タイトル隻腕の狼、続く主は道化師か小説ID252591
原作ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか作者半々
あらすじ 人返りを果たした狼は、気が付けばダンジョンの中で目覚めた。しかし、目を開ければ薄暗い洞窟の中という状況、為すべきことを為せたという事実は狼には届かず、遠征帰りのロキ・ファミリア団長によって館に連れ帰られる。
 
 これは、忠義深い狼が、ロキやその子ども達と織り成す物語。葦名の皆には届かぬ、狼のもう一つのエンドルート。
タグSEKIRO 隻狼 ダンまち 独自解釈 ロキ ロキ・ファミリア 日常
必須タグR-15 残酷な描写 転生 クロスオーバー
掲載開始2021年03月10日(水) 19:53話数連載(連載中) 7話UA111,508
最新投稿2021年03月23日(火) 23:41しおり1,097件お気に入り3,296件
開示設定通常投稿合計文字数32,765文字感想72件
感想受付設定非ログイン状態でも可平均文字数4,681文字総合評価4,926pt
評価
(黒→赤)
調整平均☆8.74:8.74  投票者数:109人 (平均評価☆8.30)
評価
☆10:15
 
 
☆9:61
 
 
☆8:19
 
 
☆7:3
 
 
☆6:2
 
 
☆5:1
 
 
☆4:2
 
 
☆3:1
 
 
☆2:
 
☆1:5
 
 
☆0: