タイトル聞こえるか、この鐘の音が()小説ID127375
原作ロクでなし魔術講師と禁忌教典作者首を出せ
あらすじそれはある信者の剣。
自身の信念と信仰を捧げ、終わらぬ生涯振り続けたまさに信念の剣。それが振るわれるのは天が告げし鐘。彼のものは、天の告―――その代行者だった。
身の丈に合わない。まさにその通り。少年はその鐘の音を自らの意思とは関係なく受け継ぐこととなった。自身にその力は重すぎる。そう自覚していても、守りたいもののために彼はその鐘を鳴らす。

「―――聴くがよい。我が鐘の音は汝の名を指し示した。告死の羽、その首を断つ―――」



嘘です。

晩鐘を貰ったけれども、結局は鐘が鳴るだけ。むしろ自分の居場所を教えるだけという防犯ブザーにも劣るものとなってしまったのだ!
彼はこの鐘の音と共にこの世界を生き延びる……!

※此処に出てくるのは山の翁本人では有りません。そのため、口上などにも見るも耐えないアレンジが加えられています。そのようなことが苦手な方は不快になる恐れがあるため、閲覧しないことをお勧めします。
タグなんちゃってシリアス 晩鐘 Fate 独自解釈 独自設定 勘違い? 不定期更新 ご都合主義 ヒロインはシスティ
必須タグR-15 オリ主 神様転生 残酷な描写 アンチ・ヘイト クロスオーバー
掲載開始2017年07月09日(日) 19:10話数連載(完結) 24話UA579,539
最新投稿2017年09月14日(木) 22:20しおり1,393件お気に入り7,197件
開示設定通常投稿合計文字数187,763文字感想722件
感想受付設定非ログイン状態でも可平均文字数7,823文字総合評価11,968pt
評価
(黒→赤)
調整平均☆8.37:8.37  投票者数:354人 (平均評価☆7.92)
評価
☆10:17
 
 
☆9:193
 
 
☆8:68
 
 
☆7:19
 
 
☆6:16
 
 
☆5:13
 
 
☆4:7
 
 
☆3:3
 
 
☆2:5
 
 
☆1:12
 
 
☆0:1