幼少期、ある出来事によって声を失った少年、比企谷八幡。
平穏に暮らしていた彼はある日、国語教師の平塚によってある部活に導かれる。
その部の名は奉仕部。
陽だまりが照らす教室で、八幡は一人の少女と再会する。
生まれつき異常な肉体を持ち、心の中にもう一つの人格を持つ少年は、かつて救った少女とどう向き合うのか。

初投稿です。原作を片手に執筆しておりますので、オリジナルになると短いです。矛盾点があれば容赦無く指摘してください。豆腐メンタルですが頑張ります。

追記、オクタ時の八幡を下手なりに描いてみました。↓
追記2、八幡の設定紹介の部分を少し修正しました。


【挿絵表示】

一章 〜物語は動き出す〜
  1.声を無くした少年は、かつて救った少女との再会を果たす。2016年12月19日(月) 18:22()
  2.声を無くした少年は、孤独な少女と戯れる。2016年12月19日(月) 18:49()
  3.声を無くした少年は、古き記憶を見る。2016年12月19日(月) 19:04()
  4.声を無くした少年は、孤独な少女の心を聞く。2016年12月19日(月) 19:45()
  5.声を無くした少年は、初めての依頼を聞く。2016年12月19日(月) 20:01()
  6.声を無くした少年は、初めての依頼に悪戦苦闘する。2016年12月19日(月) 20:22()
  7.声を無くした少年は、少女を諭すために企む。2016年12月19日(月) 21:05()
  8.孤独な少女は、かつて愛していた少年を思い出す。 上2016年12月20日(火) 18:48()
  9.孤独な少女は、かつて愛していた少年を思い出す。 中2016年12月21日(水) 07:00()
  10.孤独な少女は、かつて愛していた少年を思い出す。 下2016年12月22日(木) 19:16()
  11.声を無くした少年は、面倒なクラスの様子を見る。2016年12月23日(金) 00:26()
  12.声を無くした少年は、残念イケメンな友人の依頼を聞く。2016年12月23日(金) 19:39()
  13.声を無くした少年は、己が責務を全うする。2016年12月24日(土) 10:18()
  14.声を無くした少年は、ボクっ娘と出会う。2016年12月26日(月) 17:25()
  15.声を無くした少年は、ボクっ娘の依頼を聞く。2016年12月26日(月) 18:09()
  16.声を無くした少年は、無双する。 上2016年12月30日(金) 23:04()
  17.声を無くした少年は、無双する。 下2016年12月31日(土) 10:43()
  18.少女たちは、狂喜乱舞する。2016年12月31日(土) 11:41()
  19.唐突に、設定紹介は始まる。2016年12月31日(土) 12:26()
  20.第一章 エピローグ 物語は動き出す。2016年12月31日(土) 21:25()
二章〜穏やかな日常〜
  21.声を無くした少年は、少女たちと会話する。2017年01月16日(月) 07:09()
  22.声を無くした少年は、天敵の依頼を聞く。2017年01月17日(火) 18:40()
  23.声を無くした少年は、チェーンメールの真意に気づく。2017年01月22日(日) 00:27()
  24.声を無くした少年は、悩める少年の依頼を聞く。2017年01月23日(月) 16:16()
  25.声を無くした少年は、色々行動する。 上2017年01月27日(金) 07:25()
  26.声を無くした少年は、色々行動する。 中2017年01月31日(火) 11:45()
  27.声を無くした少年は、色々行動する。 下2017年02月03日(金) 10:44()
  28.声を無くした少年は、少女と遊びにいく。2017年02月06日(月) 16:20()
  29.声を無くした少年は、義妹と遊びに行く。2017年02月22日(水) 17:44()
  30.声を無くした少年は、孤独な少女とデート(仮)する。2017年03月06日(月) 16:22()
  31.声を無くした少年は、友人の誕生日を祝う。2017年04月16日(日) 20:42()
  32.声を無くした少年は、課外活動へと向かう。2017年06月01日(木) 08:45()
  33.声を無くした少年は、ボランティア活動を楽しむ。2017年06月05日(月) 21:44()
  34.声を無くした少年は、わりと楽しむ。2017年08月02日(水) 23:02()
  35.声を無くした少年は、話し合う。2017年08月18日(金) 16:05()
  36.声を無くした少年は、少女たちの意思を知る。2017年09月18日(月) 15:39()

読者層が似ている作品

心を殺した少年(作者:カモシカ(仮))(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

数々のトラウマを抱え、心を殺した少年は、この出会いに何を見出だすのか。▼この作品では、葉山やその他俺ガイルキャラにアンチヘイトをするつもりはありません。アンチヘイトに類することがあっても、あくまでそのキャラの成長への布石です。▼作者はとても書くのが遅いので、投稿ペースはゆっくりです。


総合評価:1163/評価:5.71/話数:25話/更新日時:2017年12月07日(木) 20:40 小説情報

俺が青春なんてして良いのだろうか(作者:nasigorenn)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

