Fate/sn×銀英伝クロスを考えてみた   作:白詰草

113 / 120
エピローグ
?:Butterfly Effect


「君の言うとおりなら、なぜ連中は軍隊に志願しないんだ?」

 

 憂国騎士団が家を襲撃しているのに、なかなか出動せず、やって来たかと思えば、犯人たちを愛国者団体だと評した警官に、ユリアン・ミンツの保護者は不愉快そうだった。

 

 しかし、いくら不満を言ったところで、家屋破壊弾を撃ち込まれた居間は元通りにはならない。少年は散水器のスイッチを切り、惨憺たるありさまの室内を片付け始めた。

 

「私もやろう」

 

「いえ、かえって邪魔になりますから」

 

 手伝いを申し出た黒髪の青年は、ユリアンと血のつながりはない。戦争で孤児になったユリアンを、引き取ってくれた若き准将である。

 

 名前はヤン・ウェンリー。21歳の時に、軍に置き去りにされた民間人三百万人を脱出させ、先日はアスターテの会戦で、同盟軍の全面潰走を阻止した英雄だった。

 

 しかしこのヤン准将、家事の才能には全く恵まれていなかった。手伝ってもらったら、逆に被害が拡大すること間違いなしである。

 

「そうだ、そこのテーブルの上にでも乗っていて下さい」

 

「テーブルってね、おまえ……」

 

「すぐにすみますから」

 

「テーブルの上で何をやっていればいいんだ?」

 

「じゃあ、紅茶を淹れますから、それでも飲んでいてください」

 

 ぶつぶつ言う保護者を、好物で釣るユリアンだった。室内のものは、あらかた壊れ、がらくたと化してしまった。こうなると、ヤンに怪我をされるほうが困る。

 

 今日は、アスターテ会戦の戦没者慰霊祭で帰宅が早かったが、明日からまた、敗戦処理で遅い日が続くだろうから。

 

 ようやく、ヤンはテーブルの上で胡座をかいた。家事の邪魔になる、でも一番の貴重品がようやく避難してくれたので、ユリアンは割れた陶磁器の片付けに着手することができた。

 

 これは、ヤンの亡き父が自慢していたコレクションだったが、相続したヤンが鑑定してもらったところ、贋作だらけだったそうである。1ディナールの価値もなく、鑑定料のぶんだけ損をした。ヤンはそうぼやいていたが、飾っているところを見ると、それなりに愛着はあるのだと思う。

 

 手入れをするのはユリアンの役目だったが、不器用なヤンが信頼して任せてくれたのだ。ユリアンとしても腹立たしい。家族の思い出の品を失うのは辛いものなのに、家屋破壊弾のせいで、ほとんどが原型を留めていなかった。

 

 だが、奇跡的に難を逃れた物があった。亜麻色の髪の少年の、繊細な美貌に光が差す。

 

「あ、よかった。これは割れてないですよ」

 

 ユリアンが差し出した壺に、ヤンは眉を上げた。

 

「万暦赤絵だな。そいつは親父の遺品の中では、たったひとつ本物だったんだ。

 よく無事だったなあ……」

 

「じゃあ、この壺は地球時代の物なんですか?」

 

「ああ、二千年ぐらい前、私のルーツである中国で焼かれたものさ。

 眉唾もののいわれがあるんだ。

 なんでも、そいつに願うと、黒い服の魔法使いが出てきて」

 

 ヤンが父から聞いた与太話を語ると、被保護者は疑わしげな表情になった。

 

「魔法使いが出てきて、願いでも叶えてくれるんですか……?」

 

 ヤンは首を振った。父から聞かされたのは、もっと呆れた結末だった。

 

「いや、そうじゃない。

 一応、願いを叶えるための知恵は授けてくれるらしい。

 叶うかどうかは、本人の努力次第。

 でも、きっちりと全財産を奪っていくんだとさ」

 

 ダークブラウンの瞳が眇められ、壺と保護者を交互に見やる。

 

「どちらかと言うと、魔法使いじゃなくて悪魔じゃありませんか?」

 

「おや、おまえもやっぱりそう思うかい?」

 

 蝶の羽ばたきは、時の河の果てでさざ波を立てる。

 

 銀河の歴史がまた一ページ。

 

――完―― 




拙作にお付き合いいただき、ありがとうございました。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。