お気に入り小説 24件

鎮守府島の喫茶店(作者:ある介)(原作:艦隊これくしょん

主人公がやってる喫茶店に来た艦娘達や提督が、いろんな美味しいものを食べるだけのお話。大きな事件もないほのぼの日常系です。

時折ラブコメ空間が発生する事もありますが、恋愛物やハーレム物にする予定は今のとこありません。

艦これ×料理物ですが、主人公(店主)は一般人です

艦娘轟沈・鬱展開はありません。

独自解釈・設定有

艦娘の性格はゲーム中のセリフなどから感じたままですが、アンソロ本やその他二次創作から影響を受けている場合もございます。
『俺の嫁艦はこんなんじゃねぇ!』等あるかもしれませんがご了承ください。

主人公は一般人のため、軍事、艦娘に関する勘違い・無知等あります。
本筋は主人公(店主)の一人称なので、料理シーンが多めです。目指せ飯テロ小説。
こんな感じですが、皆さまの暇つぶしにでもなれれば幸いです。


更新日時:2018年12月31日(月) 23:00 自分も登録する

艦隊これくしょん ― 紺碧の戦線(作者:ラケットコワスター)(原作:艦隊これくしょん

 単冠湾グループ第九鎮守府。そこは常に物資の乏しさ、資金難に喘ぎ、加えて提督と艦娘の折り合いも悪く、まさしくどん詰まりと化していた。人類と深海棲艦との戦争の最中、その歴史の片隅で埋もれていくはずだった第九鎮守府。しかしある日そこに一人のパイロットが流れ着く。
 行く宛てもない敗残兵であった彼は第九へ転がり込み、そのまま第九の戦力となった。しかしこの受け入れが、どん詰まりと化していた第九を救う英断になるとは誰も思いはしないのだった。
 これは、歴史の片隅で終わるはずだった者達の再起の物語。


更新日時:2018年12月22日(土) 22:20 自分も登録する

深海棲艦と遊ぼう(作者:真・鬼才太郎)(原作:艦隊これくしょん

この作品は、非モテ、彼女いない歴=年齢、ぼっちな提督が深海棲艦と交流を深めていく物語です。そういった話が受け入れられない方は、ブラウザバックして戻ることをお勧めします。
あと、投稿者はSS初心者です。辛辣なコメントは控えて、温かい目で見守ってくれると幸いです。


更新日時:2018年12月22日(土) 09:12 自分も登録する

摩耶さまの名のもとに(作者:ゆずた裕里)(原作:艦隊これくしょん

 新たな出会い、新たな仲間、新たな物語。
 摩耶をはじめとする、八方破れの艦娘たちの繰り広げる連作短編形式のアクションドラマ、新章突入。
 これから読まれる方は、第一章から読んでもお楽しみいただけます。

 呉鎮守府で仲良く日々を過ごしていた姉妹艦、摩耶と鳥海。
 しかし艦娘であるがゆえの宿命が、ふたりの人生を大きく動かすことになる……。

 提督さんも、そうでない方も、かつて提督だった方も。
 この機会にぜひ、読んでいってください。


※本作は、以前連載していた作品『摩耶様にまかせとけっ!』をベースに内容を再構成し、小説形式にリメイクしたものです。
 前作の削除はしない予定ですが、本作の今後の展開のネタバレになりますのでご注意ください。

 ご意見、ご感想、アドバイス等々ございましたらお気軽にどうぞ。
 よろしくお願いいたします。

2018/9/10 連載再開
2018/10/12 第一章開始


更新日時:2018年11月25日(日) 09:20 自分も登録する

ミヤコワスレドロップー異なる水平線ー(作者:霜降)(原作:艦隊これくしょん

これは、ミヤコワスレドロップの物語に限りなく近い世界での、何気ない日常の断片。




(※)本作はミヤコワスレドロップの外伝に位置する短編集となっています。

世界観やキャラクターの出自は本編と全く同じですが、世界は微妙に異なるパラレルワールドです。
その為、一部のキャラ(特に曙)は性格が若干軟化しています。

可香谷鎮守府の季節ごとに起きる些細な一日をお楽しみください。


更新日時:2018年11月13日(火) 00:39 自分も登録する

艦これ 〜臆病な提督と艦娘のエース〜(作者:紅いブラッキー)(原作:艦隊これくしょん

かつて、全国の精鋭を集めた連合艦隊とおよそ700体の深海棲艦が衝突した。
後に〝悪夢の大海戦〟と呼ばれたその戦いで、計82体という撃破数を誇り、〝艦隊のエース〟と言われた艦娘がいた。



駆逐艦 夕立



彼女は、駆逐艦としてはとても高い能力値を持った艦娘で、演習に参加すればほとんどを勝ちをもぎ取り、深海棲艦との対峙でも幾度となく窮地を潜ってきた猛者で、駆逐艦では最強と言われていた。





悪夢の大海戦から6年後、夕立のいる鎮守府に新たな提督が着任した。その提督は…とても臆病だった…



「てーとくさん!!早く行くっぽい!!」

「いや、そうなんだけどももう少し慎重に行くべきじゃないですか夕立さん?」

「いやいやいや!ここは一気に進んで突破するのがいちばんっぽい!!」

「けど…へ?なんか迫ってきてるんですけど〜!!?」

「に、逃げるっぽい〜!!」

「二人ともゲームに熱くなりすぎなのですよ!」

「本当この人達大丈夫なのかしらね…」


臆病な提督と艦隊のエースと言われた艦娘が中心のてんやわんや鎮守府のちょっとしたお話。






処女作でありますので至らない所もあるかと思いますが暖かい目でご覧下さい…


更新日時:2018年10月02日(火) 00:12 自分も登録する

艦隊これくしょん 黒き軽巡の姫(作者:とある鎮守府の提督)(原作:艦隊これくしょん

神通率いる第二水雷戦隊は、新鋭艦の駆逐艦娘達の練度を高めるために夜間訓練を行っていた。
その最中、敵深海棲艦との遭遇戦に突入する。
旗艦である神通は駆逐艦を退避させ、単艦で敵深海棲艦の姫級と戦う。
辛くも勝利した神通だったが……。

深海の黒き姫に見初められた神通。
提督と艦娘達は、神通を守るために奮戦します。

「艦娘」と「提督」として出会い、愛し合う。
神通と提督の物語。


更新日時:2018年05月12日(土) 10:15 自分も登録する

とある提督の追憶(作者:Red October)(原作:艦隊これくしょん

深海棲艦との戦いが終結した世界。

かつて提督と呼ばれ、艦娘を率いて深海棲艦と戦ったある男が、自身の生涯を振り返る…

これは、提督を務めたある男の、回想録…みたいなものである。


更新日時:2018年03月14日(水) 14:21 自分も登録する

提督が白紙の契約書に着任しました(作者:奈音)(原作:艦隊これくしょん

旅行中に突如発生した深海棲艦に襲われる話。
尚、提督と名乗り始めた男はあんまりなフロム脳的展開にこれは夢だと強弁している模様。
第一部完結、第二部開始しました。

第一部あらすじ:主人公が不知火に白紙の提督契約書にサインさせられて、逃げられない状況の中で働き、契約内容を知らされたのは取り返しがつかなくなってからでした。と言う話。


更新日時:2018年01月20日(土) 12:00 自分も登録する

小さな提督と艦娘日和(作者:高菜ニーサン)(原作:艦隊これくしょん

小さな泊地と提督の物語(https://novel.syosetu.org/85603/)の平行世界のお話。

【11/2 改題しました。】
【11/10 夕張新装備開発回を中心に他作品ネタでそうなのでクロスオーバータグ検討中です】
【12/7 保険のためにR-15付けました】
旧題:小さな提督と艦娘ののどかな日常


艦娘と社会が共生する世界の元、悲劇を乗り越えて
深海棲艦との戦争を終結させ平穏期を掴んだ世界
終戦復興に向けて歩み始める世界の中、散発する深海棲艦と戦いながら
のんびり送る小さな提督と仲間たちの物語。

――――――――――――――

一話完結のショートエピソードと
複数話のロングエピソードの組み合わせです。

設定その他は完全には同一ではありませんので
別物と見てもらえばよろしいかと。

残酷な描写は過去回中心にあります。
過去には小さな泊地より悲しい悲劇が存在します。

シリアスもあり、ほのぼのもあり、カオスもありで

※整合性の取れない部分は後だし有効で直す場合があります。
※多少の矛盾は大目に見ていただけると幸いです

※憑依タグは結有に対するものです
※他作品の何とかみたいなやつ と言うものが出るかもしれませんが全て劇中世界の漫画やアニメのものを再現する形を取っています。
――――――――――――――


◆スピンオフ Ground Zeroー絶望からの船出― R15
https://novel.syosetu.org/138790/

結有の出生の秘密と、各務原裕二と時雨の出会いから別れまでのスピンオフ
かなりハードシリアスで残酷

◆スピンオフ 龍と不知火―室戸泊地物語― R-15
https://novel.syosetu.org/137427/
この小説の前日談、の前日談。わりとハード。龍の主観


更新日時:2017年12月16日(土) 22:06 自分も登録する