EX-AID・A・LIVE ~SPIRITS LOVERS~
作者:エルミン

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

烈 勇志  2020年02月21日(金) 08:52 (Good:0Bad:0) 報告

物語の更新、お待ちしておりましたが、後書きに書かれていた事には少しビックリです。【紅牙絶唱】とのクロスオーバー要素などを絡めていくと変更したほうが良いと思った箇所が出てきた以外に、ご自身で小説を読み返し、直すべきだと感じたところがあり、今後の物語の展開も考え直しすべきなど、色々と大変な感じですな。
一部の登場人物の名前と設定の変異とありますが、それらがどのような感じになるのかなども気になってきます。

さて、新たに更新された物語ですが、栞さんと十香さんが仲良くお風呂に入っているシーンからスタートとは……。まあ、お二人の仲が良い様子は微笑ましいと思いますけど。
仲良くお風呂に入っている中、十香さんが感じてしまっている複雑な心情をしおりさんは聞く事になったわけですけど……士道君に好意を寄せてる以上、彼の事情があるとはいえ、他の女性と付き合うという状況に関しては複雑さを感じてしまうのは仕方ないでしょうね。栞さんも同じように感じているからこそ、十香さんの気持ち=嫉妬心を理解してしまうというのも……。

四糸乃さんの方ですが、彼女も複雑な心情=嫉妬心による不安さを感じていますか。そんな彼女に優しく抱きしめたのは折紙さんとは……原作との違いがしみじみと出ていますね。彼女もドクターライダーとしてカウンセリングをしっかりとやっているのですから。恋する乙女の先輩という立場も含めてね。

八舞姉妹は風を操るの精霊であるので、各組織でもそう簡単に把握できませんでしたか。だからこそ、彼女達二人が一緒にいる状況を逃すわけにはいきませんか。士道君も琴里さんも大変な感じですな。

八舞姉妹の場合、双子の姉妹であるという状態に関しては複雑な事情があるんですよね。その事を考えると仲直りをさせるという事も含めて大変な事が多いのが何とも……(苦笑)

美九さん……何ストーカーまがいな事をしているの? そして折紙さんは覗き見とストーカーのことで何やら本来の?彼女が出てきそうになったって……マジで大丈夫?

八舞姉妹とそれなりに楽しくデートをしていましたが……いらんところでやってきますな、黎斗さん……。

黎斗さんが精霊のことを知っていた事に関しては、士道君達は驚いてしまいますが、狂三さんが自身のことをばらしたうえで適合手術を受けていましたから知っているのは当然ですわな。この事に関しては士道君達は知りませんからしょうがないですけど。

ガシャットの回収という事で、お互いに変身してバトル開始! 次回予告でも士道君ことエグゼイドがゲンムの不死身能力に苦戦してしまう事が分かっている状況に中、何かが起こるようですけど……もしかして『MBXX』が登場するのですか? それはそれでとんでもない展開となりそうです。

返信:エルミン 2020年02月24日(月) 13:03

感想、ありがとうございます!

書き直しの件は、突然ですみませんでした。
十香と四糸乃は初めての感情に戸惑っていましたが、栞と折紙のお陰で何とかなりました。

美九はコミカルな感じに動かしやすいんです。でも、美九もちゃんと士道のヒロインの一人です。

狂三が過去に黎斗に精霊の事を教えたのは、士道達はまだ知りません。いつか知るときは来るでしょうが。

次回の話を書き終わってから、書き直しを行いますのでもうしばらくお待ち下さい。何が起こるかは、次回をお楽しみに。

感想、ありがとうございました。次回もよろしくお願いいたします。


龢鋳都  2019年10月18日(金) 14:25 (Good:0Bad:0) 報告

はじめまして
シンフォギアと同一世界線という話で「これは平ジェネ的コラボあるかな〜?」と思っていたらシンフォギアと時系列を見てシンフォギアの方ではまだデアラが始まってない事に気づきました、そう考えると原作抜きにしても第1話で士道が翼さんの新曲買いに行ってたので翼さんの生存は確定ですね

返信:エルミン 2019年10月18日(金) 17:32

感想、ありがとうございます。

時系列に関しては、序章第一話はシンフォギア(紅牙絶唱)の、二期と三期の間の四月からとなっています。

卒業してすぐに、外国に行って歌っている感じです。

両作品の時系列については、整理や修正を行う予定です。

コラボ的な話は書く予定です。


感想、ありがとうございました。次回もよろしくお願いいたします。


名もなきA・弐  2019年09月26日(木) 15:28 (Good:0Bad:0) 報告

お久しぶりです、中々感想が書けず申し訳ありません(汗)
ついに来ましたねデンジャラスなゾンビ……誰も犠牲にならなくて良かったですが、不死身に近い存在にどう立ち向かうのか?
エピソードZEROでは狂三と薫の日常パート。原作と違ってマイルドなのはやはり彼女のおかげなのですね。
最新話では風の精霊である二人が登場。性格も胸囲も対照的ですが、最後の勝負は士道も絡んで……。
ではでは。ノシ

返信:エルミン 2019年09月26日(木) 20:58

感想、ありがとうございます!

デンジャラスなゾンビが出ました。士道達も挫けず、頑張って戦っていきます。

薫と出会い、一緒に日常を過ごしバグスターと協力して戦った事は、狂三に良い影響を与えました。

原作より早く登場した八舞姉妹のお話、頑張って書いていきます!


感想、ありがとうございました。次回もよろしくお願いいたします。


烈 勇志  2019年09月23日(月) 20:40 (Good:0Bad:0) 報告

物語の更新、ご苦労様です。

『仮面ライダーゲンム ゾンビゲーマーレベルⅩ』との戦い後、なんだかんだで平穏な日々を士道君達は過ごしていたようですけど、まさかの風の精霊“ベルセルク”の『八舞姉妹』が早い段階で登場するとは……。

八舞姉妹の喧嘩を止める為に、折紙さんからガシャコンソードを借りて士道君も無茶をしましたな。まあ、いつもの事ですけど……(苦笑)

一応事情を聞き、その末の勝負という事で、士道君をどっちがデレさせるのかという事になりましたが、その事を後で聞いた十香さん達三人からすれば、非常に複雑な心境でしょうな。女心とは複雑なモノで……。

今のところ、バグスター側からの動きはありませんけど、厄介なところで現れる可能性があるような……(冷や汗) ゲンムの動きも気になりますし、どういった事が士道君達を待ち受けているのかが気になってきます。

返信:エルミン 2019年09月26日(木) 07:46

感想、ありがとうございます!

後書きにも書いた通り、エグゼイドのブラザーズな話に合わせて八舞姉妹を登場させました。

十香達は士道が大好きですから、事情があっても八舞姉妹がくっついてきたら嫉妬しますよ。

黎斗もバグスターも、今回の話で暴れます。士道達や八舞姉妹がどうなるかは、今後をお楽しみに。


感想、ありがとうございました。次回もよろしくお願いいたします。


烈 勇志  2019年09月23日(月) 04:58 (Good:0Bad:0) 報告

黎斗社長がバグスターと手を組んでいる『仮面ライダーゲンム』であった事が分かり、色々と複雑な状況になっていますな。まあ、黎斗さん一人だけでやっていた事であり、会社の社員方々は関係ないという事が調べて分かっただけでも良かったと思いますがね。

バグスター達のレベルアップ! 一度倒したとしても、データが残っている限り蘇るっていうのが厄介! とはいえ、多くの戦いを乗り越えてきた士道君達ライダーの前では意味をなさない状況でしたがね。ソルティバグスターよ、見事にかませ犬ですな(苦笑)

ンでもって、倒されたソルティのデータを回収しに黎斗さんが登場。そして、『仮面ライダーゲンム ゾンビゲーマーレベルX(テン)』に変身しましたか。こいつの不死身性って本当に厄介なんですよね。倒そうにも倒せませんもん。
戦った結果、案の定、レベル5に全員がなって戦っても倒せませんか……。“既に死んでいる物をどうやって殺すんだ”との事ですが、マジで厄介過ぎる! 結果、撤退をする事になりますよな……。

敗走してしまい、複雑な心境になってしまう中、それでも黎斗さんを止めるのを諦めないと宣言する士道君。そんな彼の姿に、士道君に好意を寄せている少女達は顔を赤くして見惚れてしまいますか……。それくらいカッコいいんでしょうね。

エグゼイド本編とは違い、確かに『レーザー』は無事ですな。しかし、どうして黎斗さんが『バグルドライバー』を使って『デンジャラスゾンビガシャット』で変身をしていた理由が語られていませんね。デンジャラスゾンビをゲーマドライバーで使った場合、どうなるのかが分からない分、奪って使用するという考えが出て来そうなのですが……。

そういえば【デート・ア・アライブ】の方の話ですけど、こちらでは第3巻の物語をどう語るのですか? 狂三さんは仲間として行動を共にしていますし、原作同様の展開ができるのかと思うんですが……。

返信:エルミン 2019年09月23日(月) 18:25

感想、ありがとうございます!

ソルティは噛ませでしたが、ゲンムはヤベーイゾンビになってしまいました。

黎斗はデンジャラスゾンビガシャットを、士道達にわざと使わせるつもりもありませんでした。

わざわざゲーマドライバー使用の副作用を与える必要は無いと考える位に、デンジャラスゾンビの性能に自信を持っていましたから。

デアラ原作三巻の話ですが、変わる所は多いですが、大体の流れは同じにするつもりです。


感想、ありがとうございました。次回もよろしくお願いいたします。


烈 勇志  2019年09月21日(土) 20:00 (Good:0Bad:0) 報告

久し振りのSP話の更新、待っていました。

狂三さんですが、栞さんのお姉さんである薫さんによって引っ張られまくりだったようですな。ですが、そんな薫さんのおかげで、忘れていた“人として大切なモノ”を少しずつ思い出していけていたようですね。どこかほのぼのとした感じがして悪くないですし。

次の話で、狂三さんと薫さんはライダーとして共にバグスターを倒す為に戦うようですね。どの様な感じにやっていくのかが気になります。

返信:エルミン 2019年09月22日(日) 22:46

感想、ありがとうございます!

今回は狂三と薫の日常話でした。狂三が少しずつ変わっていき大切な物を取り戻していく過程を、この話では書いていきたいと考えています。


感想、ありがとうございました。次回もよろしくお願いいたします。


名もなきA・弐  2019年07月29日(月) 07:18 (Good:0Bad:0) 報告

兎と戦車のパペット。ベストマッチかな?
シャカリキのコラボスバグスターと黒いエグゼイドの驚愕の正体……やはり神はこうでなくちゃ(謎の拘り)
次回はとうとう『あのガシャット』の登場……果たして士道たちは生き残ることが出来るのでしょうか?
ではでは。ノシ

返信:エルミン 2019年07月30日(火) 07:56

感想、ありがとうございます。

よしのんはビビッと、ベストマッチネタを受信しました。

十一本目の完成で、黎斗は大喜び。喜びのあまり、もう新&神の要素が出てきました。

次回はデンジャラスなあいつが相手。士道達はどうなるでしょうか?


感想、ありがとうございました。次回もよろしくお願いいたします。


烈 勇志  2019年07月28日(日) 21:17 (Good:0Bad:0) 報告

物語の更新、ご苦労様です。

よしのんよ……どこから【ビルド】のネタをゲットしたの?
なんだかんだで精霊の皆とも平和な感じに過ごせているのはいいですよね。
しかし、嫌な予感を感じてしまいますか。

黎斗さんよ……自作自演な事を言っていますな(苦笑)そして十香さんと四糸乃さん、琴里さんといった精霊の皆さんには、黎斗さんの本性というものを感じてしまうようですね。

狂三さんが感じたように、態々自分のところにシャカリキスポーツのコラボバグスターを利用して士道君達を誘導させるとは……。自身の計画を進める為に、自身の命すらも賭ける黎斗さんの執念は恐ろしい……(冷や汗) 

士道君達の力になれない事に関して、十香さんと四糸乃さんは複雑な気持ちになりますか。限定的でも精霊としての力を使えるように頑張っていくようですし、今後の彼女達の努力がどう実るのかが気になってきます。

遂に明かされた黎斗社長の本性=『仮面ライダーゲンム』の正体。更に今後の戦いでかなり厄介な存在となってくる“11本目のゲームガシャット”も出てきましたか。黎斗さんが『プロトマイティアクションⅩゲームガシャット』を長年多用していて残り少ない自身の命すらも利用して生み出された『ゾンビゲーマー』は、今後の戦いにおいてかなり厄介な存在になるんですよね~(冷や汗)

次回の戦いはかなりやばそうですな。勝機を導き出すのはどういった事であるのやら……。 

返信:エルミン 2019年07月30日(火) 07:40

感想、ありがとうございます!

