タイトルインフィニット・オンライン ~孤高の剣士~小説ID100615
原作ソードアート・オンライン作者黒ヶ谷・ユーリ・メリディエス
あらすじ 二十一世紀。

 世界に二つの発明が黎明期を迎えていた。

 人が絶対零度且つ真空の宇宙へと飛び立つ事が出来る鋼鉄の雙翼。空気を切り裂いてどこまでも飛翔出来る、一人の女性の夢の結晶。《インフィニット・ストラトス》、無限の成層圏と名付けられし飛翔の機器。

 現実には無い別世界、全てが零と一、二つの数字によって形作られた世界。そこに在ってそこに無い、狂った一人の男性の夢の結晶。《VRMMORPG》と名付けられし仮想空間へと旅立って戦える夢の技術。

 機器は現実世界を不平等へと狂わせ、技術は仮想世界を混迷へと導いた。

 その双方に深く関わったが故に傷付き、それでも戦う一人の幼子。家族に、人に虐げられ捨てられた幼子は、別の家族と人に救われる。

 幼子は進む。虐げられながらも進む訳は、ただ人の為。

 人から愛される事を望み、そして他人の幸福だけを望む幼子の元の名は《織斑一夏》、そして新たな名は《桐ヶ谷和人》。

 これは時に全てを喪い、時に全てを護った、幼い剣士の伝記である。



 ~推薦欄に無い本作の補足~


 本作のモットーは『原作と結果は同じ、過程が違う』。

 世界観はISの世界にSAOが登場した感じのお話。本作のメインは《ソードアート・オンライン》のデスゲーム編や仮想世界での事件なので、ISそのものはほぼ出ません。ISのキャラや設定、要素はちょこちょこ出ますが。

 ストーリーの参考は原作小説、原典となるゲーム《インフィニティ・モーメント》、《ホロウ・フラグメント》、《ロスト・ソング》、《ホロウ・リアリゼーション》、《AW×SAO 千年の黄昏》です。

 ちょこちょこ原作死亡キャラが生きてたりするので結果が違うパターンもありますが、キリトと関わりのあるキャラの生死が変わる以外は基本同じです。事件、騒動などの前後はあり得ます。

 ――――キャラの詳細に関してはキャラ設定や本編で。

 批評批判はどこがダメか、改善点などを挙げて下さると助かります。改善案も送って下さると尚助かります。

 では、本作をよろしくお願い致します。
タグ最年少主人公 基本ドシリアス 原作死亡キャラ生存あり 織斑一夏=桐ヶ谷和人 織斑アンチ 他作品要素 オリジナル展開あり Fate/要素 SAO完結 LS完結
必須タグR-15 ガールズラブ 残酷な描写 アンチ・ヘイト クロスオーバー
掲載開始2016年10月09日(日) 03:00話数連載(連載中) 296話UA368,634
最新投稿2020年05月17日(日) 01:00しおり432件お気に入り1,116件
開示設定通常投稿合計文字数4,141,403文字感想533件
感想受付設定非ログイン状態でも可平均文字数13,991文字総合評価1,438pt
評価
(黒→赤)
調整平均☆6.30:6.30  投票者数:62人 (平均評価☆6.13)
評価
☆10:18
 
 
☆9:10
 
 
☆8:4
 
 
☆7:
 
☆6:2
 
 
☆5:7
 
 
☆4:2
 
 
☆3:2
 
 
☆2:1
 
 
☆1:15
 
 
☆0:1