ある雨の日に、女は真っ白な赤ん坊を拾った。女は生来の優しさから、その赤ん坊を拾い自身の手で育て上げた。四苦八苦しながら、子供の成長を自身の事のように喜んで、思い出を積み重ねた。

それが約18年前。

その赤ん坊は今

「おはよう、母さん。今日も綺麗だね。」

「ん"ん"っ」(おはよう、ベル。)

滅茶苦茶美青年になっていた。

甲斐甲斐しく世話をやき、戦闘時には必ず自分を守ってくれて、人肌が恋しい時は閨を共にしてくれる。そして、明らかに自身に向けられた好意。

ハッキリ言おう。めっちゃくちゃ自分のタイプに育ってしまったのだ。


女の主神は語る

「ウチ知ってるで、逆光源氏言うんや。半分事案やでこれ。」

「うるさいっ!私のせいじゃないもんっ!」

普段の冷静さなんてかなぐり捨てて、女は顔を真っ赤にしながら叫んだ。

「誰だ!あの子をこんな子にしたのは!あぁ!わかってるよ!私だよ!こんちくしょうめ!…でも、好き…」

これは、意図せずして逆光源氏をしてしまった、恋愛経験・耐性ZEROなハイエルフの、成長日記である。

マザーズ・クロニクル
  王族妖精奮闘母子手帳〜0歳〜①()
逆光源氏物語
  プロローグ ~どうしてこうなった〜2019年08月23日(金) 16:11
  息子の癖に生意気だ〜リヴェリア様は喰われたい〜2020年06月23日(火) 09:36()
  〇〇しないと出れない部屋〜プロローグ〜
 ▲ページの一番上に飛ぶ

読者層が似ている作品

オラリオで英雄を目指す少年が2人の女性に憧れて恋に落ちるのは間違っているだろうか?(作者:三日月コウヤ)(原作:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか)

もしも主人公のベルが重い過去を背負いながらダンジョンでアイズとリヴェリアの2人に助けられて憧れたらという設定。二途だけど一途で(自分でも何を言ってるのわからない笑)ますっすぐな少年が2人の女性に、女性2人も少年に同じファミリアで過ごしていくうちに惹かれていきながら冒険していく…そんな感じの物語です▼*この作品は変なスキルや魔法を多く取得したり原作の設定をぶち…


総合評価:1175/評価:6.71/話数:52話/更新日時:2020年11月22日(日) 01:43 小説情報

英雄に鍛えられるのは間違っているだろうか?(作者:超高校級の切望)(原作:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか)

アストレア・レコードの後のIFを読んで衝動的に書いた。


総合評価:2319/評価:8.70/話数:21話/更新日時:2020年10月05日(月) 02:01 小説情報

『最後の英雄』を夢見て(作者:なすむる)(原作:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか)

これは、『最後の英雄』の物語


総合評価:1861/評価:9.02/話数:5話/更新日時:2020年11月05日(木) 22:51 小説情報

正義冒険譚(作者:現魅 永純)(原作:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか)

 泡沫の夢の続き。▼ 暗黒期に英雄が現れ、不殺で死者を出さずに終えた夢物語の中で、“自分”に憧れた少年が“自分”とは別の道を辿る物語。▼※今作は『盤外の英雄』の続編作品となります。一応見ずとも分かるような説明にはしますが、「どうしてこんな世界線なのか」というのを知りたい場合は、下のURLから飛んでそちらを先にご覧下さい。原作からかなり離れた話になりますので、…


総合評価:2086/評価:9.24/話数:6話/更新日時:2020年11月30日(月) 01:28 小説情報

盤外の英雄(作者:現魅 永純)(原作:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか)

 七年前、オラリオに於いて『暗黒期』の最盛期とまで言われた闇派閥活性期間。正義と悪の拮抗は、二年後に終息した。───多くの人々、神々が天へと至る、最悪の結果を残して。▼ キッカケとなった七年前の悪夢に“正義”はあれど“英雄”は在らず。この暗黒期の中で英雄の資格を手にした者は多くとも、最初から最後まで英雄たらしめた存在はいない。▼ 故にもし、英雄が居たのなら─…


総合評価:4807/評価:9.33/話数:29話/更新日時:2020年09月04日(金) 20:00 小説情報

ラビット・プレイ(作者:なすむる)(原作:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか)

何かの手違いで一年早く迷宮都市に来たベル・クラネル。華々しい英雄譚と共に、泥臭い開拓史や航海史も好む彼は迷宮に何を望むのか?▼正史より幼く、弱く、甘い。そんな彼が、一癖も二癖もある仲間と共に、未知へと挑む。▼これは、家族と歩み、皆で刻む▼『冒険の思い出(アヴァンチュール・スーヴニール)』


総合評価:5049/評価:8.90/話数:100話/更新日時:2020年11月15日(日) 10:53 小説情報

さあ──『喜劇』を始めよう!(作者:Sakiru)(原作:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか)

それは何の因果か。▼少年(ベル・クラネル)はその英雄譚を聞いた時──嘗ての記憶(ぜんせ)を思い出した。『始まりの英雄(アルゴノゥト)』と呼ばれていた己の記憶を──。▼そして十数年の刻が流れ────。▼「ふはははははは! 迷宮都市(オラリオ)よ、待たせたな! 遂に私が来たぞ! このベル・クラネルがな! そして今一度誓おう! 私は『英雄』に至る!」▼さあ──『喜…


総合評価:7109/評価:8.99/話数:28話/更新日時:2020年11月29日(日) 19:00 小説情報

聖女と直死(作者:ふぁにむー)(原作:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか)

万物の死を視る少年と全てを癒す少女。▼時代はオラリオ暗黒期。▼聖女と誰かを絡ませたいと思って書いたものです。駄文、設定無視、なんでもありという方はどうぞ。完全に自己満足です。一応タグ付けたけど空の境界要素はほぼありません。


総合評価:3967/評価:7.65/話数:20話/更新日時:2020年11月07日(土) 17:45 小説情報

ダンジョンに異世界のアイテムを持ち込むのは間違っているだろうか(本編完結)(作者:にゃはっふー)(原作:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか)

ただこれ出したら面白くねえ?という理由からできました。▼原作3年前、アイズが13、ベル11歳の頃の物語です。どこまで行くか分かりませんが、お付き合いください。▼2020年8月1日、短編から連載に変えました。▼2020年8月30日、第16話・小話四つ目、最後。多くの指摘から気づき、文字数を少し増やして、簡単な描写を増やしました。


総合評価:5741/評価:7.87/話数:28話/更新日時:2020年10月12日(月) 21:00 小説情報

アマゾネスで男に生まれるのは間違っているだろうか(作者:舟山 小道)(原作:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか)

 アマゾネスという人種をご存知だろうか?▼ 褐色の肌が特徴の好戦的な人種。性格は大体が荒っぽくなるが、大人しい者もいる。強い雄を求め、その子供を孕む事を望む。恋をしたら非常にめんどくさく、何を言っても聞かない。弱者を蔑み、強者である事を至上とする。全ての人種と交配が可能である。生まれてくる子供全てがアマゾネスになる事。▼ 何より、女しか生まれない。▼ これは…


総合評価:6953/評価:8.12/話数:5話/更新日時:2020年08月06日(木) 18:11 小説情報