タイトル小学生に逆行した桐山くん小説ID232624
原作3月のライオン作者藍猫
あらすじプロとして大成して、八冠まで成し遂げた桐山零くんが、逆行してあの事故の直後(小学3年生)に戻る話です。
2回目の人生。幸田家には迷惑はかけられない!と施設に入った上でプロ棋士を目指します。
大人として、プロ棋士として生きた数十年の記憶がある彼の行く手を阻めるものは居ない…。周囲と将棋界に嵐を巻き起こしながら、桐山くんは理想の対局を求めて突き進んでいきます。
(この小説はpixivにも投稿しています。向こうではすでに完結済みです)
タグ3月のライオン 逆行 桐山零 一部掲示板形式あり 本編完結済み
必須タグ
掲載開始2020年08月09日(日) 00:00話数連載(完結) 55話UA498,024
最新投稿2020年09月04日(金) 12:00しおり2,077件お気に入り7,474件
開示設定通常投稿合計文字数457,161文字感想247件
感想受付設定ログインユーザーのみ平均文字数8,312文字総合評価19,813pt
評価
(黒→赤)
調整平均☆9.22:9.22  投票者数:731人 (平均評価☆8.98)
評価
☆10:228
 
 
☆9:402
 
 
☆8:49
 
 
☆7:18
 
 
☆6:9
 
 
☆5:10
 
 
☆4:5
 
 
☆3:4
 
 
☆2:4
 
 
☆1:2
 
 
☆0: