タイトル装者がひたすら曇る御話(当社比)小説ID249128
原作戦姫絶唱シンフォギア作者作者B
あらすじこれは無口無表情系オリ主が、幼馴染である響の前で死んだり、行方不明になったり、敵対したりして、装者たちがひたすら顔を曇らせるお話です。

※なお、オリ主本人はさほど深刻ではない模様




【響視点のあらすじ】
 ツヴァイウィングのライブで認定特異災害ノイズに襲われ、目の前で親友を失った立花響。それから2年後、シンフォギアの装者となった彼女の前に、死んだはずの親友が装者となって現れる。

 遺されたツヴァイウィングの片翼『風鳴翼』
 謎の少女『雪音クリス』
 もう一人の親友『小日向未来』

 様々な思惑を乗り越え、彼女は再び前に歩みだす――


※無印編完結
タグ勘違い 無表情(表情筋が硬いだけ) 無口(勝手に変換されるだけ) でも心は雄弁 シリアス(オリ主以外)
必須タグR-15 オリ主 残酷な描写 転生
掲載開始2021年01月31日(日) 20:12話数連載(連載中) 10話UA186,048
最新投稿2021年05月02日(日) 20:00しおり1,658件お気に入り4,823件
開示設定通常投稿合計文字数45,695文字感想104件
感想受付設定非ログイン状態でも可平均文字数4,570文字総合評価6,409pt
評価
(黒→赤)
調整平均☆8.48:8.48  投票者数:114人 (平均評価☆8.01)
評価
☆10:8
 
 
☆9:66
 
 
☆8:15
 
 
☆7:9
 
 
☆6:6
 
 
☆5:1
 
 
☆4:1
 
 
☆3:1
 
 
☆2:1
 
 
☆1:6
 
 
☆0: