七耀暦1204年。

 最強の猟兵団の一角に所属していたある少年は数奇な運命の導きの元、トールズ士官学院に入学することに。

 猟兵だった頃に比べ色々と制約に縛られることが多く、不自由をしながらも同じ仲間《Ⅶ組》のメンバーたちと帝国の問題へと立ち向かうことになる。

※別のサイトですが、同じタイトルの軌跡二次があるそうなので、再び変更します。読んでくださっている方々にはご迷惑をお掛けすること申し訳ないです。タイトル及びあらすじ変更しました。元《紅の軌跡》です。読みは『ひしょくのきせき』でお願いします。
序章 トールズ士官学院
  act01()
  act022013年10月19日(土) 22:19
  act032013年11月23日(土) 18:58
  act042013年12月08日(日) 19:03()
  act052013年12月09日(月) 17:21()
第一章 初めての実習
  act062013年12月16日(月) 01:06()
  act072013年12月22日(日) 01:22
  お知らせ
 ▲ページの一番上に飛ぶ