タイトルアルカイックネメシス小説ID177869
原作モンスターハンター作者超次元脳トレ
あらすじ 儚屋 比黒(はかなや ひぐろ)は先を行くのが小さい頃から得意だった。サッカーでは直感でボールの軌道や速度を捉え、反射的に最高の動きをし、その圧倒的なセンスでみるみる上達。運動に関して、世界でもトップクラスだろう。
 しかし、そんな彼も星にとってはただのゴミ。増えすぎたゴミは異世界のゴミ箱に放り投げられ、駆除される。

 まるで蠱毒のようだと、星は呟いた。
タグ直感型反射的天才系主人公 元の世界と行ったり来たり 独自解釈あり オリジナル成分が濃い モンスターからは逃げられない
必須タグR-15 ボーイズラブ ガールズラブ オリ主 残酷な描写
掲載開始2018年12月23日(日) 13:00話数連載(連載中) 1話UA44
最新投稿2018年12月23日(日) 13:00しおり0件お気に入り0件
開示設定通常投稿合計文字数5,005文字感想0件
感想受付設定ログインユーザーのみ平均文字数5,005文字総合評価0pt
評価
(黒→赤)
調整平均☆-.--:-.--  投票者数:0人 (平均評価☆-.--)
評価
☆10:
 
 
☆9:
 
 
☆8:
 
 
☆7:
 
 
☆6:
 
 
☆5:
 
 
☆4:
 
 
☆3:
 
 
☆2:
 
 
☆1:
 
 
☆0: