王子との婚約を破棄され追放された転生聖女は庶民に“酔いどれ”と笑われている
作者:若年寄

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

全話感想

もけぴろ  2021年11月14日(日) 22:15 (Good:0Bad:0) 1話 報告

設定についてはむしろ流行りのヤツの方が無駄に制作上難しい気がするのでこちらの方が好きですw

返信:若年寄 2021年11月15日(月) 09:53

 コメント、ありがとうございます。

 私がひねた性格というのもあるのですが、普通(?)の裏切り者が制裁を受けて主人公がハッピーエンドという展開は必ず没個性になると分かっていたで一捻りしたのと半分筆の勢いに任せるところもあって(半分はプロット遵守)今の展開になっています。


幽姫兎  2021年11月07日(日) 04:28 (Good:0Bad:0) 22話 報告

そりゃ一家団欒をありもしない言いがかり(言いがかりじゃない)で邪魔されたら切れるやろなぁ・・・

それより白虎と将来を誓い合ったか・・・
鎖鎌の使い手の人か
誓い合ったのは心鏡流鎖鎌術の使い手であった転生武芸者の方なのか、前世の記憶を思い出す前の人なのかによって話が変わってきそう

返信:若年寄 2021年11月07日(日) 09:50

 コメント、ありがとうございます。

 ゼルドナルはカンツラーの幼少期にあまり一緒にいてあげられなかった事を悔いている部分もあったので、愛息との時間を邪魔されて怒り心頭です。
 相手は武術の心得は無くても喧嘩や出入りなど実践によって鍛えられているので侮るべきではありませんが、ゲルダ達からすれば敵ではありません。

 天狐と地狐は転生武芸者と積極的に交流しているという設定だったりします。
 白虎に限らず、転生後に性別が変わってしまって戸惑う者達へのケアもしていました。
 ある日の事、前世にあったモノが無くて性欲を発散できずに苦しんでいる白虎に地狐が処理の仕方を指導していたのですが、性欲が高まるばかりで発散する事が出来なくて発狂寸前となってしまい、緊急避難で天狐が抱いて事無きを得ました。
 それ以来、白虎は天狐を意識してしまい、天狐も抱いた責任を取るという体からの始まった付き合いでしたが、元々交流があり、剣友という事もあっていつしか自然と相思相愛になったという事情があったのです。


ヘタレ蛇  2021年10月28日(木) 14:48 (Good:0Bad:0) 21話 報告

これはお互いを幼女と認識してるパターンだなこれ。
薔薇のフラグ立ちます?

返信:若年寄 2021年10月29日(金) 18:37

 コメント、ありがとうございます。

 九尾はちゃんと(?)女の子です。
 ただ何故同性を覗くのかはそれなりの理由があったりします。
 それが前世の記憶がなく無邪気かつ残酷な理由でもありますので今後に注目して下さい。

 薔薇展開はミーケとクーアでがっつり書いているのでご勘弁をw
 まあ、今度もキャラ付けで男色家やそういった趣味の人も出る事はあるとは思いますが(ぇ


ヘタレ蛇  2021年10月06日(水) 11:22 (Good:0Bad:0) 19話 報告

面白くて一気読みしてしまいました。
聖女の経験値が色んな意味で高いなぁ。ある意味仙人なのでは。
一つ、引っ掛かるのは六人の聖女の話なのですが、転生武人と関係ありそうな。

後は一話一話が面白すぎて時系列が覚えれてられないですねw

返信:若年寄 2021年10月07日(木) 22:34

 コメント、ありがとうございます。

 おお、嬉しいお言葉ありがとうございます。
 一気読みして頂けたとは何よりの褒め言葉です。

 前世は六十歳以上生きた城仕えのお侍ですしね。
 結構、波瀾万丈の人生を歩んでましたし、転生してからは三百年以上生きてますので、やはり経験値は相当なものとなるでしょうw
 ただ仙人と名乗るには俗世にまみれていると思います(苦笑)

 他の五人の聖女もいずれは登場予定ですが、どうなるかは今後のお楽しみとして頂けると幸いです。 

 少し時系列が前後しずぎましたかね。
 その辺りはもう少し練ってみようと思います。


一風変わっていてオススメできる ID:tzLLWTDY  2021年08月30日(月) 16:40 (Good:2Bad:0) 19話 報告

内容はとても良いと思います。
ですが、タグはともかくタイトルとあらすじは詐欺っぽいですね。
「TS剣客聖女の人生譚」とかのほうがタイトルとしてあってそう。
あらすじも
これは長きを生きる聖女にして剣客が、外法により転生してきた武人や、国の思惑を相手に己を貫き通す物語であるーーー
(8行省略されています)

返信:若年寄 2021年08月30日(月) 19:44

 コメントを頂きまして、ありがとうございます。

 やはり内容とタイトルがそぐわなくなって来ていますね。
 私もタイトルとあらすじをどうにかした方が良いのかと首を捻っていたところでして、でも良い知恵が浮かばずに枕を叩く毎日でした。
 しかし、こうしてはっきりと詐欺レベルの違和感を覚えていると指摘されたからには真剣に知恵を絞る時期にきているのかも知れません。
 今まで鳴かず飛ばずだったのが、この作品で一気にPVやお気に入り数が増えて舞い上がっていたのでしょう。
 今日明日では善いアイデアは出ないと思いますが、考えさせられるお言葉を胸に精進していきたいと思います。

 厳しくも温かいご意見、ありがとうございました。


木枯文雄  2021年08月04日(水) 01:10 (Good:1Bad:0) 18話 報告

つまりカンツラーは威厳が欲しくて偉そうな振る舞いをしてるショタ男の娘だったわけか

返信:若年寄 2021年08月04日(水) 01:53

 感想を頂きまして、ありがとうございます。

 まあ、威厳は欲しいでしょうねw
 知恵を持ち、腕っ節が強くても結局人は見た目で決める生き物ですから。

 カンツラーにしてみれば、ショタは兎も角男の娘呼ばわりは遺憾でしょうなw
 ちなみにゲルダも定期的に従者が作った服のファッションショーをやらされています。


隆太郎  2021年08月03日(火) 22:45 (Good:1Bad:0) 18話 報告

帝国宰相がショタである必要有りますか?
術を解いたら角と翼がある竜人でよかったのではないでしょうか?

また、ゲルダの皇后への復讐は完全に嫉妬に狂った女のやりようです。
皇后もゲルダのやりようが恐ろしくて尻尾を振っているだけにしか思えません。
(9行省略されています)

返信:若年寄 2021年08月04日(水) 01:28

 感想を頂きまして、ありがとうございます。
 カンツラーについては長命のゲルダと半龍となったゼルドナルの間に生まれた子供なら寿命は人の十倍くらいかなと設定した結果、五十ちょいの年齢なら人間でいうと五歳くらいだろうって具合になってますw
 後は神経質そうなオッサンが実は滅茶苦茶強くて、しかも正体が半龍の子供だったというギャップを狙った感じですかね。

 ゲルダの復讐は当人も云っていたようにやり過ぎではありましたが、結婚しようと誓い合っていた相手を横紙破りに奪われています。それでも世の為ならと身を引いて庵を結んで隠遁しようとしていた矢先に棲み家を破壊されて帝国から追い出されたらゲルダといえどもそりゃブチ切れますわな。
 加えて云えば、怖くない復讐に意味ありますか?

 それとゲルダの女性化ですが、これは養母の『塵塚』のセイラによる教育の賜物ですね。
 そりゃあ転生して五年十年は女の体に馴染めなかったかも知れませんが、いつまでも「ワシは男だ」と現実を受け入れないのもそれはそれで女々しいのではないかとセイラの教育を受け入れるようになったのでしょう。
 まあ、三つ子の魂百までと云いますし、ジジイ口調はなかなか矯正出来ないようですがw

 一つお訊ねしますけど、必要ですか? その剣豪としての迫力って?
 ゲルダは武芸百般の達人ですが、教養も備えています。
 魔法も教養の一つとして一通り学んでますし、そもそもにしてゲルダが遣う治療魔法もセイラがあらゆる毒や病気の抗体をどかどかぶち込んだ結果、自然と体内で生まれたスキルだったりします。
 後ろ盾にしても昨今の剣客小説だって後ろ盾を持つ主人公は少なくないですよ。
 
