どうしてこうなった?   作:とんぱ
<< 前の話 次の話 >>

11 / 86
ハンター試験編
第十話


 カタカタっと。これでよし。これで287期ハンター試験申し込み終了だ。あ、もう通知が来た。ええっと、試験会場はザバン市か……これだけしか書いてない。後は自分で調べろってことか。毎年何百万人も受験者がいるんだ。それぐらい調べられない者にハンターになる資格はないって事ね。

 

 私が1999年に行なわれるハンター試験に参加しようと思ったのは、確認のためだ。何の確認かと言うと、私の他にこの世界に来た人たちはいるのか、という確認だ。今まであまり考えてなかったけど、世界を巡りながらよくよく考えてみたらその可能性はある。

 その確認がもっともしやすいのがこのハンター試験だろう。

 

 ……今さら元の世界に帰りたいとは思わない。私はここで死に、ここで生まれ変わったのだから。しかし気にならないと言えば嘘になる。もしいたら会って話をしてみたい気持ちはある。

 

 とりあえずザバン市を調べてみるか。ええと場所は……ここからだと飛行船で向かうのが一番早いかな? さっそくチケットの用意をしますか。

 

 

 

『ザバン市ハンター試験会場直行便・ハンター試験受験者専用飛行船はまもなく出航いたします。搭乗されるお客様は……』

 

 なんかチケットを予約して空港で待ってたらそんなアナウンスが流れた。

 

 はて? 試験会場直行便なんてそんな便利なのがあるの? 周りを見渡すと明らかに堅気の人間じゃない人たちがぞろぞろと列をなして飛行船へと進んでいる。……いいのかな? なんか簡単すぎる気がするんだけど。

 

 そう思って躊躇していると、何人かは残ってボソボソ話している……聞き耳立てよう。

 

「……ルーキーか。こんな単純な罠に引っ掛かるなんてな」

「全くだ。試験会場直行便なんて便利なものがあったら苦労はしねえよ」

「まあそう言うなよ。ライバルは少ないに越した事はないだろ?」

 

 ……まあ、当然引っかかるわけがありませんよ、ええ。さすが私。この程度の罠見抜けなくて何が風間流か!

 ……嘘じゃないぞ。引っ掛かってないんだから。

 

 

 

 飛行船が出航してから10分ほど待っていると再びアナウンスが流れた。

 

『ハンター試験受験者の方たちは、5分以内に空港入り口へと集合してください。繰り返します……』

 

 おお、こっちは本物の案内の様だ。さっきの人たちも入り口へ向かっている。……2回目の引っ掛けはないよな?

 入り口で待つ事3分。正面に1台のバスがやって来て、バスからガイドが降りてきた。

 

「お待たせいたしました。このバスはただいまからトネリ港へと向かいます。トネリ港には試験会場最寄の港・ドーレ港へ向けて出航する船があります。ハンター試験受験者の方は空港のチケットをこちらにお渡しの上で、バスにご乗車下さい」

 

 良かった。残って正解だったか。……でも実はこれも罠だって事はないよね? さっきの罠の後だと穿った物の見方をしてしまうな。実はこのバスはトネリ港には着かないとか?

 

 ……ありそうだ。トネリ港はここから10㎞ほどの距離にある港。走っていっても間に合うかな? トネリ港に船があること自体が嘘だったら仕方ないけど、それだったら乗っても同じ事。だったら乗らずに走っていったらもしバスが罠だった場合は回避できる。

 とりあえず確認してみよう。

 

「すいません。トネリ港から船が出るのは何時頃でしょうか?」

「……12:30頃となっております」

 

 ……一瞬オーラが強張った。当たりかな?

 

「分かりました。では私はこれで失礼します」

 

 そう言ってそこから離れる。12:30に出航なら走っていっても十分間に合うし、10㎞くらい走っても疲れる事はない。これが間違いならその時はその時だ。諦めよう。

 

 到着っと。時間は……12:15か、ゆっくり走りすぎたかな。間に合ったし、いいか。船は……あった。港には1隻しか船はない。あれかな? 近づいてみよう。

 なんか船の前に一人の男の人がいる。白い髭を蓄えた赤い鼻の如何にも船長風な男だ。

 

「お前さん。受験者か? 受験者なら船のチケットをだしな」

「これでいいでしょうか?」

 

 言われて飛行船のチケットを出す。……これしかチケットは持ってない。これで駄目なら失格かな?

 

「よし。合格だな。あの試験を突破した奴はお前さんくらいか」

「やっぱりあれは引っ掛けだったのですか……」

「まあな。一つ目の罠の後に二つ目の罠を用意しておいたのさ。罠を突破したと思って油断した奴はそこで終わりだ」

 

 ……良かった。穿って物を見るのも必要な時もあるんだな。

 

「では私は……」

「ああ、お前は俺が責任を持って試験会場最寄の港まで送ろう。船に乗りな。もうすぐ出航の時間だ」

「分かりました」

 

 船が出た。結局この船に乗っている受験者は私だけ……。空港でルーキーを馬鹿にしてた3人はいなかった。あなたたちのおかげで罠に気付く事が出来ました。あなたたちの犠牲は忘れません……多分。

 

「お前さん。まだ聞いてない事があったな。名前とハンター資格試験の志望理由を聞かせてもらおうか」

「名前はアイシャ。ハンター試験を受ける理由は身分証明の為です」

 

 まあ転生者の有無なんて言っても阿呆扱いされるだけだろう。

 

「……正直なんだな。まあ取り繕ったかの様な奇麗事の理由を並べられるよりはいいか」

「嘘は好きじゃないんですよ」

 

 吐かない訳ではないけどね。

 

「ふん、まあいい。ドーレ港までは一日といったところだ。それまではゆっくりしてな」

「わかりました。……そうだ、どうせ試験会場は自力で見つけないといけないのですよね? ヒントみたいなのくれませんか?」

 

 少し思い出してきたから、確か試験会場入り口が定食屋かなにかだったはずだけど、そこへ至るまでの道筋が分からない……。それを探すのも試験の内なんだろうけど、それが人に聞いてはならないという答えにはならないだろう。人脈もまた力なんだ。

 

「……ぶわっはっはっはっはっ!! 本当に正直な嬢ちゃんだな! いいだろう。ヒントだけなら教えてやる。ドーレ港に着いてからだがな」

「おお。言ってみるものですね。ありがとうございますおじ様」

「おじ……!?」

「感謝の気持ちを込めてみました。駄目ですか?」

「船長と呼べ船長と! 絶対に他の船員の前でそんな呼び方すんじゃねぇぞ!」

「分かりましたおじ様」

「てめぇ……! それ以上言うと失格にするぞ!!」

「そんな……!? 言われた事を守って他の船員の前では言ってないのに!?」

「揚げ足を取るんじゃねぇ! さっさと船室に入ってろ!」

「はぁい。分かりました」

 

 これ以上からかっては本当に怒るかもしれない。ここは素直に従おう。……しかし、誰かと楽しく会話したのは久しぶりだ。

 ……時間があればまた話そう。

 

 

 

「おじ様色々ありがとうございました。おかげで楽しい船旅となりました」

「俺はもうお前と一緒の船旅はしたくねえな……」

「失礼な。まるで私が迷惑をかけたかのような言い方を」

「迷惑だったに決まってるだろうが!」

「こんな美少女と一緒にいたのに何たる言い草……」

「自分で言ってりゃ世話ねえな……ま、二度もお前を案内するのはご免だからな。今回の試験で合格するよう祈っといてやる」

「……(デレた?)ありがとうございます」

「あの山に見える一本杉を目指せ……それが試験会場への近道になる」

「分かりました。それでは、本当にお世話になりました。体に気をつけて下さいね」

「ふん。さっさと行きな」

 

 おじ様と別れ一本杉を目指す、と言っても今からだと山の中で夜になるかな。この街で一泊してからにしよう。

 楽しい船旅だったな。もし試験に落ちてまた試験を受ける事があったらもう一度おじ様に案内してもらいたいな。

 

 

 

 

 

 

 やれやれ行ったか、まったく。結局半日はくっ付いて話してやがったなあの嬢ちゃん……。俺なんかと話すのがそんなに楽しかったのかね? ニコニコと話しかけてきやがって……。

 おじ様……か。……悪い気はしねぇな。

 ち、なに考えてんだ俺は……。さっさと次の目的地に行くか。次は二つの港を廻った後にくじら島に行くんだったな。くじら島か、ジンの奴が居た島だな。あいつの息子ってのは今どうしてんのかねぇ。

 

 

 

 

 

 

 一本杉を目指して歩いているとなんか廃墟の様な場所に着いた。……廃墟の様と言っても、視線は感じるし息づかいも衣擦れの音も聞こえる。円で確認するまでもない。隠れる気はない様だ。

 案の定ぞろぞろと人が集まってきた。一人のお婆さんを先頭に変なマスクを被った人たちが前の道を塞ぐ。……劣化流星街の住人って感じだ。

 

「ドキドキ……」

「はい?」

「ドキドキ二択クイ~~~~~~ズ!!」

 

 うわっ! まずは私の心臓を攻撃する気か!? なかなか出来るお婆さんだ。

 

「お前はあの一本杉を目指しているんだろ? あそこへはこの街を抜けないと絶対に辿り着けないよ。他からの山道は迷路みたいになっている上に凶暴な魔獣のナワバリだからね」

 

 ……凶暴な魔獣か。負ける気はしないな。迷路と言っても木の上を跳んで行ったら大丈夫なんじゃ……?

 

「これから一問だけクイズを出題する。考える時間は五秒間だけ。正解したらここを通してやる。もし間違えたら失格だ。今年のハンター試験は諦めな」

 

 まあ問題を無視してももしかしたら失格かもしれないし、ここはクイズに答えよう。

 

「①か②で答えること。それ以外のあいまいな返事は全て間違いとみなす」

 

 選択問題か。これならどんなに難しくても半分の確率で合格出来るな。……逆に駄目だろ? これもハンター志望者をふるい落とす為の試験なんだろうけど、問題が分からなくても合格出来るようにしていいのか? 運も実力の内という奴だろうか。

 

「父親と母親が崖から落ちそうだ。一人しか助けられない。①父親 ②母親 どちらを助ける?」

「②。母親です」

 

 ……速攻で答えてしまった……でも仕方ない。その質問でそう答えないなんて私の選択肢にはない。問題を聞いてこの試験の意味が理解出来た。でも……それでも本当にどちらかしか助けられないなら、母さんを選ぶだろう。

 

「なぜそう思う」

「別に父が憎いわけではありません。私を捨てた理由はよく分かっていますし、納得していますから。しかし死んでも私を護ってくれた母さんと比べる事は出来ません」

 

 そうだ。そんな状況が在ったら私は確実に母さんを助けるに決まっている。

 ……もっとも実父ではなく養父(リュウゼン)だったら話は別だけど。その時は何が何でも両方助けるね。

 

「例えこれが不正解と分かっていても、この問題では必ず母さんを助けると答えるでしょう」

 

「……何故不正解だと思うんだい?」

「人によって答えの変わる二択。正解なんて選びようもない。ゆえに真の答えは沈黙。問題に答えない事こそ正解となるのでしょう?」

「……問題の意味に気付いていたのかい……それが分かっていて、何故答えたんだ?」

「先ほど答えたでしょう。それが理由です。例えハンター試験に落ちることが分かっていても、あの問題で私には沈黙を選ぶ事が出来なかった。それだけのことです」

 

 もう話す事はない。不合格となるのは残念だけど、転生者や漂流者の確認をするのはハンター試験以外でも出来る。背を向け、元来た道を戻ろうとする。

 

「……待ちな」

「何か?」

「こっちが本当の道だよ。一本道だ。2時間も歩けば頂上に着く」

「……私は不合格では?」

「答えは分かっていたんだ。少々あんたには問題の方に問題があったみたいだしね。補欠合格ってやつさ」

 

 補欠か……。いや、合格出来るだけマシか。

 

「いいのですか?」

「あたしがいいって言ったらいいんだよ」

「……分かりました。お言葉に甘える事にします」

 

 合格出来るならそれに越した事はないし。このお婆さん意外にいい人だ。長生きしてくれるといいな。

 

 山道を歩いていると一軒家が見えてきた。お婆さんが言うにはここにナビゲーターの夫婦がいるらしいけど……。確実に気配が3つある。気配の主はそれぞれ動いていないな。……1人が離れた位置にいて、1人が別のもう1人の側で立っている状態でジッとしている。シュールだ。

 

 明らかに私を待ち構えているだろうこれ。どう考えてもこれも試験の一つとしか思えない。……あまり待たせると悪いので中に入ろう。ノックしてもしもお~し!

