もしも。例えば。
 そんなIFの可能性。
雪ノ下雪乃篇
  奉仕部にて2015年06月28日(日) 04:59()
  喫茶店にて2015年09月07日(月) 03:48()
  比企谷家にて2016年01月12日(火) 03:59()
  比企谷家にて・続2016年01月14日(木) 01:54()
由比ヶ浜結衣篇
  事の発端2015年09月23日(水) 08:05()
  事の始まり2015年09月23日(水) 14:20()
  事は続き、想いは結われる2016年04月11日(月) 16:19
一色いろは篇
  色づき2016年04月25日(月) 22:30()
  色あわせ2016年05月10日(火) 02:17
  色あざやか2016年09月11日(日) 09:29()
平塚静篇
  逢瀬2016年05月10日(火) 18:07()
  結実2016年05月20日(金) 15:33
相模南篇
  Over the bridge2016年06月04日(土) 11:03
  Collapse2016年06月14日(火) 01:01
  Go hand in hand with2016年07月10日(日) 09:27()
川崎沙希篇
  ありのままの気持ちを2016年07月23日(土) 17:30()
  ありのままの気持ちで2016年07月26日(火) 13:47()
三浦優美子篇
  抗えぬ心象2017年06月05日(月) 06:00()
  新たなる心象2017年06月06日(火) 06:00
雪ノ下陽乃篇
  彼は2017年11月05日(日) 13:48
  彼女は2017年11月05日(日) 13:51

読者層が似ている作品

やはり俺の女性関係は色々とまちがっている。(作者:四季妄)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

孤独を愛し、孤高を誇り、ぼっちこそが至高と謳う。▼比企谷八幡はそういう人間だ。どこまでも、そういう人間でしかあれなかった。▼誰かとつるめば、その誰かが引き摺り落とされる。▼誰かと仲良くなれば、その誰かに迷惑がかかる。▼故に、孤独。故に、孤高。故に、ぼっち。▼これは、始まる前から違っていた場合の話。それでも尚、始まりに辿り着いた話。▼不器用に優しくて、でも捻く…


総合評価:2578/評価:7.88/話数:35話/更新日時:2017年05月24日(水) 21:06 小説情報

そのままの君が好き。(作者:花道)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

心の雨は降りやんだかい?


総合評価:1072/評価:8.06/話数:14話/更新日時:2017年11月20日(月) 00:53 小説情報

捻くれた先輩(作者:超素人)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

はじめまして。▼初めて二次創作というものに手をだしました。 ▼文化祭からの分岐で、いろはすと八幡が屋上で出会い、原作から大きく変わっていきます。▼ほぼ、いろはす視点で進みます。いろはすっぽくねーよと思ったら怒ってください。▼ただ、修学旅行などは原作通りの解消方法を八幡がとります。▼キャラも崩壊してるかもしれませんが、遠慮なく文句を言って頂けるとありがたいです…


総合評価:2968/評価:8.53/話数:16話/更新日時:2017年06月09日(金) 04:35 小説情報

お姉さんの愛し方。(作者:とととー腑)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

ある日突然始まった俺と雪ノ下さんとの物語。それはどこまでも幸せで……。▼ピクシブからの転載。超激甘だと思います。▼毎日投稿する予定です!よろしくです٩( 'ω' )و


総合評価:731/評価:7.75/話数:10話/更新日時:2017年10月10日(火) 00:00 小説情報

トラウマの原因が覆されたら、その世界はどうなるか。(作者:袖野 霧亜)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

葉山隼人がいつぞやかボヤいていたあのセリフ、比企谷八幡が雪乃達の学校にいたらの二次創作。そして、ただ単にかおりとくっつけたかったからという俺の願望が生んだ作品です。ある意味最悪(という名の最高)です。▼ぶっちゃけ捻デレくんとマイペースな彼女とかそんな感じの名前にしようかなと思ったけど・・・、なんかオリキャラが出てきてソイツと付き合いそうな感じの題名だったので…


総合評価:2926/評価:7.28/話数:20話/更新日時:2017年12月05日(火) 14:10 小説情報

やはり俺の青春ラブコメは間違っていたのだろう(作者:未果南)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

比企谷八幡は大人となり本物について、ある一つの結論をだした。▼間違ってしまった奉仕部でのことを抱えながら社会人として働く八幡の元に一色いろはが会社の後輩として現れる。▼やはり俺の青春ラブコメは間違っていたのだろう。▼八色モノです▼


総合評価:1056/評価:6.89/話数:15話/更新日時:2017年09月28日(木) 01:55 小説情報

心を殺した少年(作者:カモシカ(仮))(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

数々のトラウマを抱え、心を殺した少年は、この出会いに何を見出だすのか。▼この作品では、葉山やその他俺ガイルキャラにアンチヘイトをするつもりはありません。アンチヘイトに類することがあっても、あくまでそのキャラの成長への布石です。▼作者はとても書くのが遅いので、投稿ペースはゆっくりです。


総合評価:1163/評価:5.71/話数:25話/更新日時:2017年12月07日(木) 20:40 小説情報

ありふれた日常の中で。(作者:ひししひ)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

高校二年生。▼1人の女子生徒と不思議な出会いをした。


総合評価:485/評価:7.56/話数:8話/更新日時:2017年10月21日(土) 00:58 小説情報

八幡と、恋する乙女の恋物語集(作者:ぶーちゃん☆)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

比企谷八幡と、恋する乙女達による短編集。▼ifモノだったり原作裏妄想だったりと、思いついたヒロイン・思いついたシチュエーションでお贈りいたします☆▼物語はヒロインにつき、ひとつひとつ独立しております!▼特に記載がない限り、すべて別次元モノと思って頂いて大丈夫です!


総合評価:7997/評価:8.83/話数:100話/更新日時:2017年09月13日(水) 19:00 小説情報

偽を演じて…(作者:九朗十兵衛)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

比企谷八幡は演じるのが好きだった。▼まるで別世界の住人になったかのような、時代を遡ったかのような、未来の世界を生きるような、そんな特別を味わえる演劇、ドラマ、映画で演じるのが大好きだった。▼だが、ある出来事により彼はその世界から消えることを選択し、どこにでもいる普通の子供に戻った。▼それから数年、高校生になった八幡はボッチだが静かな生活を送っていたが、ある教…


総合評価:1064/評価:7.11/話数:15話/更新日時:2017年12月07日(木) 09:05 小説情報