「私はきっと、狂っていたのだろう」

望まれはせず、称えられもせず、嗤われることすらない。
嫌われもしなければ、拒絶されることも、蝕まれることも。

その精神は光を失っていたのだろう。
やがて降りる悪意に、男は瞳を開くのだろうか。
 
 ▲ページの一番上に飛ぶ