ミヤコワスレ ドロップ
作者:霜降

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

全話感想

fire-cat  2020年11月09日(月) 05:47 (Good:0Bad:0) 29話 報告

更新お疲れ様です。
さてさて、事態は風雲急を告げて来ましたが、最後の人型深海棲艦の正体は如何に? そして曙との関係とは?

返信:霜降 2020年11月09日(月) 08:22

ああぁありがとうございますううぅ!!
亀更新な上に告知が二転三転する駄目物書きの作品を待って頂き感謝感激です。

物語の方はぼちぼち、中盤の試練へ向けて色々動いているのでお楽しみに! 曙、彼女にはちょっとした秘密があるのです……?


蔵六さん  2020年04月29日(水) 02:30 (Good:0Bad:0) 27話 報告

返信ありがとうございます。すみません、ぬるい佐藤大輔オタ兼艦これ提督なんで、元ネタがあるとは全くわかりませんでした。

返信:霜降 2020年04月29日(水) 09:19

いえいえ! むしろ感想を頂けるだけでもとても嬉しいです~!


蔵六さん  2020年04月28日(火) 08:57 (Good:0Bad:0) 27話 報告

初めまして、感想を書きます。最上の挑発の意図が気になります。西村艦隊主力部隊対遊撃部隊の演習の結果が楽しみです。

返信:霜降 2020年04月28日(火) 20:42

お……おおぉ……! 感想有難うございます!! こう言うの嬉しいです。




もがみんの挑発についてですがー……期待させてごめんなさい、あれ、単なるキャラ付けですw
ただ、各挑発の台詞には実は元ネタがありまして……【完本・太平洋戦争】と言う昔の書籍の下巻に、【重巡最上 血染めの戦闘詳報】と言う話があるのです。

レイテの決戦へと向かう艦の中で、戦闘の記録を任された通信兵の西川昭美さんが書かれた記録なのですが、航海長から「これからの事は全部一言もらさず記録せよ」と言われたので、

見張長の「(敵機に手痛くやられたのを見て)時雨、大した事ないなあ」や
見張士の「(扶桑山城の速度が落ちてきた事に対し)のろい艦のお供はつらいなあ」

等の余計な一言まで文字通りもらさず記録されてるんです。当然、書かれた見張長からは「お前バカか、そんな事まで書くな」と怒られるのですが、懲りずにその後もずっと余計な一言まで記録されています。
(捕捉しますと、開戦前はそんな和気藹々とした事が書かれていますが、「血染めの」とある様に後半は結構凄惨な状況が生々しく記録されています)




とまあそんな史料を読んでしまったために、自分の中での最上のイメージが完全にお調子者キャラになっちゃいまして……キャラ崩壊ですね、うんw




今回の話はあくまで曙と最上に焦点を当てたものとなりますが、西村艦隊組は好きな集まりの一つなので、全員余すことなく魅力を引き出せたらと思っていますので、良ければ続きもお楽しみください!


夕月 日暮  2019年02月11日(月) 16:26 (Good:0Bad:0) 24話 報告

最新話まで追いつきました。
日付を見ると年明けに怒涛の更新をされていたようで……お疲れ様です!

可香谷提督が復帰して安堵したのもつかの間、漣が大変なことになったときは肝を冷やしました。
無事に済んで一安心というところですが、今度は第六駆逐隊や大本営絡みで動きがありそうですね。
今後の展開にも要注目です。

返信:霜降 2019年02月11日(月) 22:15

感想有難うございます! 自分は中々モチベが上がらないので、出た時には勢いで書かないと次のチャンスが中々来ないんですよねぇw

漣に関しては、一度沈む事も奇跡的に生還させる事も最初期から決めていた内容。
死亡はさせたくないけれど危機的状態になるシーンは書きたいと言いますか、作者の我儘で酷い目に会ってもらいました(ぉ

六駆……と言うよりも(ぶっちゃけると)響に関してのシナリオは大分終盤を予定しています。
今はまだ静かに布陣を敷いて行く感じと言いますか……何故響は六駆の話をしたがらず、避けている様な節があるのか……この辺がポイントですw(何


夕月 日暮  2019年01月03日(木) 01:00 (Good:0Bad:0) 2話 報告

新年初投稿お疲れ様です!

