闇が消えて、眩しい場所が見える   作:コッコ@真っ姫患者

1 / 1
私の、受験期間の真姫ちゃんとの妄想に加筆修正を加えたものです。完全に誰(も)得(しない)内容になっているかも知れませんがご容赦ください。
また、この作品が初投稿となるため拙い点は多々あるかと思われます。
一応、主人公は男性とも女性とも取れるような台詞としておりますが、私の拙い語彙では男性寄りの視点になってしまっています。その点も踏まえて読んでいただけると幸いです。

この作品を読んで頂く方の中の「真姫ちゃん像」と私の中の「真姫ちゃん像」に違いはあるかも知れませんが(と言うよりも同じ方はいないだろうと思っております)その点もご了承ください。

「あっ、これ多分ヤバいやつだな。」と感じたら早めに出た方が良いのかも……知れません。






闇が消えて、眩しい場所が見える

まだ桜は咲いていないが、確実に春が近寄ってきている、三月の初旬を少し過ぎた頃。

 

受験には尽く敗れ、残すは国公立後期の試験のみとなっていた。

 

ここで落ちれば浪人生となる。親にも経済的な負担をこれ以上かけたくないので、極力浪人にはならないつもりでいる。

 

第一志望の大学に落ちていたのはさしてショックにならなかった(というよりは、ショックを受けていないと自分で自分を誤魔化していただけなのかも知れない)が、流石に今まで落ちてきた数を振り返ると積もりに積もったものはある。

 

 

 

 

人通りの多い通りから1本脇道へと入って、少し歩くと小さな公園がある。

 

普段ならこの道を通ることは無いが、今日はこの道に引き寄せられた。

 

一番最後に来たのはいつ頃だろうか。恐らく……予備校の夏期講習の帰りに寄った時だろう。少なくとも半年は経過しているはずだ。

 

 

 

「どうする?何か飲む?」

 

「そうね……缶のトマトジュースで良いかしら。」

 

「わかった。……ん」

 

「ありがと。」

 

公園の入口にある車止めに二人揃って寄りかかる。

 

「それで……今のところは私大も全部ダメで、残りは後期だけなのよね?」

 

「そうなんだよね……。センターリサーチでもA判定は出ていたし流石に1つは受かっていると思ったんだけどね。まさかここまで追い詰められるとは思ってもなかったよ……。」

 

「文科省が入学者数の厳格化を図った影響……なのかしらね。」

 

「例年通りなら受かってたのかな……。今さら気にしても意味は無いんだけどね。」

 

「まっ、私は進学先が決まってるから気が楽だけど、あなたは残り数日が1番大変な時ね。

ふぅ、ご馳走様。近くにゴミ箱は…あったわ。」

 

「ここで巻き返せないと……だからね。取り敢えず頑張るよ。」

 

「あら、結局缶とペットボトルの分別が意味無いタイプのゴミ箱ね……。しっかりやんなさいよ?

 

………………今なら、私がちょっとだけ……元気分けてあげても良い…わよ。」

 

 

 

「……ありがと……それじゃあ、ちょこっとだけお言葉に甘えさせてもらうね……。」

 

 

と言うと、車止めに寄りかかろうとせず、目の前まで歩いてきた。

 

「あの…………元気分けてくれるってど

 

最後まで言おうとしたが、言い切れなかった。

 

 

「えっと……その…………真姫…サン?」

 

 

いきなり抱き締められて、言葉は全て吹き飛んでしまった。

いつもよりも近くから声が聞こえる。普段は聞こえもしない息遣いまでもが意識される。

 

 

 

「言ったじゃない。……元気、分けてあげるって。」

 

 

 

今まで、全てを溜めていた堰が壊れた。

 

 

涙を流すまいとはしていたが、心の奥底では不安を打ち消して欲しかった。認めて欲しかった。

──安心で満たされたかった。

そんな、醜くも切実な願いが溢れ出してきた。

 

もしかしたら、その願いが叶うとしたら今この時しか無いのかも知れない。

 

そんな風に思っていた。

 

 

 

「……ありがとう……ありがとう…………大好き……大好き…だよ……」

 

 

「ちょっとねぇ、大好きって言ってくれるのは嬉しいけど……どうして、そんなに縋るような"大好き"なのよ……ポジティブな言葉なんだから、もうちょっとポジティブな感じで言いなさいよ。」

 

 

「……ごめん……今まで溜まってたものが全部……自分でも良く分からなくて……」

 

「まだ、何もかもが終わった訳じゃ無いのよ?それならこんな所でクヨクヨしている暇は無いわよ。」

 

 

「そう……なんだけど、ここまで来ると、本当に自分なんかが受かれるのか……それこそ、この先どうなるのかも不安になって……」

 

 

何もかも抑えられなかった。

嗚咽も、不安も、自己卑下心も、何もかもを抑えられなかった。

 

 

「ほら、泣かないの……もう、仕方ないわね。」

 

一瞬、息が出来なくなった。

 

何をされているのか気付き頭を動かそうとしたが、後ろに手が添えられていてそれは敵わなかった。

 

それでも、今までの不安や自己卑下心が暖かさに溶けていくような感じがして、気が付けば身を委ねていた。

 

 

 

その後、どれくらいの時間が過ぎただろうか。

 

一瞬の夢幻であったような気もするが、永い間こうしていたような気もする。

 

「……で、どうだったの?」

 

「どうだったの?って……その…………幸せすぎて頭が真っ白で……」

 

 

「ほら、あなたの悩みなんてこのくらいで吹き飛ぶようなちっぽけな悩みなのよ。

 

……そっ…それに!私がここまで元気分けてあげたんだから受かってきなさいよ!」

 

 

途中から、ついさっきまで自分が何をしていたのかを意識し始めて、少し恥ずかしがる姿がとても愛おしい。

 

言われた通り、本当は私の悩みなんて小さなものだったのかも知れない。そこに、不安や色んなものが混ざりこんで大きな虚像を作り上げていただけなのかもしれない。

そんな風に考えると、気持ちは軽くなった。

まだ涙は乾き切っていないが、前を向いた。

 

「ありがとね。お陰で頑張れそう。……大好き…だよ。」

 

「ふふっ♪ ちゃ~んと、ポジティブな感じで言えたわね。」

 

「うん。何か、今まであった闇が消えた気分だよ。」

 

「それなら良かったわ。……でっ、でも、今日のことは受験が終わったらすぐに忘れること!良いわね!」

 

いつもはツンデレな一面を見せてくれているが、本当にどうしようも無くなった時に見せてくれる優しい一面。

出来れば、その優しい一面は出来るだけ見ないで済むに越したことは無いのかも知れない。

何はともあれ、通常運転に戻ったということは、私はどうしようもない状態を抜け出せたということなのだろう。

 

その後は他愛もない話をしながら駅まで向かい、そこで別れた。

 

 

 

 

 

振り返ってみると、私は常に与えられる側の人間だった。

いや、ここで過去形を使うのは少し違うかもしれない。今でもまだ与えられる立場に甘んじているのだから。

 

もしかしたら、自分は無力で愚かで何も出来やしない。そんな考え方に毒されていたのかもしれない。

そんな自分が何かをして喜ばせてあげることが出来るのか、楽しくさせてあげることが出来るのか、何かから守ってあげることが出来るのかと。

 

しかし、今でもこうして元気を貰って生きている。それこそ、今後も何かある度に頼りたくなるかも知れない。癒されたいと願うかもしれない。時には赦されたいとすら思うかもしれない。

 

ならば、何か……ほんの少しでも良いから恩を返したい。

 

 

心の闇が消えて、少し考え方が変わった。

 

確かに私は無力で愚かかもしれない。それでも出来ることはまだある。

 

それを、恩を返すために使って生きていこうと思った。

 

 

 

今までは、受験勉強が楽しい……と、科目によってはそう思ってすらいた。

もしかしたらそれは、受験のプレッシャーから逃げるために自分を欺いていただけなのかも知れない。

でも、今は無性に勉強をしたくなっていた。

 

恩を返す最初の一歩を、合格の二文字で飾るために。

 

 

そんな事を考えながら、帰宅の途に就いた。




3/15現在、私は後期試験を終えて結果発表を待っている身です。
合否の結果が出てから、少し最後の部分に加筆する予定であります。

最後に、私の小説をここまで読んで頂き誠にありがとうございました。
以上を持ちまして、後書きを締めくくらさせて頂きます。

感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
一言
0文字 一言(任意:500文字まで)
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。