モモンガ様ひとり旅《完結》
作者:日々あとむ

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

バカヤロウ逃げるぞ  2015年12月31日(木) 17:18 (Good:6Bad:0) 報告

完結、おめでとうございます。
投稿初期から愛読させていただいておりました。

クロスオーバーでもなく、人物追加でもなく、登場人物たちだけで構成された見事なifでした。
原作と似たシリアスとギャグによる物語のメリハリ、お得意のマッチポンプに勘違い、キャラ一人ひとりに対する描写。原作に対する愛が伝わってきました。

個人的には、モモンガ様と出会った人々との交流が濃いものだったのが楽しかったです。
アンデッドとわかっているから変に気を遣わずに済んだカルネ村の人々。
別れるまで共に旅を楽しんだハムスケ。
尊敬し合う関係から友達へと繋がりが強まったガゼフ。
また、ひとり旅をしていたからこそ知ることが出来た、ナザリックのNPCたちの本心。

そのどれもが読んでいて笑ったり、泣きそうになったり、感動させられました。


連載お疲れさまでした。
次回作があるのであれば、応援させていただきます。

返信:日々あとむ 2016年01月01日(金) 17:59

感想ありがとうございます。そして最後まで読んでくださりありがとうございました。

次回作のネタは今のところありませんが、もし機会があれば、またよろしくお願いします!


バッドボーイ ID:8yBNEh9U  2015年12月27日(日) 17:05 (Good:3Bad:6) 報告

またしーしーエンリか…
ネムのお漏らしを所望す。

返信:日々あとむ 2015年12月29日(火) 00:12

感想ありがとうございます。

この感想欄にペロロンチーノがいます! たっちさんこいつです!


笛吹男 ID:UKpP4ICU  2015年11月18日(水) 02:20 (Good:23Bad:0) 報告

アインズ様の〆の描写が切ないですね。
当事者なのに、自分がしたことなのに、何処か他人事と言うんでしょうか。外から眩しいものを見つめて、その中には決して入れないことを理解している様です。だって何でもできてしまうから。自分以外のモノから生まれるものにしか価値を見出せなくなって、遥か彼方にシステマチックな神、全自動救世マシーンになったり…なんて思ってしまいます。
何処かの話で読んだ、超越者ゆえに、物語に関われない。なんてことはこういうことなのかなと思ったりします。

返信:日々あとむ 2015年11月18日(水) 21:48

感想ありがとうございます。

実際、あの世界で友達作ろうと思ってもモモンガくらい実力がアレだと友達じゃなくて出来るのは信者という悲しみ。


torutoru  2015年11月13日(金) 21:59 (Good:1Bad:1) 報告

誤字報告
支配者のいない王国

至高の四十一人誰とも逢えず朽ち果てるのは嫌だ→
至高の四十一人の誰とも逢えず朽ち果てるのは嫌だ

返信:日々あとむ 2015年11月13日(金) 22:16

感想ありがとうございます。

申し訳ない。間の「の」を入れてないのはわざとです。「の」が短い一つの文に何度も入っているのは、ちょっと違和感あったので。
でも誤字脱字の見落としや、変な言い回しなどがあると思うので、「それよりこういう言い方の方がいんじゃね?」とか思ったらこれからもご報告ください。


YYKK  2015年11月04日(水) 23:59 (Good:2Bad:0) 報告

更新お疲れ様です。

誤字報告  おいでよ、カルネ村
えっと、冒険者というのはですね。基本的には人間に害をなすモンスターが現れたら、それを対峙するのが主流ですね。
→それを退治するのが主流ですね。

おじいちゃん正気に戻りましたね。
帝国が先に接触し上手く交渉して取り込むか。法国が先に接触し敵対、または神として崇めるのか。

次回更新が楽しみです。

返信:日々あとむ 2015年11月05日(木) 20:35

感想ありがとうございます

おうふ……デミウルゴスありがとうございます。修正しておきます。


Isaac  2015年10月14日(水) 17:57 (Good:0Bad:0) 報告

不幸な遭遇戦でしたが完勝できてなによりです。
リモコン鎧との戦いは不利な相性だったので若干苦戦しましたがレベル差+壁が有効+ギルド武器装備+慢心なし。勝つべくして勝ったね。
シャルティアと比べればまあこんなものですな。あっちの場合は魔法詠唱士が壁使えない(喚べば喚ぶほど不利になる)とか酷すぎるぜよw

アインズ様のこの世界の強さ基準が1ツアーになったタイミングでブレインさんと遭遇とは…何このイジメ?
今まで培ってきた剣を全否定されてブレインさんがへし折れた様です。メディーック!

