タイトル賽の出目は The empress couldn't hide true feelings小説ID9193
原作氷菓作者天木武
あらすじ神山高校に入学してから2度目の6月の初日。その昼休みに折木奉太郎はかつて関わりのあった入須冬実から頼みを受ける。
「明日の放課後、格技場とテニスコートの裏に来てはもらえないだろうか?」
わざわざ人目につかないところに呼び出しての入須の頼みとは何か。そのことを考えていくうちに、奉太郎はこの呼び出しが不可解なものであることに気づいていく。
タグ氷菓 〈古典部〉シリーズ 批評募集
必須タグ
掲載開始2013年04月05日(金) 20:00話数短編 3話UA7,775
最新投稿2013年04月07日(日) 20:00しおり4件お気に入り51件
開示設定通常投稿合計文字数35,039文字感想1件
感想受付設定非ログイン状態でも可平均文字数11,680文字総合評価183pt
評価
(黒→赤)
調整平均☆8.00:8.00  投票者数:11人 (平均評価☆7.91)
評価
☆10:
 
☆9:6
 
 
☆8:
 
☆7:3
 
 
☆6:2
 
 
☆5:
 
☆4:
 
☆3:
 
☆2:
 
☆1:
 
☆0: