とある男が居た。

男はあるゲームに熱中し、そのゲームに登場するある少女に思いを馳せていた。

いつかその娘と会いたい、そんな荒唐無稽な夢を描いてしまう程に。

そんな彼の夢は、ある日突然叶う事となった。

彼は喜び、彼女と会うその時を楽しみにしていた。

そして彼は、少女との会合を果たす。

だが、彼の目の前に現れた少女は、彼の知る「彼女」ではなかった。
  幕開()
  吉崎慶太2014年06月10日(火) 00:04
  四姉妹()
 ▲ページの一番上に飛ぶ