提督不在の状況でも艦娘たちは頑張りを見せていますし、南波さんの安心感も光りますね。
ただ、やはり可香谷提督に復活してもらい漣にもいつもの調子に戻って欲しいところです。

返信:霜降 2019年01月04日(金) 00:07

早速の感想有難うございます!
正直、更新速度がゆっくり過ぎて時々何をテーマに書こうとしていたか忘れそうで、ブレていないか自分で心配ですw

漣がメインの今回ですが、作品全体としてのメインは曙なので、その辺がいかにブレずに5話ラストを切り抜けるかが目下の課題です。


夕月 日暮  2018年04月09日(月) 21:34 (Good:0Bad:0) 19話 報告

お久しぶりです。
遅ればせながら、最新話とバレンタインのお話を拝読させていただきました。

年季の違いとでも言いますか、南波さんが頼もしく映りますね!
剛提督が立ち直るには時間もしくはきっかけが必要そうですが、近々復活することを期待しています。

バレンタインは漣の声真似に笑わせていただきました。そりゃあそっくりになるよなあw
曙のメッセージの最後の一言でほっこりしました。さすがのヒロイン力です。

返信:霜降 2018年04月09日(月) 23:51

感想有難うございます!

漣さんの振る舞い自体はとある特撮キャラクターが元ネタですが、声優ネタは前からやってみたいなーと思っていたので思い切ってやっちゃいました。彼女ならノリノリで(寧ろ嬉れ嬉れと)やってくれそうだったのでw

本当はもうちょっと長めに書きたかったのですが、いかんせんバレンタインは他の時事ネタと異なり、日にちが正確に指定されているので、どうしてもその日までに書き上げないと駄目なんですよね。

曙ちゃんは、実は現時点ではまだ提督に対して、異性的な好意までは抱いていないんですよ。現在の彼女の気持ちは「表面上は嫌っているけど、自分の事を認め受け入れてくれる存在として、無意識下では一緒に居たいと思っている」と言った感じでしょうか。前回、殴られまでして自分を庇ってくれた事で、密かに好意的な感情が芽生えていたりもするのですが……

提督に今必要なのは切っ掛けです。それがどの様な形で出てくるのかは……次回までのお楽しみですw


夕月 日暮  2018年01月23日(火) 21:40 (Good:0Bad:0) 19話 報告

連載再開おめでとうございます。
漣が無事立ち直ったようで安堵しました。七駆のこういう関係性は、見ていて微笑ましいものがありますね。

提督の方はまだ不調なようですが、訪ねてきた老人が良い方向に話を動かしてくれることを期待しつつ次の話を待たせていただきます!

返信:霜降 2018年01月25日(木) 00:33

ご感想有難うございますー!家の漣さんは、実は七駆の誰よりも真面目で繊細なんですよね。いつもふざけているのは、皆に笑っていてほしいがため。
そんな彼女の事を一番分かっているのは、普段あまり皆とつるまない朧。いつもの拳骨は、実は愛情表現なんですよ。


訪ねてきたお爺さんはですねー……彼は提督の人生において、非常に重要な役割を持った人です。それが何なのかは次回……。


夕月 日暮  2017年08月17日(木) 22:10 (Good:0Bad:0) 16話 報告

今晩は、夕月日暮です。最新話まで読ませていただきました。
全体を通して、第七駆逐隊――特に曙への愛を感じる作風でした。史実同様この作品でも曙にとって辛い出来事が続きましたが、提督や七駆、周囲の人々の助けがあれば乗り越えていけるだろう――そんな希望を感じさせる話でしたね。

梅田総監は今のところ憎い敵役といった印象ですが、キャラクターの説明を見ると単純な悪人というわけでもないようで、こういう人物が今後どのように物語を引っ掻き回していくのかも楽しみにしていきたいと思います。

返信:霜降 2017年08月20日(日) 12:34

私の作品にも感想を書いてくださる方がいるなんて……有難うございます。こう言うの、嬉しいですね。

曙の話はずっと書きたいと思っていました。そもそも、ゲームを始めた切っ掛けが、ネットでたまたま彼女の理不尽な史実を知って「この子を育ててみたい!」でしたから。頭のなかで彼女のストーリーが浮かんでは消えを繰り返していくうちに、形にしたくなり今に至ります。読み手側からみて、愛を見つけて頂けたであれば作者として嬉しいですね。

総監はーー彼の、人類を護りたいと言う想いは本物です。ただ彼にとって艦娘は【モノ】であるというだけで……例えるなら、架空の防衛組織にたまにいるタカ派の参謀とか長官みたいなイメージですね。防衛の為なら非情な事も平然とするみたいな。
(まあ、彼の言動には他にも思惑があるのですが……)



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。


感想検索
キーワード
ユーザー名 話数 並び替え
絞り込み