タイトル魔道士リザの冒険譚(星のドラゴンクエストStory冒険日誌)小説ID192823
原作星のドラゴンクエスト作者ジョギー
あらすじアタシは魔道士リザ。
かつてブルリア星の全てを冒険したという
「冒険王ガイアス」の孫。
アタシは3人姉弟で弟がジョギー、
妹がレイファンというの。

アタシ達姉弟はモモンガ族のモガ丸と、
その友達スラッピというスライム、
そして、ある理由で現在は『冒険王の書』
という本の中に閉じ込められている
祖父ガイアスとともに、
かつて祖父がそうしたように
ブルリア星での冒険を始めた。

アタシ達姉弟には幼い頃の記憶がなかった。
だから祖父の事も「祖父だと名乗る、本の中にいる
不思議な人物」という認識でしかなかった。
祖父は何か知っているようではあったけど
アタシ達に記憶がない事を特に悲しむでもなく
意識するでもなくアタシ達に優しく、
そして諭すように導くように接してくれた。

冒険を進めるうち、ここブルリア星には
魔星王ドスラーデスという邪悪で強大な魔物が
存在するという事を知り、その背後に
宇宙政府という組織が存在する事も知った。

冒険を通じて得たたくさんの友人・仲間達の
協力を得てアタシ達は激闘の末、
魔星王ドスラーデスを打ち倒したの。
そしてアタシ達の記憶喪失の原因や両親の謎も解けた。

アタシ達は記憶を取り戻したわけではなかったけど
冒険を通じ、その偉大な姿を見続けるうち、
祖父のことをホントの祖父と慕うようになっていた。

ドスラーデス打倒の際に祖父はその力を
使い果たしてしまい、しばし休息が必要と
なってしまった。
アタシ達は祖父から新しい冒険王を
名乗る事を許された。

2代目冒険王誕生の瞬間!

そう、これからはアタシ達が冒険王となって
祖父の代わりにブルリア星の平和を
守っていかなくっちゃならない。
アタシ達は冒険王と認められた事を
誇りに思うと同時にとても大きな責務を
背負っていかなきゃならないという覚悟を
胸に刻んだの。
それに・・・ドスラーデスはいなくなったものの、
宇宙政府そのものは依然として宇宙に
君臨し続けているわ。
きっと、いずれまた戦う事になるだろう。

そして・・・。
ブルリア星に平和が戻ってからしばらくした
ある日の出来事からこの物語は始まるわ。
タグ星のドラゴンクエスト ドラゴンクエスト
必須タグオリ主
掲載開始2019年05月30日(木) 15:20話数連載(連載中) 52話UA1,118
最新投稿2019年09月11日(水) 23:45しおり0件お気に入り4件
開示設定通常投稿合計文字数187,446文字感想0件
感想受付設定非ログイン状態でも可平均文字数3,605文字総合評価4pt
評価
(黒→赤)
調整平均☆-.--:-.--  投票者数:0人 (平均評価☆-.--)
評価
☆10:
 
☆9:
 
☆8:
 
☆7:
 
☆6:
 
☆5:
 
☆4:
 
☆3:
 
☆2:
 
☆1:
 
☆0: