【ショーン・ハーツ】ボツになったゴドリックとハーマイオニーの会話

 ゴドリック・グリフィンドールとハーマイオニー・グレンジャーはパブに来ていた。

 ダイアゴン横丁のパブも活気に満ち溢れているが、ここはそれとは少し違った。
 目の前では初老の男がアルコールの強い酒を一気飲み。ちょっと横を見れば決闘や乱闘は当たり前。魔法を自分にかけ、明らかに健康的とは言えない顔をしている者までいた。
 活気というより、狂気ともいうべき熱が渦巻いている。
 
「ねえここ、ちょっと野蛮じゃない?」
「まあね。みんな戦争で味わった死の恐怖や、逆に殺しをして手に入れた薄汚れの快楽を忘れたくて来てるんだ。多少騒がしいのはしょうがない。ま、僕以外の話だけどね」

 ゴドリックは茶目っ気たっぷりの顔でウィンクした。
 どうやらこれが、彼の決めポーズらしい。

 話を聞いたところ、ゴドリックの年齢はまだ20。
 彼がホグワーツの創設者になった具体的な年齢は分からないが、まだだいぶ先のことだろう。
 彼は若いながらも既に頭角を現しており、戦争で手柄を立て続けているそうだ。
 魔法使いの誰もが恐れる『闇』との戦争。それもゴドリックにとっては、自分が目立つためのステージに過ぎないのだろう。

「じゃあ貴方はここに、何をしに来てるの?」
「出会いを求めてだよ。見てごらん、あそこ」

 ゴドリックが指差した先には、悲しみにくれる一人の少女がいた。
 家族か、婚約者か。親しい人間を亡くしたらしい。肩身と思わしき杖をだき抱えて、涙を流している。
 この時代ではこんな光景は、そう珍しいものじゃないのだろう。気にかけている人もいたが、結局誰も話しかけない。みんなどうにもならないと知っているから。疲れてしまっているのだろう。

「ああいう子を慰めるのが、僕の使命なのさ」

 少女に近づいたゴドリックは、わざとらしく目の前でハンカチを落とした。
 落としましたよ、と少女がゴドリックにハンカチを差し出す。
 ゴドリックはハッとした顔をした後、ハンカチを持った少女の手を握った。その時の顔はまるで、恋を知らない少年が運命的出会いをしたような顔だった。田舎暮らしの生娘なら、あれでコロッと落ちてしまうだろう。

「呆れた……」

 ゴドリックはものの五分もしないうちに、少女を寝屋に連れて行ってしまった。
 軽蔑すべき人間だ、とハーマイオニーは思った。
 しかし、まだゴドリックと別れるわけにはいかない。
 彼の人間性は最低のクズだが、その実力は確かだ。さらに彼が生き残ることは、未来で確定している。彼の協力があれば、右も左も分からないこの時代で生き残れる確率はグッと上がるし、ショーンにだって近づけるかもしれない。

「まさに神秘だ……」

 しばらくして帰ってきたゴドリックが、噛みしめるように言った。

「女性の身体はまさに神秘だよ。下手な呪文よりもずっとね」
「そう」
「おや、ご機嫌斜めかい? よし、僕が慰めてあげよう」
「触らないで!」

 肩を抱こうとした手を、ハーマイオニーははたき落とした。
 ゴドリックは驚いた顔をしている。
 彼にとって女の子に拒絶されることは、ほとんどなかったことなのだろう。


日時:2018年02月11日(日) 17:59

<< 新年なので進歩報告 ポッター・モアで組み分けしてみた話。 >>

▼コメントを書く

返信コメント

空高

下半身が正直過ぎる奴だw


日時:2018年07月10日(火) 03:12

農家

こいつぁちんち○と愛で生きてやがりますよ!


日時:2018年03月16日(金) 23:27

WWA

これは酷い
ゴドリックのイメージがここので固められてしまった
どうしてくれるんです?
でもしっくりくるんですよねえ〜


日時:2018年02月14日(水) 18:22

ウルトラスパーク

伝説の超イケメンクズ野郎www
まあ時代が時代だし今とは倫理観が違うから多少はね?

多少じゃない?せやな


日時:2018年02月11日(日) 19:25

ご都合主義大好き

ゴドリックェ……w
手口が洗練されすぎてて、こいつもうどうしようもねぇなw


日時:2018年02月11日(日) 18:46


返信

    現在:0文字 10~1000文字