 私の作品が貴方の好みでは無かったのは残念ですが、貴方の貴重なご意見は今後の私の糧となると思います。
 


アルバルス  2021年08月03日(火) 14:17 (Good:1Bad:0) 18話 報告

最新話のカンツラーの出生は生々しくていいというか
その時代的にはあっているようでいいのでは?と
思うのです
続き楽しみにしてます

返信:若年寄 2021年08月03日(火) 18:52

 感想を頂きまして、ありがとうございます。

 出生を語る訳ですから、どうしても生々しい話になってしまうのですが、受け入れられているようで安心しました。ファンタジーだからこそ匙加減が難しく、未だ手探りで物語を創っているのが現状です。

 続きが楽しみというお言葉は何よりの励みになります。
 これからも頑張って更新を続けていこうという意欲が湧き出てきます。


狂気山脈  2021年08月03日(火) 08:14 (Good:2Bad:0) 18話 報告

こんだけ生きてて処女だったら逆にバケモノでは…?
聖女になるべくして育てられたわけじゃないからセーフセーフ

寧ろ愛い夫と可愛い息子に恵まれてるの見れて幸せまである。
え?王子?女々しいヤツはいらんのですよ…

返信:若年寄 2021年08月03日(火) 18:44

 感想を頂きまして、ありがとうございます。

 なるほど、逆に処女のままの方がおかしいという観点は盲点でした。
 ゲルダも聖人君子ではないですから、性欲は人並みにありますし、我慢しなければいけない謂れはないですしね。
 
 ゲルダは人生にかなりの幸福を感じています。
 結婚こそしていませんけど、捨てられた訳ではないですからね。
 特にチートは持ってませんが、努力のみでゲルダに匹敵する力量を手に入れ、邪悪なドラゴンを斃すに至った男に惚れない訳はないです。
 子供も可愛い上に一国の宰相にまで登り詰めていますから、自慢ですよね。

 王子は悪い人物ではありませんし、才能もある勇者なんですけど、やはりゼルドナルという男を知ってしまうと数段落ちるのは仕方ないかと(苦笑)
 それにやはりゲルダから見れば、やはりカイムはどこまでも弟子なんですよね。


幽姫兎  2021年08月03日(火) 03:33 (Good:2Bad:0) 18話 報告

>>話し合いの結果、帝国の力を利用して平和な世を築いていこうとゼルドナルを皇帝にすると決め、ゼルダは権力争いの種になるからと身を引いたのだ。
ここ、ゲルダがゼルダになってますよ


普通の作品なら処女じゃないと聖女に成れなかったり、非処女になると聖女の力を失ったりするけど、この作品の聖女であるゲルダに関してはむしろ非処女の方が"らしい"って感じがします

それにしても皇后は悪役令嬢みたいな人やったんやなぁ・・・
政治的な事情で結婚するのはいいにしても、愛人として認めたりしたら帝国はもっと強くなってただろうに・・・
ただの恋敵としか思ってなかったんやろうな

返信:若年寄 2021年08月03日(火) 05:52

 感想を頂きまして、ありがとうございます。

 まずは誤字のご報告をありがとうございます。
 以前と同じミスをしてお恥ずかしい限りです。
 訂正しておきました。


 ひとまずゲルダが非処女ではない事を受け入れるお言葉を頂けて安心しました。
 ゲルダの力は元々彼女に備わっていた力ですからね。
 それを神が目を付けて勝手に聖女認定し、世の人々も勝手に崇めているだけなので、処女を失っても力の喪失は無かったりします。

 カイム王子との場合は策ですが、過去で実際に追放をされていましたw
 これで聖女追放の看板に偽り無しという事で(おい)
 少なくとも郊外に住む事を認めていれば帝国は伝染病などに悩む事はなかったでしょうね。
 かなり悋気の強い人だったようです。まあ、ゲルダは追放程度で凹む人物ではありませんし、しっかりと報復をしていますので…
 随分と身に染みたようで、ゲルダに老化を治療して貰ってからは友として恩人として懐いていたようです(苦笑)



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。


感想検索
キーワード
ユーザー名 話数 並び替え
絞り込み