乾季のパラオで、当てどなく車を走らせる長門。戦地から作家たちにファンレターを送り続けた古鷹。排他的な信仰に生きる響。南ドイツの片田舎出身で騙されやすいグラーフ・ツェッペリン。右腕を失って一線を退いてから変わってしまった那智。矛盾を抱えた刹那主義者の時雨……。

 二十年前に終戦、講和を迎えた深海棲艦との戦争に艦娘「加賀」として従軍した著者が、かつての戦友たちの思い出や、記録に埋もれてしまったあの戦争の記憶を物語る回想録。

著者紹介:正規空母 加賀
広島県出身。十五歳から二十五歳の時に終戦を迎えるまで、深海棲艦との戦争に艦娘「加賀」として従軍。南方海域強襲、鉄底海峡攻略、トラック泊地防衛戦、敵性深海棲艦本拠地攻略作戦などに参加。退役後はネットを中心に作家、翻訳家として活動。著書に「船乗りは帰ってきた」(朝潮出版)、「一年間の休暇」「栄光の艦娘空挺隊」(黒潮文庫)他。訳書には、グラーフ・ツェッペリン「Verdammt, wir leben noch(ちくしょう、私たちはまだ生きている)」などがある。


(pixivにも投稿)
  01「長い前書き:私」2016年04月26日(火) 07:00()
  02「長門型戦艦:長門」2016年04月26日(火) 12:00()
  03「戦争の後で」2016年04月26日(火) 18:00()
  04「古鷹型重巡:古鷹」2016年04月27日(水) 09:00
  05「手紙」2016年04月28日(木) 09:00()
  06「暁型駆逐艦:響」2016年04月29日(金) 09:00
  07「追想」2016年04月30日(土) 09:00()
  08「グラーフ・ツェッペリン」2016年05月01日(日) 09:00()
  09「“敵”」2016年05月02日(月) 09:00()
  10「妙高型重巡:那智」2016年05月03日(火) 09:00()
  11「卑怯者」2016年05月04日(水) 09:00()
  12「白露型駆逐艦:時雨」2016年05月05日(木) 09:00()
  13「短い後書き」2016年05月05日(木) 11:00()
新版発行に寄せての書き下ろし
  14「笑えない話」2016年05月08日(日) 09:00()
  15「陽炎型駆逐艦:不知火」2016年05月09日(月) 09:00()
  16「とりとめのない話」2016年07月05日(火) 09:00()
  17「人を食った話」2018年03月08日(木) 08:00()
  18「最上型重巡:鈴谷」2018年09月03日(月) 08:00

読者層が似ている作品

[完結]Home is the sailor, home from the sea.(作者:Гарри)(原作:艦隊これくしょん)

男ですがこのたび艦娘になりました。▼幼少期に海で溺れていたところを助けられて以来、艦娘に関わる職に就きたいと思っていた僕。▼そこで艦娘を指揮する提督になることを目指していたが、余りにも狭き門に諦めかけていた。▼しかし十五歳の健康な男女に義務付けられている適性検査で、本来女性しか持ち得ない筈の艦娘適性があることが発覚。▼渡りに船とばかりに艦娘になることを志願し…


総合評価:3062/評価:8.74/話数:49話/更新日時:2015年12月27日(日) 19:00 小説情報

死した鶴(作者:Гарри)(原作:艦隊これくしょん)

短いあらすじ:翔鶴姉を殺された瑞鶴は復讐を決意した。▼ 深海棲艦との交戦中、艦隊旗艦にして姉と慕う艦娘「翔鶴」を庇い昏睡に陥った「瑞鶴」。彼女が目覚めた時、戦争は既に終わっていた。軍に残ったものの戦後に馴染めず孤立し、戦友たちも離れていく。それでも翔鶴だけは、妹を見放さなかった。▼ だがある日、瑞鶴はかつての戦友「最上」から翔鶴が殺されたと連絡を受ける。その…


総合評価:508/評価:8.30/話数:26話/更新日時:2018年08月14日(火) 08:00 小説情報

栄光の代償・元艦娘たちが語る対深海棲艦戦争(GHK出版新書)(作者:蚕豆かいこ)(原作:艦隊これくしょん)

終戦から二十二年後、元「長波」は、かつての仲間たちのもとを訪ね歩く。結婚したもの、病棟で余生を過ごすもの、海から遠く離れた山に安住の地を見出すもの。そしてその多くが、今でも戦争体験に苦しんでいる。▼元艦娘たちにとって戦争とはなんだったのか。なぜ彼女たちは艦娘にならなければならなかったのか。戦争を駆け抜けた元艦娘たちと、その出口なき苦悩に迫るノンフィクション。


総合評価:1585/評価:9.40/話数:28話/更新日時:2018年06月16日(土) 19:00 小説情報

We, the Divided(作者:Гарри)(原作:艦隊これくしょん)

短いあらすじ:病んだ龍田さんが泊地を脱走したら追手が掛かった。▼ 深海棲艦との戦争が講和終戦を迎えて二年。単冠湾泊地所属の軽巡艦娘「龍田」は、装備一式を持って突如泊地を脱走した。彼女が向かったのは北方領土、ラスシュア島。▼ 即座に追手が掛かるが、陸戦にも習熟していた龍田に、泊地は単独での事態解決を断念。紆余曲折の後に協力者として、かつて龍田を訓練した教官であ…


総合評価:781/評価:8.88/話数:15話/更新日時:2017年05月21日(日) 09:00 小説情報

【完結】大人のための艦隊これくしょん (作者:モルトキ)(原作:艦隊これくしょん)

 ここは、現在の時間軸とは少し違う世界。▼ 一九四一年一二月。アメリカと戦うはずだった太平洋戦争は、その目的を変えてしまった。突如として世界中の海を封鎖した未知の外敵。大日本帝国は資源を得るため、生き残りをかけて危険な海を切り拓くしかなかった。▼ 艦娘と出会い、人類は深海棲艦と戦った。▼ 少しずつ海と陸を奪い返した。▼ やがて幾つもの大きな戦いが起こった。数…


総合評価:1574/評価:8.47/話数:25話/更新日時:2016年02月27日(土) 12:00 小説情報

女提督は金剛だけを愛しすぎてる。(作者:黒灰)(原作:艦隊これくしょん)

超ホワイト鎮守府で勃発するイチャイチャ金剛LOVE提督のお話。▼もう少し詳しく説明すると、廃人になってしまった金剛が人間っぽくない女性提督にエクストリーム愛情表現されるお話です。そしてときどき瑞鶴。▼番外編はバックグラウンドの補完です。▼本編で説明していないことはこっちで説明されます。▼1は明石、2は那珂ちゃんを主な語り手に進んでいるのでよろしくお願いします…


総合評価:1382/評価:7.86/話数:65話/更新日時:2018年09月01日(土) 08:00 小説情報

艦娘の思い、艦娘の願い(作者:銀匙)(原作:艦隊これくしょん)

【本作のサイドストーリー「Deadline Delivers」(http://novel.syosetu.org/59760/)もご覧ください】▼着任した提督が次々と謎の死を遂げると噂されるソロル泊地。▼その地に赴くようにと、我が提督に命令が下りてしまった。▼1つの鎮守府で紡がれる日々と突然降ってくる出来事。▼艦娘達の「思い」と「願い」の先にどんな結末が待っ…


総合評価:13060/評価:9.21/話数:526話/更新日時:2015年03月13日(金) 06:00 小説情報

水上の地平線(作者:しちご)(原作:艦隊これくしょん)

世界が壊れた日、人類は全てを失った。▼第三次世界大戦の最中、世界規模の霊的崩壊、なし崩しの休戦、ユーラシア動乱、地底人の参戦▼そんな混沌とした状況の中、一応の最前線、職務を遂行するブルネイ第三鎮守府五番泊地で廃品再利用艦娘、龍驤のだらだらとした日々▼7/23 本編完結


総合評価:4661/評価:8.98/話数:156話/更新日時:2018年09月16日(日) 00:05 小説情報

提督をみつけたら(作者:源治)(原作:艦隊これくしょん)

毎日毎日、深海棲艦は海で暴れて嫌になっちゃってたのは遥か昔。▼かつて海と国の平和を守るために戦った美しき護国の乙女、艦むす達は今では深海棲艦の居ない世界で平穏な毎日を送っていた。▼だが、人と人との間に時々生まれてくる彼女達は、自己の存在理由に思い悩む。▼「戦わない私達に意味があるのか」▼「人を遥かに超えるこの力はなんだ」▼「そもそも私達は兵器なのか、人なのか…


総合評価:15180/評価:9.11/話数:32話/更新日時:2018年09月14日(金) 06:00 小説情報

新米提督苦労譚~艦娘たちに嫌われながらも元気に提督してます~(作者:ぬえぬえ)(原作:艦隊これくしょん)

 軍学校をギリギリの成績で卒業した落ちこぼれ軍人、明原(あきはら)楓(かえで)。彼は大本営の采配によってとある鎮守府に提督として着任することになった。大抜擢の理由は『類稀なる器量と采配を振るえるには提督しかない』と言うバカみたいなモノ。誰がどう見ても左遷であるのは明白であった。しかも、着任する鎮守府の艦娘にはファーストコンタクトで罵られる始末……――――そん…


総合評価:9341/評価:7.27/話数:61話/更新日時:2018年09月13日(木) 16:02 小説情報