さて、ここまで立てられたフラグをちょっと数えてみる。
カルネ村でアンデッドの姿と名を晒し村をbefore after。
村周辺でのあれこれで盛大にやらかし。
トブの大森林での不始末を全力でもみ消しつつトブの大森林を支配下に置く。
格安の値段でエ・ランテル事件のTAS解決(首謀者の死体はそのまま→ズーラーノーンが回収?)
ツアーを撃退(プレイヤー+ギルド武器目撃)して森が大惨事。
ブレインの人生全否定しつつ森の賢王と旅に出る。

ツアーからBBAに情報が流れたら蒼の薔薇に、汚いマドカが蘇生させられたらそこから死の神の情報が、ブレインから森の賢王連れた骸骨に全く相手にされなかった事がガゼフにと組み合わさると包囲網ですね。

返信:日々あとむ 2015年10月15日(木) 21:30

感想ありがとうございます。

モモンガの強者認識↓
1ツアー(戦闘になるレベル)/(越えられない壁)/1ガゼフ(英雄級という名の一般人)


サルガッソ  2015年10月05日(月) 23:09 (Good:11Bad:0) 報告

セバス、ニアミス!
後一歩、その謎のマジックキャスターのことを調べようと思えば、大まかな事情は察しているだろう漆黒の剣にたどり着きさえすれば……! ズーラーノーンなんてどうでもいいよっ!
ナザリックが本格的に暴走する前に精神安定剤(支配者)の供給が求められる……。

そして、漆黒聖典の皆さん大正解。そうなの、あれアインズ様的にはしょぼいカウンターなの。
殺意なんて欠片もない、ただの嫌がらせなの。ただちょっと神の領域にいたってだけの話なのだって、そんな笑えない真実をどのタイミングで把握できるかが法国の命運を握る……?

最後に、ブレインの格好いい戦闘描写も、相手がハムスケだと思うだけで何か言葉では表せないギャグになってしまうのですね。
それにしても、地味にブレイン大ピンチ? まあシャルティアに遊ばれるよりは遥かにマシな相手だけど、結局魂がぽっきり行っちゃうのか……?

返信:日々あとむ 2015年10月06日(火) 04:20

感想ありがとうございます。

地の文の魔獣をハムスケに変えるとなんか口から空気漏れます。


ラギット  2015年09月29日(火) 02:17 (Good:2Bad:0) 報告

グさんとザイトルクワエは犠牲になったのだ・・・証拠?隠滅の為の犠牲にな・・・・・・

そして森の支配者になったばかりに死亡フラグ(ナザリック)に狙われるリュラリュースさんェ・・・

返信:日々あとむ 2015年09月29日(火) 20:02

感想ありがとうございます。

ナザリック的死亡フラグが立ってる人一覧
1.不死王さん(まぎらわしい)
2.空間斬さん(まぎらわしい)
3.ハムスケ(誰もが憧れる地位)
となっております。


赤目  2015年09月28日(月) 00:28 (Good:3Bad:0) 報告

アインズ様とネムちゃんのやり取りを見ているとほっこりする。

アインズ様からすると、隣近所の飼い猫が、我家に遊びに来てる感じかなw

ところで、CDドラマの内容を取り入れたSSは初めて見ました。
これからも、楽しみにさせていただきますm(_ _)m

返信:日々あとむ 2015年09月28日(月) 20:04

感想ありがとうございます。

ネムちゃんとハムスケはモモンガの癒し。


ルアベ  2015年09月27日(日) 23:49 (Good:2Bad:0) 報告

モモンガが生き生きとしていた良い感じです。ハムスケと出会った時のように心にダメージを受けましたが。

反面悲惨なナザリックの者たちですが、作者様は原作者である丸山くがね先生のTwitterの短編を読みましたでしょうか?パラレルワールドみたいな感じで続かないで途中で終了していますが、この短編の語られない部分でナザリックの者たちもこの作品みたいになっているのかもと感じられるところです。

次回の更新をお待ちしています。

返信:日々あとむ 2015年09月28日(月) 00:06

感想ありがとうございます。

支配者RPしていないモモンガなので、嫉妬マスク的な意味で何かある度に心にダメージを負っていますwww

くがね先生の短編読みましたよー。続き気になりますね。ナザリックがどうなっているのかも気になります。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。