銀の狐と幻想の少女たち
作者:雨宮雪色

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

りゅーん  2019年05月19日(日) 20:50 (Good:0Bad:1) 報告

かつて結んだいくつもの縁が編み物みたいに織られて目の前に現れるって素敵な展開ですね。
メインは残念美人目当てだけど、月見と神古の繋がりも好きです。

あとは儚月抄で月見がどうなるのかも楽しみです。過去 のトラウマにより天変地異レベルで大真面目になったゆかりんガードが行く手を阻みそうだけど


そういえば超ハイペースでストック吐きまくってますが、なろうと足並みを揃える予定なんですか?


トマトねこ ID:jdycuxRQ  2019年05月14日(火) 16:41 (Good:0Bad:1) 報告

ヤベェ…面白すぎる!特に月読さんの回りが!

返信:雨宮雪色 2019年05月15日(水) 19:47

 月夜見(月読)様は当作品では出していないので、月見のことでしょうか。
 年上の男の人の周りで、少女たちが元気にわちゃわちゃしてるのはいいぞ……ということで、その魅力がちょっとでも伝われば嬉しく思います。
 ではでは、感想ありがとうございました。


きせのん。  2019年04月09日(火) 07:01 (Good:0Bad:1) 報告

この小説を書くことにしたきっかけとかありますか?
オリキャラの設定はどのくらい作りこまれているのですか?
それにしても、こんなクオリティの小説をずっと書き続けるのは本当に凄いことだと思います!

返信:雨宮雪色 2019年04月15日(月) 21:35

 きっかけは、第十話「たった一つの愛の証明」のストーリーをある日突然閃いたことですかね。それで妄想のまま書き殴って、なにを血迷ったか「これって意外と連載イケるんじゃないか?」と考え始め、盛大な見切り発車をした果てに今ここにいます。
 オリキャラの設定は、本編で書いていないことは作者もよくわかっていません。新しい設定を書きたくなったときはその都度、それぞれのキャラクターたちに尋ねに行っています。でも、本編を語る上で必要のない話はあまり教えてもらえないですね。
 改訂前のにじファン時代を含めれば、この小説ももう八年になります。いつまで掛かってしまうかはわかりませんが、完結目指してやっているのは今も昔も変わりませんので、どうか次のお話も楽しんでいただけますように。
 ではでは、感想ありがとうございました。


モモジャーフ  2019年03月10日(日) 21:49 (Good:0Bad:1) 報告

更新乙です!

御守りの下りで色々思い出して泣けてくるんじゃー!

そしてお空の気持ちにあらあらうふふ。これにはさとりさんもにっこり(愉悦)しますわ!

小傘…無茶しやがって…いやホントに

そしてまさかのぬえお留守番は自分に置き換えたらうそやん?って感じでマジ泣ける(´;ω;`)

返信:雨宮雪色 2019年03月17日(日) 23:57

 御守りの下りもおくうのアレも、前々から構想していたものなので書きながらだいぶしみじみとした思いになりました。おくうちゃんマジうにゅほ。
 小傘はもちろん、ぬえちゃんも不遇キャラとして大変優秀なポテンシャルを秘めていると思います。その事実を世に知らしめるため、ぬえちゃんはこれからもこんな感じで涙目になることでしょう。
 ではでは、感想ありがとうございました。


一般読み手 ID:IZOmiQFo  2019年03月08日(金) 19:42 (Good:0Bad:1) 報告

最新話読みました
いやー、自分の想像したグーパンシーンの何倍もよかったです!
いよいよ全てが繋がると思うと続きが楽しみです!

返信:雨宮雪色 2019年03月10日(日) 20:49

 ああいうシーン、一度書いてみたいと思っていたので大いに満足でございます。
 本日更新したお話が区切りとなり、次回から最後の過去編へ突入いたします。シリアス度合いも増していきますが、最後はお約束の大団円で締めるつもりですので、しばしお付き合いいただければ。
 ではでは、感想ありがとうございました。


一般読み手 ID:IZOmiQFo  2019年03月08日(金) 18:45 (Good:0Bad:1) 報告

いやー、弟殿の話読んだんですけど、泣くわこれ
雨宮さんって感動話作らせたらサイキョーですねこれは

返信:雨宮雪色 2019年03月10日(日) 20:41

 別に好きとか得意とかいうわけではないんですけど、たまに書きたくなるんですよね。そして上手く書けず盛大に苦しみまくるという……。
 なにはともあれ、その読後感を最終話にも持ってこられるよう頑張ります。
 ではでは、感想ありがとうございました。


モモジャーフ  2019年02月18日(月) 09:11 (Good:5Bad:1) 報告

いやもう本当に何回読み返したかわかんねぇけど竹取物語余話「いつか」がいつ見ても超泣ける!

こう好きなシーンいっぱいあって感想に書きたくてめっちゃ書いた後にこれはネタバレになると思って消したけど本当に感動して泣けるしカッコよくて泣けるしで読み返すたびに俺の服の袖はビシャビシャですわ…

いやでも本当に何回でも読み返せるくらい面白くて素敵な小説だと思います!

応援してます!

返信:雨宮雪色 2019年02月24日(日) 22:23

 こちらに投稿したのは2016年ですが、元は2013年に公開したお話で、今でも繰り返し楽しんでいただけるのはとても嬉しいです。
 これからも引き続き楽しんでいただけることを祈りつつ、完結目指してこそこそと書き続けていきたいと思います。
 ではでは、感想ありがとうございました。


凛☆  2019年02月11日(月) 22:38 (Good:0Bad:1) 報告

面白くて、とっっても読みやすいです!!
これからも更新、頑張ってくださいね

返信:雨宮雪色 2019年02月17日(日) 20:47

 ありがとうございます。地道に書き続けていきますので、これからも楽しんでいただけますように……。
 ではでは、感想ありがとうございました。


G1k3t5  2019年02月03日(日) 23:36 (Good:2Bad:1) 報告

ほんと好き!…好き!!(語彙力)

返信:雨宮雪色 2019年02月07日(木) 20:57

 ありがとうございます。感想は語彙力ではありませぬ。その一言が雨宮の確かな養分になります……!
 次回も楽しんでいただけますように ・w・)人
 ではでは、感想ありがとうございました。


月見 ID:JXOvsyA6  2019年01月07日(月) 03:55 (Good:3Bad:1) 報告

自分はこの作品を読むまでは東方の事なんて1mmも知りませんでした、ですがこの作品を見つけこの作品を読むにつれ自分は東方に惹かれてるんだなぁって思います。
この作品に出会えて感謝しています!

返信:雨宮雪色 2019年01月10日(木) 21:55

 この作品が東方に入り込むささやかなきっかけとなれば、これに勝る喜びはありません。ただ当作は独自路線に走っている部分が多く、キャラ一人一人を見ても原作と違っているところはしばしばありますので、設定を鵜呑みにしないようにだけお気をつけくださいませ。
 これからも楽しんでいただけますように。
 ではでは、感想ありがとうございました。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。