俺たち魔導師地上組 ~幼女戦記外伝~
作者:浅学

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

リースリット・ノエル  2019年01月19日(土) 21:26 (Good:0Bad:0) 報告

初めまして、リースリット・ノエルです。

題名を見て、すぐに「機動戦士ガンダム オレら連邦愚連隊」が頭に浮かびました。

恐らく、そこから多少なりともリスペクトしつつ作品に反映されているのかな?と思いつつ楽しんで読みました。
敵は連邦で、主人公はアドルフの名を冠する軍人なのは、皮肉ですがそれが意図しているかはともかく、そう感じられ想像を膨らませるのが楽しいところです。

何より着眼点として地上魔導師の兵種が興味深いですね。
というか、同じ事を想像していて「地上魔導騎兵部隊を主軸にした話でも書こうかな」と思っていたところ、既に先手を打たれてしまった感じですね。 あらら、先越されたか〜と思いながらも、また他の作者が考える地上魔導師の世界を見るのは、また一興ですね。

後は、東部戦線が塹壕群で成り立つ戦場というのも面白い。
第一次世界大戦〜戦間期〜第二次世界大戦を織り交ぜた世界観であるなら、あり得る事として描くのもまた挑戦的ですね。

作風に関しては、どこぞのゲンブン戦記の雰囲気を感じられ、色々なパロディを取り入れているのが良いと思います。
情景や戦場、1人1人の人物に丁寧な表現で描いている事から作者の情熱を感じる事が出来ました。

この手の2次創作は、中々時間がかかり大変だと思いますが、無理せずに制作して頂ければと思います。

返信:浅学 2019年02月16日(土) 21:39

サボりがちで申し訳ない浅学です。
過分な評価、有難く存じます。
塹壕戦というには些か優しい気もしますが、案の定市街戦に突入してしまう東部戦線ですww気長に読んでいただければと。
カルロ・ゼン先生の中の世界とは一線を画していると思いますが、あくまで二次創作という所で想像の翼をはためかせつつ読んで頂きたいです。
地上魔道士騎兵部隊、素敵な響きです。ぜひとも読んでみたい!
これからも創作を続けていけはよう、コメントの応援を糧に頑張りたいと思います。


トランぺッター  2018年10月29日(月) 22:27 (Good:1Bad:0) 報告

初めまして、トランぺッターです。

来年映画やるみたいですし二次創作あるかな、と巡回していたら出会いました。

読んでいて思った印象は読んでいても苦じゃない文章だな、という印象です。小説らしい文章というか、状況が想像しやすい文章で読みやすいです。背景説明に関しては幼女戦記という二次創作なので現状のままですんなり理解できました。

少し気になったのが「第三話 襲撃」における大隊への「休め」の号令ですが、大体副官か副隊長が掛けるイメージだったので気になりました。あ、設定なら全然構わないんですが…。

イカロスの隊長殿についてはいいキャラしてるなと思いましたw
軽いジョーク飛ばせるような上官は大好きです。それとイエスマンではないところも中々…。イメージについては30代の渋い系のおっさんで再生しますw

それでは。更新気長に待ってます。

返信:浅学 2018年10月30日(火) 01:05

感想ありがとうございます。浅学です。
まだ不慣れな点や未熟な点を振り返り悶える二次創作人生ですが、暖かい言葉に救われました。
基本的には彼らはトランペッターさんの想定してる年齢くらいで相違ないです。人相はお好みでお願いします(笑)
アドルフさんは基本的に仕切るのが好きな人なので、自ら率先して号令掛けるおじさんです。なのでこれからもアドルフさんの休めを期待しててください。
こういう反骨心もあるおじさんキャラがきっと前線で戦っているはずだ! との思いで書き始めたので、いいキャラと言って貰えてとても嬉しく思います。
これからも彼のキャラクターに恥じないジョークを言って貰えるよう、私も勉強してこれからも更新していきますので、よろしくお願いします!


ぽったいし  2018年10月05日(金) 04:45 (Good:2Bad:0) 報告

今後も期待しています!誤字も、ざっと見た感じでは、無さそうですし、大きな違和感は有りませんでした。

とはいえ、2点だけ訂正をするべきだと、思いました。

 1点目は、結論から言いますと塹壕の話が変です。ソ連方面の塹壕は張り巡らしてあるのではなく、少しずつ点在するように形成されています。

 細かい話をしますと、本編では、4刊以降に出て来る対ソ連の話ですが、ソ連方面は泥と、雪(正しくは寒さ)によって苦戦させられることが多々あります。それは、ソ連の国土の広大さによる事情が一番です。そのため、独ソ戦(線?)において、本編では木と木等目印になる物を基準に防衛するところまで描かれています。これは、ライン戦線との違いを明確に分けるためです。なので、そこを描写するとより、本編の世界観に近づくと思います。

 2点目は、用語が恐らく違います。具体的には大隊の編成ですね。普通は4個中隊で、一個大隊です。もし特殊な事情があるのであれば、それを伝えさせる描写を入れてください。
 幼女戦記の魔導大体は、本来4個中隊ですが、ターニャの部隊は増強大隊ですので、5個中隊からの編成になっています。

-追記-

 訂正とお詫びをします。
5個中隊はたしかに間違いですね。

 このSSの作者さんが指示した所の場面もそうですし、4刊のモスコー襲撃の時でも第4中隊までをターニャが指揮していたことからも、増強大隊が5個中隊というのは間違いでした。すみませんでした。

返信:浅学 2018年10月05日(金) 02:16

 メッセージありがとうございます。大変勉強になります。本編もう一度読み直さねばうごごごとなっております。もしかしたらお恥ずかしい部分もあったと思いますが、これからも精進してまいります。
 今回の話に当たって、確かに塹壕の話はあれかなと思いましたが、本編の描写が機動戦主体なのと、私たちの知っている独ソ戦と違い、一次大戦と二次大戦が入り混じっている世界とのことなので、あえて最初に塹壕戦のお話を入れた次第です。しかし、木と木の目印の話、大変ありがたいです。また読み返してみたく思います。
 それと、大隊のお話ですが、二〇三魔導大隊は四個中隊編成で増強大隊となっております。ですので、この作品で扱っているイカロス大隊は三個中隊編成の通常大隊であっていると、小官は確信しております。よろしければ、お手元の幼女戦記第一巻の三七二pの一四行目から読まれると、確認できると思います。
 間違っているかもと危惧し確認いたしました。
 今後とも、厳しくも暖かいメッセージをお待ちしております。
 



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。