 

「入りますよ~」

「キルキルキルキ~ル」

 

 なんか狐っぽい魔獣が女の人を掴んだまま飛び掛ってきた。出待ちしてくれてたみたいでありがとうございます。取り敢えず撃退しよう。突進してくる相手に風間流は相性いいぞ。己が力をそのまま喰らうがいいわ! ……一応加減はしておこう。女の人も助けておくか。

 

「ふっ」

「がっ!?」

 

 魔獣をぶっ飛ばして宙に飛んだ女の人を抱きとめる。

 

「大丈夫ですか?」

「え、ええ。お、夫も、夫も助けてください……」

「はあ……助ける必要あるんですか?」

「え……?」

「いや、あなた方は私がここに来るのを待ち構えていたじゃないですか。皆さんグルなんでしょう?」

 

「……よく分かりましたね」

「まあ、気配を察知するのは得意なんで」

「なるほど。こちらが襲いかかった時といい、攻撃に巻き込まれた者への対応といい、合格だ。君を試験会場まで案内しよう」

 

 壁まで飛ばされた魔獣がそう言ってくれる。

 

「よろしくお願いしますね」

 

 その後は羽を生やした魔獣(凶理狐というらしい)の足に掴まって試験会場のある町まで空中遊泳を楽しんだ。いいなこれ。私も自分で飛んでみたいな。

 

 

 

 

「この建物が試験会場の入り口だ」

 

 人間に化けた凶理狐さんに案内されたのは、大きくて立派な建物……の横にある小さな定食屋だった。うんうん、これだこれだ。ちょっとだけ思い出してきたぞ。ここで合言葉を言えば試験会場まで案内してくれるんだよな。

 

「じゃあ早速中に入ろうか」

「あ、ちょっと待ってください」

「どうしたんだ? 今さら怖気ついたわけじゃないだろう?」

「えっと、一つ聞きたいんですけど。試験は1月7日から開始なのに早くに会場に着いた人たちはどうしてるのですか?」

「そりゃ、開始までずっと待ってるだろうな。もちろんその間の寝食はハンター協会が持ってくれるだろうが」

 

 うーむ。それなら試験開始日まで時間を潰していてもいいかな。それに長丁場になるだろう試験だ。水や携帯食料なんかも用意しておいた方がいいしね。何せ私は母さんの言いつけで汚い物は食べてはいけないとなっている。長い試験中に綺麗な食事が何時もあるとは言い切れないからな。

 

「試験日までこの町で時間を潰します」

「……まあ、それは構わない。しかし早く会場入りして他の受験者の情報を集めたり、試験の傾向を練ったりするのもハンター試験には必要だと思うが……」

「大丈夫です。問題ありません」

「君がそれでいいなら構わないが。そうそう、合言葉を言っておこう。いいか、この“めしどころ ごはん”に入ってから注文を聞かれたら、ステーキ定食を注文する」

 

 ふんふん、忘れないようメモしておこう。

 

「その後に焼き方を聞かれるので、人差し指を立ててから“弱火でじっくり”と頼む。これで試験会場まで案内してくれる」

「分かりました。それでは、案内ありがとうございました」

「ああ、試験の締め切りに遅れないよう気をつけな。試験がんばりなよ」

 

 行ったか。さて、試験開始まで何してっよかな。時間はたっぷりあるし。よし。まずは腹ごしらえでもしよう。

 

「すいませ~ん。ステーキ定食ひとつ」

「……焼き方は?」

「ミディアムレアで。あ、後ご飯大盛りでお願いしますね」

 

 ふふふ、ちょっと冷やかしてやった。悪い客かもしれない。ゴメンね店員さん。

 お、美味い! やっぱりお肉はミディアムレアに限るね! ご飯があればなお良し!

 

「すいませ~ん。ご飯お代わりお願いしま~す」

 

 腹が減っては戦は出来ぬ。試験になったら美味しい物を食べる機会もないだろうからここで一杯食いだめしておこう。

 

「すいませ~ん。このホルモンと野菜の炒め物と豚肉の生姜焼きを二つお願いします。あと、ご飯お代わりで」

 

 うん。肉が美味いと飯も進む進む。

 ……なんか妙な眼で見られてるけど、なんか変な所でもあるのかな? まあいいや。今はご飯に集中だ。一つたりとて残さない。食とは命を喰らうことなり。なんてね。

 

「あと焼肉定食を二つ追加で。勿論ご飯は大盛りで」

 

 なんか昔と比べると一回の食事量が増えた気がする。我慢は出来るけど、食べられる時に食べた方がいい。

 ……太るのは嫌だから町の散策をする時はランニングしながら散策しよう。








※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。