タイトル星々の王と妃小説ID227580
原作魔法科高校の劣等生作者旭姫
あらすじ2079年、四葉家の直系にとある男児が生まれた。

生まれた子供は達也と名付けられたが、彼の魔法適正を確認したことで“出来損ない”や“不良品”等の失烙印を押された。

彼は“四葉の罪の結晶”と言われ処分されそうになったが、四葉真夜と深夜の姉妹によって免れた。

やがて、彼が6歳になり、前当主英作がなくなると再び処分されそうになった。

そこで、真夜と深夜は個人的に親睦のあるUSNAのヴァージニア=バランスに預けることにした。

達也は引き取られる前に真夜から『流星群(ミーティア・ライン)』を受け継いで日本を出た。

USNAでは、リーナやレイモンド=クラークなどの友人に恵まれたり、義母であるバランスの仲介でスターズに入隊する

2092年、日本の沖縄にて、国防陸軍の魔法に特化した部隊とUSNAのスターズの合同訓練が行われ、達也とリーナはそれに参加していた。

しかし、その時に大亜連合が攻めてきて、それを退ける

その戦いで達也はスターズでの実力が認められリーナと共に【星々の王と妃】と言う異名をつけられ、リーナはシリウスを受け継ぎ、達也は国際魔法協会の理事として活動するようになった。


―――――――――――――――――――――――


この作品は原作及びアニメを元にして進めていきます。

また、この作品の最終目的は映画魔法科高校の劣等生~星を呼ぶ少女~の所までを予定しております。

(予定は変更する可能性がありますのでご了承ください。)

(また、来訪者編はとばします。)


―――――――――――――――――――――――
〈お願い〉

・なにか読んでてこのタグ必要だな、と思った方は感想にてコメントしていただけると幸いです。

・ちょくちょくアンケートが出てきますので、回答をよろしくお願いします。

・たまに誤字が出ることがあります。誤字を発見しましたら、お手数ですが、誤字報告をよろしくお願いします。
タグ司波達也 アンジェリーナ=クドウ=シールズ レイモンド=クラーク 達也×リーナ 台本形式
必須タグ
掲載開始2020年06月14日(日) 12:59話数連載(完結) 89話UA115,579
最新投稿2021年10月14日(木) 20:00しおり194件お気に入り518件
開示設定通常投稿合計文字数194,524文字感想21件
感想受付設定ログインユーザーのみ平均文字数2,186文字総合評価613pt
評価
(黒→赤)
調整平均☆6.19:6.19  投票者数:20人 (平均評価☆6.00)
評価
☆10:3
 
 
☆9:5
 
 
☆8:2
 
 
☆7:
 
☆6:1
 
 
☆5:2
 
 
☆4:2
 
 
☆3:
 
☆2:1
 
 
☆1:3
 
 
☆0:1