タイトルOperation Racoon City. Scenes U.B.C.S小説ID76421
原作バイオハザード作者オールドタイプ
あらすじラクーンシティ。世界最大の製薬会社アンブレラコーポレーションの庇護の元、近年稀にみる経済発展を遂げた街であり、全ての惨劇の序章となる街でもあった。

死者10万人強。街の総人口の半数以上にものぼる後世に語り継がれる『ラクーン事件』それは人々の脳裏に確かな恐怖を植え付けた。

無論生存者もいるが、余り触れられることはない。

自力で脱出した者。警察の助力を受けた者。

それとは別の方法で命が助かった者もいる。

『Umbrella.Biohazard.Countermeasure.Service.』

その頭文字をとり『U.B.C.S.』と呼ばれる集団がいた。

ラクーンシティにおける彼らの活動を描いた日陰者達の話である。
タグ一般兵士 一般人 語り手 一人称 三人称 名無しキャラ 群像劇 オリジナルあり 時系列にズレ U.B.C.S
必須タグオリ主 残酷な描写
掲載開始2016年02月13日(土) 23:08話数連載(連載中) 30話UA28,396
最新投稿2020年07月04日(土) 00:09しおり57件お気に入り150件
開示設定通常投稿合計文字数185,229文字感想26件
感想受付設定非ログイン状態でも可平均文字数6,174文字総合評価342pt
評価
(黒→赤)
調整平均☆7.53:7.53  投票者数:19人 (平均評価☆7.32)
評価
☆10:3
 
 
☆9:5
 
 
☆8:2
 
 
☆7:3
 
 
☆6:2
 
 
☆5:2
 
 
☆4:1
 
 
☆3:
 
☆2:
 
☆1:1
 
 
☆0: