麻雀が好きで好きで堪らない男が居た。彼は日常生活を捨て去り、博打打ちの世界へと進む。そして、魔物と評される強敵との対決にその身を投じる様になったのだが、とある激闘の後、志半ばにして男は倒れる。――まだ、麻雀を打ち足りない。男の執念か、悪戯な神の導きか、再び目を覚ます。しかしその時、男の体はかわいらしい少女となっていた。だが、関係ない。「女でも麻雀は打てる」とまたも魔物との対決へと歩みを進める。その少女の名は杉乃歩、龍門渕家の居候だった。
  九蓮宝燈を和了った日()
  命名――杉乃歩2013年01月23日(水) 16:22()
  同類2013年01月24日(木) 13:33()
  試験2013年01月25日(金) 18:48()
  2013年01月28日(月) 01:36()
  2013年01月30日(水) 16:57()
  バカ2013年02月04日(月) 03:50()
  杉乃歩についての考察――龍門渕透華2013年02月13日(水) 22:13
  失ったもの2013年02月17日(日) 02:46
  悪待ち2013年02月24日(日) 07:40()
  女王様/お姫様
 ▲ページの一番上に飛ぶ