声はかけてるんですけど……」

 

 彩加の表情は暗い。自分の力不足を責めている様子だが、元より幽霊部員だった連中だ。反応が芳しくないだろうということは、やる前からでも想像ができる。加えて眼前の美少女――ではない、彩加が頼んでもダメならば、彼らの復帰は絶望的と諦めた方が良いだろう。

 

「それなら、一年を中心に部員を勧誘した方が良いな。最低、次の予算編成までには活動してる奴らだけで部の要件を満たすぐらいにしておいた方が良いと思う」

「解りました。何とかしてみます、せんぱい」

 

 せんぱい、という少し舌足らずな彩加の言葉が、八幡の胸に響いた。姫菜も結衣も八幡のことを呼ぶ時に先輩と付けるが、彩加の『せんぱい』は響きからして二人とは違った。この『せんぱい』を毎日聞けるのならば、テニス部も良いかもしれない。彩加のような後輩が一人いればどんな部活にも身が入ると思うのだが、声をかけられた二、三年はそうは思わなかったのだろうか。

 

 奴らはアホだな、と顔も知らない生徒のことを軽く罵倒しながら、彩加に視線を戻す。

 

「で、俺達はいつからどれくらいの期間手伝えば良いんだ?」

「平日一週間。来週の月曜から金曜まで付き合ってくれれば十分です」

 

 精々一ヶ月と予想していた八幡には、大分控えめな提案に思えた。そもそも奉仕部は四人全員が素人である。そんな連中が彩加の練習に一週間付き合ったところで、彼の窮状が変わるとは思えない。現状がかなり厳しいということは、彩加本人が一番理解しているだろう。テニス部を救う妙案に心当たりがあるならば、そもそもド素人の集団に頭など下げないはずだ。

 

 そうしないといけないくらいに、戸塚彩加は困難に直面している。そんな彼を、八幡は助けたいと思った。

 

「それじゃあ、来週からよろしくお願いします」

 

 細かな話を詰め終わった彩加は、ぺこりと頭を下げて部室を出て行く。彩加の足音が完全に遠ざかると、最初に口を開いたのは雪乃だった。

 

「どういう風の吹き回しかしら。運動部の男子というのは、貴方の好みの対極に位置する存在だと思っていたのだけれど」

「いかにもな運動部ならな。さっきの戸塚を見て、運動部だって思うか?」

「思わないわね……」

「だからって気が合うとも限らないけどな。たまには運動でもしようと思った。理由なんてそんなもんだよ。それより、来週一週間。月金帯でスケジュールを押さえられちまった訳だが、全部出られそうな奴は俺以外にいるか?」

 

 八幡の問いに、手を挙げたのは雪乃と姫菜。話を持ってきた結衣は、気まずそうに視線を逸らしている。

 

「――結衣、別に毎日優美子に付き合う必要はないと思うよ?」

「いや、姫菜がずっとこっちだと、女子が優美子一人になっちゃうし……」

「女子が一人ってことは別に気にしないと思うけどなぁ。むしろ、私も結衣もいないことに、何か思いそう」

 

 まぁ、私はこっちに出るけど、と姫菜は言葉を結んだ。二人がクラスで同じグループに属しているというのは聞いているが、その参加具合には二人の間で随分と温度差があった。結衣はたまに部活に顔を出すという感じだが、姫菜はたまにあちらに行くという感じである。

 

 だからどうした、というつもりは八幡にはない。部として活動さえするのならば、その貢献度合いも参加の頻度も完全に自由だ。基本的に毎日やってくる八幡や雪乃が、本来は異常なのである。学校に友人が一人しかいない八幡にとって、友人付き合いというのは馴染みのあるものではないが、それが大事という人間がいることは理解できる。結衣などはその口だろう。

 

 八幡が気にしているのは、姫菜の方だ。結衣が頻繁に顔を出す以上、そのグループはそれなりに連帯を求めるのだと推測できる。まさか全員が帰宅部ということはあるまいから、放課後、全員で一緒になることは毎日ではないはずだ。それでも、基本参加する結衣が近くにいると、参加の頻度が低い姫菜の行動は相対的に目立つようになる。リア充というのは、同じ行動をしない人間を排除するものだ。それで大丈夫なのかと、一応、部活の仲間である姫菜のことが心配になった八幡は、一度だけと決めて問うてみた。

 

 よほどそんな質問をされたことが意外だったのか、姫菜はしぱらくぽかんとした後に、陽乃を思い起こさせる、魅力的だがどろりとした微笑みを浮かべて『大丈夫ですよ』とだけ言った。 きっと、その後にも言葉は続く。そこで言葉を切ったのは、姫菜がそれなりに結衣のグループを大事にしている証だ。

 

「話を戻すけれど、根本的な問題を解決するには、部員を増やすしかないと思うわ。比企谷くんには、何かアテがあるのかしら」

「そっちのアテはないが、何も解決方法は一つじゃないと思うぞ」

「おー、何か妙案があるんですね、八幡先輩」

「一応な。他力本願過ぎて、あんまり好きじゃないんだが」

「ヒッキー先輩。どっか行くの?」

「執行部室」

 

 行くか? と振り返って雪乃たちを見やると、三人は揃って首を横に振った。

 

 

 

 

 





感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。