幼い頃の好奇心から父親を死なせてしまった八幡。▼幼い彼の精神はその事実に耐えきれずに崩壊してしまうはずだった。▼しかし、唯一の家族である小町を残して壊れるなんてことを彼は許さなかった。▼だからこそ彼女の為にも、そして自分の所為で死んでしまった父親の為にも、彼はその仕事を継いだ。▼これはそんな彼が織りなす青春? の物語である。


総合評価:2733/評価:7.13/話数:73話/更新日時:2017年12月10日(日) 00:05 小説情報

異常なまでの恐怖症(作者:アルスDQ)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

《もし、比企谷八幡が極度の女性恐怖症だったら…》▼これは、そんなお話です。原作なんかでは甘ぬるい、酷く過酷な過去を送った彼のお話です。▼もしかしたらこうなっていたかもしれない『彼』の学校生活をどうぞ!▼pixivでも連載中なのでよかったらどうぞ。▼そしてなんと、比企谷白良(比企谷母)を瞬木ダークサイド隼人さんが描いてくださいました!まだ下書きということですが…


総合評価:1372/評価:5.83/話数:28話/更新日時:2017年07月20日(木) 23:00 小説情報

比企谷八幡は失踪することにした。(作者:amedama)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

文化祭、修学旅行が終わり、八幡は奉仕部の2人に拒絶されただけではなく、学校内でもいじめを受け始めていた。▼そんな中、叔父の提案で八幡は京都への逃亡を計画する・・・。▼※注:作中に「地下鉄に乗るっ」シリーズのキャラクターが出てきますが、それらの作品と連動させるわけではなく、クロスオーバーでもありません。▼でも、八幡との絡みは入れます。▼そして、この作品はアンチ…


総合評価:1826/評価:6.14/話数:12話/更新日時:2017年11月14日(火) 21:46 小説情報

やはり雪ノ下雪乃が優しいのはまちがっている。(作者:Nastya)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

 奉仕部部長、雪ノ下雪乃。彼女は優しい。ぼっちの俺にも優しく接してくれる彼女だが、何故優しく接してくるのだろうか。▼ その理由。それは、想像し得ない、予想だにしない、運命的なものだった――。▼ 本小説はPixivにてマルチ投稿しております


総合評価:4469/評価:8.02/話数:32話/更新日時:2017年08月15日(火) 18:22 小説情報

救いは犠牲を伴って(作者:ルコ)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

▼出会いは始まりの街。▼彼はヒーローのように全てを助けてくれる。▼そう思っていた。▼彼は欺瞞のヒーロー。▼彼に全ては救えない。▼彼に自分は救えない。▼そんな彼に救われ続けた私のお話。


総合評価:8686/評価:8.43/話数:65話/更新日時:2017年06月17日(土) 09:54 小説情報

比企谷八幡を追いかけて…(作者:電柱人)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

▼総武高校に入学した日代 白(ひしろ しろ)はとある男子を追いかけていた。▼彼の名前は比企谷八幡、誰にも頼らず、いつも一人で行動している。▼そんな彼に興味をもった彼女とのストーリー▼この話は入学式から始まります。▼俺ガイルキャラは出てきますがいつになるかわかりません。▼また、初めての投稿なので文章力がありません。▼展開が嫌いな方などはブラウザバックをお願いし…


総合評価:639/評価:6.20/話数:16話/更新日時:2017年11月16日(木) 20:02 小説情報

彼と彼女は尚も進む(作者:青木々 春)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

『修学旅行』▼あの日、奉仕部に拒絶され京都の町を歩いていた。▼車に轢かれそうな少女を庇い、二度目の事故を起こす。▼その事故は彼に『本物』を与えてくれるのか!?▼そこから彼と彼女の青春ラブコメは始まってゆく!▼処女作です!何かご指摘があればお願いします。


総合評価:663/評価:6.83/話数:12話/更新日時:2017年11月07日(火) 21:45 小説情報

俺が学戦都市にいるのは間違っていない(作者:ツバメ3号)(原作:学戦都市アスタリスク)

修学旅行後、学校中で悪口を言われまくり精神的にはきていた比企谷八幡。▼小町が何があったのかと聞いてきて真実を話すも、説教され言い合いなり頬を叩いてしまった八幡!▼運悪く、頬を叩いた瞬間を親に見られてしまう。▼それがきっかけで家を追い出されてしまう!?そして力が暴走して気絶してしまう八幡。▼起きるとそこは知らない天井だった。▼そこに住んでいる1人の女性の提案で…


総合評価:1110/評価:6.40/話数:37話/更新日時:2017年10月01日(日) 22:04 小説情報

比企谷八幡 「・・・もう一度会いたかった」(作者:TOAST)(原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)

比企谷八幡、社会人10年目。▼外資系投資銀行の中堅エースとして順調な人生を歩むこの男にも、忘れられない過去の恋があった。▼もしもあの日、あの場所に戻れるのなら、彼は何かを変えられるのだろうか。▼脇役でオリキャラを出します


総合評価:16836/評価:9.15/話数:34話/更新日時:2017年08月08日(火) 10:13 小説情報