タイトル王子との婚約を破棄され追放された転生聖女は庶民に“酔いどれ”と笑われている小説ID254483
原作ファンタジー / 冒険・バトル作者若年寄
あらすじ「お前は王子に相応しくない」

 そう告げられて城を追い出された聖女ゲルダは庶民に身を落とす。
 国の為に、何より王子の為に命を捨てて働いてきた彼女を庇う者は誰一人いなかった。
 誰もが身一つで出て行く彼女を嘲笑う。その中には新たな聖女に抜擢された少女もいた。
 しかも彼女はゲルダに代わって王子と婚姻を結んだというではないか。
 一応、棲み家となる家を与えられたが、ゲルダはそのまま城下町を出て行ってしまうのだった。

 とある街に落ち着いたゲルダはその日から浴びるように酒を呑むようになる。
 彼女を過去の聖女と知る者達は“酔いどれ”と呼び、笑うのだった。
 だが、ゲルダは屈辱に思うどころか酔いを愉しんですらいたのである。

「いやぁ、城から出されたお陰で誰に気兼ねする事なく酒を呑む事が出来るわい。王子サマサマだ」

 実はゲルダには前世の記憶があり、大酒呑みの悪癖は重々承知の上であった。
 前世では免許皆伝を許された剣豪にして酒豪だったゲルダは今夜も大酒をかっくらう。
 このような日々を過ごしていたが、いつしか身の周りに不審な気配を感じるようになる。
 一計を案じて気配の主を捕らえてみれば、なんとそこには見知った顔が……

「今、王子様の御身が危ういのです。何卒ゲルダ様のお力添えを」

 自分に成り代わって聖女となった少女の訴えにゲルダは力を貸してやろうと鷹揚に答えたものだ。
 王子そして自身を襲う未曾有の危機にゲルダはどう立ち向かうのか。
 『花鳥風月』に準えた秘剣が悪を斬る!
タグ婚約破棄 追放 酔いどれ聖女 剣客
必須タグR-15 ボーイズラブ ガールズラブ 神様転生 残酷な描写 転生 性転換
掲載開始2021年03月31日(水) 23:04話数連載(連載中) 26話UA29,478
最新投稿2021年11月26日(金) 02:07しおり207件お気に入り438件
開示設定通常投稿合計文字数158,030文字感想26件
感想受付設定非ログイン状態でも可平均文字数6,078文字総合評価653pt
評価
(黒→赤)
調整平均☆6.92:6.92  投票者数:28人 (平均評価☆6.68)
評価
☆10:1
 
 
☆9:8
 
 
☆8:7
 
 
☆7:4
 
 
☆6:1
 
 
☆5:
 
☆4:
 
☆3:4
 
 
☆2:
 
☆1:3
 
 
☆0: