タイトル霧隠れの黄色い閃光小説ID136746
原作NARUTO作者アリスとウサギ
あらすじ昔、九尾の妖狐ありけり。その尾の一振り、山崩れ津波立つ。
かつて戦乱の世に暗躍し、戦局を左右した忍達。彼らは今も、人のため里のため、密かに暗躍を続けている。そして、この物語は九尾の妖狐を封印され、産まれた時から、木ノ葉の隠れ里で迫害にあってきた少年。うずまきナルトが里を抜け、それでもなお、己の忍道を貫き通す物語である。

NARUTOのif物語です。あの時、イルカ先生が現れなかったら……というのを前提に書いています。

できる限り原作に合わせて書きますが、所々、オリジナル要素も出てきて、原作とは違う箇所も出てきますが、大丈夫な方のみ閲覧下さい。

こういうのを書くのは初めてなので、拙いところも多いでしょうが、よろしくお願いします!
タグNARUTO ナルト 再不斬 ハク 九尾 里抜け 黄色い閃光 波の国 カカシ サスケ サクラ 長十郎 雪の国 中忍試験
必須タグアンチ・ヘイト
掲載開始2017年10月14日(土) 02:50話数連載(連載中) 26話UA178,421
最新投稿2017年11月19日(日) 00:00しおり911件お気に入り3,852件
開示設定通常投稿合計文字数108,520文字感想165件
感想受付設定非ログイン状態でも可平均文字数4,174文字総合評価5,590pt
評価
(黒→赤)
調整平均☆8.22:8.22  投票者数:135人 (平均評価☆7.81)
評価
☆10:26
 
 
☆9:50
 
 
☆8:19
 
 
☆7:12
 
 
☆6:8
 
 
☆5:4
 
 
☆4:5
 
 
☆3:3
 
 
☆2:3
 
 
☆1:5
 
 
☆0: