古明地さとりは執行官である
作者:鹿尾菜

▼感想を書く

全話感想

通りすがりの紫苑  2019年07月02日(火) 15:34 (Good:1Bad:0) 報告

サイコパスか...あまり原作を覚えていないけどこの際見直そうかと思います。さとりが読めるのは表層意識まででしたっけ。犯罪係数とは相性良さそうで悪そうな能力ですよね...。敵視されて消されないことを祈るばかりです。これからも楽しみにさせてもらいます!

返信:鹿尾菜 2019年07月02日(火) 16:28

感想ありがとうございます!

原作面白いですよお
ここのさとりは『さとさと』のさとりなので能力未知数です。
案外この能力便利そうで全然便利じゃないでも付き合っていかないといけない。さとり様頑張れ


くっつく餡玉  2019年06月29日(土) 22:38 (Good:1Bad:0) 報告

サイコパス世界では、対象を問答無用で、あらゆる条件を無視して、瞬時に必ず気絶させるだとか、そういう特殊能力があれば、一番面倒が少なさそうな気がするけれど。

返信:鹿尾菜 2019年06月30日(日) 23:35

感想ありがとうございます!

問題はそんな都合のいい能力があったとしても絶対運用間違えるのが知的生命であるということ。それは人の闇である妖も同じである。



感想を書く
ログイン状態でのみ感想の投稿が可能です
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。