よしのん曰く、ビビッとキター!・・・らしいです。

黎斗の自作自演の末、遂に完成した十一本目。次回でその猛威が振るわれます。


感想、ありがとうございました。次回もよろしくお願いいたします。


名もなきA・弐  2019年05月06日(月) 10:41 (Good:0Bad:0) 報告

確かに、多人数向け前提のゲームもチュートリアルでは必ず一人で遊びますからね。こういう形でドラゴナイトハンターZを消化するとは思わなかったです……発想が素晴らしい。
四糸乃攻略と同時にグラファイトバグスター撃破っ!!一件落着ですが、黒いエグゼイドとパラドは更なる暗躍を……。
ではでは。ノシ

返信:エルミン 2019年05月07日(火) 07:48

感想、ありがとうございます!


ドラゴナイトハンターZの四人プレイについては、自分で考えたオリジナル設定でしたが、受け入れていただけて良かったです。

四糸乃を救い、グラファイトとの戦いも一旦終わりましたが、次回から黎斗とパラドが暗躍していきます。


感想、ありがとうございました。次回もよろしくお願いいたします。


烈 勇志  2019年05月04日(土) 21:01 (Good:0Bad:0) 報告

物語の更新、ご苦労様です。

士道君ですが、四糸乃さんを助ける為に、かなり無茶をしたものですね。琴里さん達にもかなり心配されましたし(苦笑) いくら炎による回復能力があるからとはいえ、下手をすれば凍りつく可能性があるっていうのに……。まあ、そういった無茶をしてでも誰かを助けようとする心があるからこそ、十香さん達は士道君にひかれるんでしょうけどね。

無茶をした結果、どうにかよしのんを四糸乃さんの下に返す事ができ、彼女からの好意を受けて精霊としての力を無事に封印する事ができて良かったです。その後に女性陣から怒られてしまうのはしょうがないでしょうがね(苦笑)

四糸乃さんの事がどうにか終わったかと思えば、来ましたかグラファイト。彼を倒して、彼がばら撒いたバグスターウィルスに感染してしまった人達を助ける為に、4人の仮面ライダーの協力戦がスタート! 『ドラゴナイトハンターZ』の力を4人のライダーがそれぞれ身に纏い、レベル5となり、グラファイトとの激戦が開始されましたが、4人のチームプレーの前に、グラファイトは見事に敗北しましたな。とどめが4人同時のライダーキックというのが、中々に良い演出っす!!

グラファイトを倒した後、士道君は今までの疲れとダメージなどから意識を失ってしまいましたか……。本当に無茶をし過ぎですって(苦笑) 琴里さんを始めとした女性陣から心配されて怒られてもしょうがないですよ(呆れ)
美九さん……貴女は貴女でぶれませんね……(苦笑) まあ、彼女らしいと言えば彼女らしいですかね。士道君のハーレム状況……これからどうなっていくのやら……。

士道君の退院後、驚きますわな、住んでいる家の近くに精霊達が暮らす事になる特殊なマンションが建てられていたのでは。
四糸乃さんとも無事に再会でき、これから楽しい感じに過ごせればいいですね。

グラファイトが持っていたプロトドラゴナイトハンターZガシャット入りのバグヴァイザーと、ファンガイア製の短剣はグラファイトの爆発と共に遠くに飛ばされ、パラドによって回収されてしまいましたか……。回収された後、ファンガイア製の短剣の方はパラドかゲンムが使いそう……。

さて、黎斗さんの方ですけど、本格的に己の野望の為に動き出しますか。『デンジャラスゾンビ』の起動も近いですな。自分達を支援してくれていたはずの人物の“真実”を知った時、士道君達にかなりの衝撃が訪れそう……。

返信:エルミン 2019年05月07日(火) 07:46

感想、ありがとうございます!


確かに士道は無茶をすることがありますが、それも苦しんでいる誰かを助けたいという心から来るものです。
まぁ、流石に今回は無茶をし過ぎてしまい説教を受けてしまいましたけど。

グラファイトと一旦の決着が付きました。しばらくお休みです。

美九はブレません、大好きな士道の周りに大好きな美少女が増えれば増えるほど大喜びします。

四糸乃も士道のお陰で、笑顔を取り戻しました。


感想、ありがとうございました。次回もよろしくお願いいたします。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。