どうしてこうなった?   作:とんぱ
<< 前の話 次の話 >>

3 / 86
第三話

 水がなみなみと注がれたコップに浮かんでいる木の葉が揺ら揺らとわずかに動いている。葉が動くのは確か……操作系だったよな?

 

 操作系か……特質系が良かったのになぁ……。

 

 こればかりは仕方ないか。資質の問題だ。努力でどうにかなるもんじゃないからな。

 取り敢えず操作系と分かったんだ。ならそれに合った発を作るしかないな。

 

 

 

 さて。どんな能力にするか?

 かなり悩むが、実はこんなこともあろうかと! と思って用意していた物がある。瞑想をしだしてからの六年間で白紙の本に様々な系統の念能力を考えて書き溜めていたのだ!

 題名は〈ブラックヒストリー〉!

 

 文字通り黒歴史です。まさに僕の考えたかっこいい念能力とかがたくさん書かれています。これを誰かに見られたら俺は恥死する自信があるね。

 何だよ放出系能力で邪王炎殺黒龍波って……ちなみに本は全て日本語で書いている。これなら簡単に読めはしないはず。

 

 ……ジャポンとかあるけど文字は日本語なんかな?

 

 

 

 まあネタ技や厨二技も多々あるが、真面目に考えた能力もたくさんある。早速操作系のページを読んでみるか。

 

 ……ふむ。やっぱり操作系ならこれとこの能力かな。上手く出来るか分からないけど、制約を付けたら何とかなるかな? これが出来れば修行もはかどるしな。

 

 さあいざ念能力を作ろう……と思ったが。……はて? 念能力ってどうやって作るんだ? こう、自分の考えた念の設定を強く念じればいいのか?

 それとももっと練とかが強くなるまで作らない方がいいのか?

 

 うーむ。悩むが、ようやくここまで来たんだ。おあずけ食らう感じで嫌だが能力はじっくり作っていこう。

 少なくても木の葉がもっと動くようになってから作った方がいい気がする。錬を強くしたらいいのかな? ……特訓するか。

 

 

 

 練を強くするには確か、練を維持し続ければ良かったんだっけか? 取り敢えず、練!

 

 

 

 だ、駄目だ、5分が限界だ。それ以上は無理! こんなに疲れるのこれ!? 挫けそうだ。今までのはそこまで疲れることじゃなかったしなぁ。炭鉱の仕事は生きるためには仕方ないし、纏は瞑想だけだったし。絶もそんな疲れることじゃなかった……。

 

 くそ! ここで頑張らないと意味がない。目標を決めておこう。1ヶ月だ。1ヶ月だけ頑張る。期限を決めたらやる気も多少は出る。良し、やるぞ!

 

 まあ今日は絶して休もう。

 

 

 

 

 つ、疲れた……この1ヶ月、仕事が終わったら練、仕事が終わったら練とその繰り返し。もう嫌だ。せめて仕事がなけりゃまだいいけど生活の為だし、まさか親方に、念の修行で忙しいから1ヶ月休みください、なんて言えないしな。

 

 とにかく1ヶ月やりきったんだ。練も15分は持続するようになったしな。俺超頑張った。

 さて水見式水見式っと。おおっ。前よりも葉が動いてる。揺ら揺らから、揺ら揺ら揺ら揺らぐらいになった!

 

 ……分からん。これでいいのか? 修行法間違ってたか? やはりうろ覚えの独学では限界がある。

 ……作るか。念能力。

 

 

 

 頭の中に強く念能力の設定を描いて……。

 それが発動するよう念じて発を試みる。

 どうだ!?

 

 

 

【原作知識/オリシュノトクテン】発動!

 

 おお! やった!! 成功だ!!!

 頭の中に俺が読んだHUNTER×HUNTER全29巻が鮮明に思い描かれている!

 すげえな。頭の中でHUNTER×HUNTERの漫画を読んでるかの様だ。

 

【原作知識/オリシュノトクテン】

・操作系能力

 術者自身の原記憶を操作し、原作HUNTER×HUNTERの記憶を思い出させる能力。

 それ以外の記憶を思い出すのには使えない。

 

〈制約〉

・原作HUNTER×HUNTERの記憶以外をこの能力で思い出すことは出来ない。

 

〈誓約〉

・他者に原作知識があることを伝えるとこの能力は使用できなくなる。これは記憶を覗かれてばれた場合も同様である(あくまで原作知識があることをばらしては駄目なだけで、この能力によって得た知識を誰かに話すのは問題ない)。

 

 

 

 何とかなったな。原作では確か記憶を読むことの出来る能力者は特質系だったはずだから無理かと思ったけど、自分自身の記憶操作なら特質系じゃなくて操作系でも出来たか!

 人は覚えていた知識や物事を忘れることは多々あるけど、それは思い出せないだけで喪失したわけじゃない。脳の奥底に眠っているだけだと言うのをどこかで聞いた事がある。

 この能力はその思い出せない記憶を呼び起こす能力だ……HUNTER×HUNTERに関する事にしか使えないけどな。

 

 これで念に関する知識を補填することが出来る。取り敢えず一通り読み直すか。

 

 

 

 

 

 ……原作読み直してて思ったんだが、もしかしてネテロ会長って今の時代だとまだ生まれてないのか?

 山篭りしたのが46歳。齢50を過ぎて完全に羽化する。その後どれぐらいの年月山にいたかはわからないけど、道場破りをしているネテロの場面を見ると10年以内には山から下りてると思う。

 それが原作60年以上昔のことと説明されてたから、原作時には大体120歳くらいじゃなかろうか。四巻でもネテロが20年くらい前から約百歳と言ってるらしいとの描写もあったし。

 で、今が原作の約120年ほど前だから、ネテロはまだ生まれてないか、生まれていてもまだ幼子くらいのはず。

 ……つまり俺はネテロより年上ということか? おいおい。あれより年上かよ……とことん生きて原作介入出来る気がしなくなったわ。

 

 ……取り敢えず続き読もう。

 

 

 

 

 

 うん無理。メルエム倒せない。いや別にあれを倒すことを目標にしてるわけじゃないけど、改めて読んでも人類詰んでるとしか思えない。

 ゴンさんならなんとかなるのか? しかしゴンがゴンさんに進化したのはどういう能力なんだろう?

 ゴンは強化系だから自身の肉体と念を強化して成長したのか? 無理がある気がするが……それとも念系統が特質系にでも変わったのか? 強化系から特質系に変わることもゼロではないと思う。

 どちらにしろ制約と誓約がとんでもないんだろうな。ネフェルピトーもそんなこと思ってたし。

 

 まあ100年以上も先のことだ。考えるにしても後でも大丈夫だろう。まずは念に関する情報を〈ブラックヒストリー〉にまとめるか。修行中に毎回【原作知識/オリシュノトクテン】で思い出すのも面倒だし、意外と疲れる。

 念以外のことに関しては必要になったら【原作知識/オリシュノトクテン】を使用すればいい。

 

 

 

 やっと終わったか……念が登場した巻からじっくり確認してひとつずつ書き記したあとに、それを基本・応用・修行用・系統別とまとめ直すのがすごい労力だった。パソコンさえあればもっと楽だったろうに。何時ごろ出回るんだろう?

 HUNTER×HUNTERの世界は科学の発達が元の世界とは違うからな。なんせ核兵器はあるのに空の交通機関は飛行機より遅い飛行船だ。アンバランスすぐる。

 パソコンやケータイなどのネット環境の類は元の世界より発達してそうだから意外と早く市場に出回るかもしれない。全ての人間のデータがコンピュータのシステムに保存されてるって何だよ。

 

 とにかくこれで念の修行もはかどるな。原作に出てないことまでは分からないから穴があることは否めないが、ないよりは遥かにマシだ。

 誰かの指導を受けられたら一番なんだろうけど、そんな知り合いはいないし。念を覚えて約3ヶ月、いまだに他の能力者(纏をしている人)を見たことがない。

 原作であんなにぽんぽん出てきたのはあれが漫画で視点が主人公たちに当たっているからだ。実際は念能力者なんてほんの一握り。そう簡単には出会えないさ。

 

 これで修行に関しては後は俺のやる気のみ。これが一番厳しい。苦痛を伴う修行を何年も何十年もやり続けるなんて出来るとは思えない。

 100年修行した→強くなった、なんて文字に書くように簡単に出来たら苦労はしねぇよ。

 

 やっぱり第二の念能力を作るべきか? この能力が上手く行ったら修行を持続することが出来る……俺の意思を無視してな。

 

 さらに言うなら考えている第三の念能力を本当に作るかどうかだな。これは上手く行く可能性がゼロではないが、失敗する可能性の方が高い。

 念能力は強い思いとオーラ量で色々補えそうだから俺の努力次第。で、努力するには第2の能力を使用しないと無理。

 つまり第三の能力を使用するには第二の能力を使用する必要がある(どちらの能力もまだ作ってはいない)。

 

 

 ……第三の能力が上手く行けば原作に関わる事が出来る。さらに言えば確実に強くなっているはずだから原作の人物と接触しても危険は少ない。つまり当初の目的たる〈原作キャラで脱・童貞〉が実行出来る訳だ。

 

 

 これはおいしい。しかし失敗すれば誓約的にかなり悲惨な目になるかもしれん。だが夢は叶えたい……。

 

 よし。まずは第二の能力を作ってからだ。それから考えよう。

 

 ……考えに行き詰まったら問題を先送りにするのは俺の悪い点だな。

 

 

 

 第二の能力も【原作知識/オリシュノトクテン】と同じで操作系の能力だ。

 その名も【絶対遵守/ギアス】。

 

 ……いや、元ネタと違ってそんなに便利な能力じゃないけどね。そもそもこれは相手に掛ける能力ではない。【原作知識/オリシュノトクテン】と同じく自身を操作する能力だ。シャルナークが自身の操作をしたのを見て考え付いた。

 

【絶対遵守/ギアス】

・操作系能力

 自分自身に命令し、その命令を必ず遵守させる能力。能力が解除されても効果中の記憶・知識・経験は覚えている。精神はギアスが掛かる前の精神に戻る。

 

〈制約〉 

・自身に対してしか使用することは出来ない。

・使用するには鏡で自身を凝で見ながら命令しなければならない。

・同時に複数の命令をすることは出来ない。

・自身に実現不可能な命令をすることは出来ない(例:永遠に生きろ・瞬間移動しろ等)。

・術者の心臓が停止するとこの効果は解除される。

 

〈誓約〉

・この能力は一度使用すると自身では解除出来なくなる。

・この能力は一度使用すると二度と使用出来なくなる(制約によって効果が発揮しなかった場合も同様に使用できなくなる)。

 

 

 最初はこの能力は誓約書を具現化してその誓約書に書いた内容を必ず実行する能力にしようと思ったが、紙に対してそんなに思い入れないし、具現化するのに時間が掛かりそうだからやめた。俺が具現化系だったら話は別だったけど。

 能力を使用するには設定が甘いかもしれないが、代わりに制約を増やしたことで何とか補えるだろう……多分。

 

 これを使えば嫌な修行も頑張れる。何せ“修行しろ”とでも命令すれば俺の意思に関係なく嫌でも修行しなければならない。

 修行しなければならないと理性では分かっているが、辛い努力は嫌だという俺にはピッタリの能力だ。

 

 ……ここまでしなければ修行しない自分が情けないが、現代日本の一般学生なんてこんなもんだと思いたい。

 

 とにかく一度使用すれば二度と使えなくなる上に、効果が発動しなくてもやっぱりこの能力は使用出来なくなる。遵守する命令はよく考えなきゃな。

 

 

 

 【絶対遵守/ギアス】を作ってから3日経った。あれからどんな命令をすれば一番効率がいいか考えた。

 そこで思ったのが、念は精神に左右される、という事だ。嫌々念の修行をするよりも、楽しみながら念の修行をした方が確実に効果は高いと思う。

 これは肉体的な修行に置いても同様だろう。好きこそ物の上手なれ、と言う奴だな。

 ふと思いついたんだが、自分でも納得のいく事だった。

 

 

 つまり、修行を楽しめるように自身に命令すればいいのだ! 所謂強力な暗示だな。この念能力を使えば出来るはずだ。

 

 うむこの命令で決定だな。そうと決まれば話は早い。鏡の前に行って能力を使用するか。

 まずは鏡で自分を見ながら凝をする。

 

 

 

 …………凝が出来なかった…………。

 

 よく考えたら応用技の修行を全然していなかった。それなのに凝なんて出来るわけがない。はぁ。まずは凝が出来るように頑張るか……。

 

 

 

 ぐおおお! すげえ集中力がいるぞこれ! 一部にオーラを集めるのがこんなに難しいのかよ。本当にゴン達との才能の差を感じる。あいつら俺が習得するのに2ヶ月くらい掛かった錬をたったの半日で出来るようになってるしな!

 凝なんて次の日には出来ていた……なんだそれ、笑い話にしか聞こえねぇよ。

 その場面を【原作知識/オリシュノトクテン】で見た時にはあまりの嫉妬でこんな能力作らなきゃよかったと思ったくらいだ……。

 

 

 

 ふう。なんとか1週間で出来るようになった。これで後は【絶対遵守/ギアス】を使用するだけか。おっと、その前に第三の能力を作成しておこう。

 もうなるようになれだ。成功すれば良し。失敗しても今の人生楽しめるだろう多分。

 

 では、鏡の前に立ち、今度こそ。凝! 【絶対遵守/ギアス】を発動する!

 

 

 

 “全力で修行を楽しめ!”

 

 

 

 

 

 

 堅の持続に限界が来た俺は今、部屋で横たわったまま息を整えている。ちなみに部屋は鉱山から一番遠い位置にある借りアパートだ。もちろん1人部屋だ。念の修行時に周りに人がいたら集中出来ないしな。こっちに引っ越したわけだ。

 

 【絶対遵守/ギアス】を使用してから3日。朝はウェイトを付けたままランニング。仕事時もウェイトを付けて穴掘りをし、それが終わると応用技の特訓。その後堅の持続時間を増やす訓練をして、限界になると休憩しながら点と纏を1時間毎に繰り返す。そして絶をしながら休む。

 この3日間これを繰り返していた。今の俺はとても充足している。実に清々しい気分だ。3日前までの俺はどうしてこの喜びが分からなかったのか不思議でならない。

 こんなに楽しいことがあったのか。身体を鍛えるというのはとても素晴らしい事だな!

 

 原作介入だの、脱童貞だの、今思えばなんと虚しい目標だ……。

 

 まあいいさ。俺は生まれ変わったのだ。これからは毎日修行をして過ごすとしよう!

 

 最高にハイってやつだぁ! ふははははははははははははははははははは!!!








※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。