雑談(地図、もしくは地理描写の重要性について)

 今チマチマ(かつ大雑把に)地図を作ってるんですが、そこで自分の中で説明したつもりだけど説明しきれてなかったことがいくつかあることに気づきました。

 本文でしっかり書きますが、カール・ブラッケは領地貴族です。(ちなみにオイゲン・リヒターも領地貴族の血統ですが皇帝の血が流れている関係で今は普通に官僚貴族と見做されています)「メクレンブルク=フォアポンメルン行政区のブラッケ侯爵領」というキーワードを出してはいますけど、その具体的な立地とか立ち位置を完全には説明していないんですよね。そのせいでリンダーホーフ侯爵家やアンドレアス公爵家の役割も漠然とした説明しかできていませんし……。後、ノイエ=バイエルン伯爵家の立地もまだ明確にしていないという事に気付きました。

 本作では意識的にドイツの州名を管区名に採用しています。イゼルローン回廊を上側、フェザーン回廊を下側に描くOVAの地図を頭に思い浮かべたときに、イメージしやすいようにですね。ドイツ北部の諸州の名前がそのままイゼルローン方面辺境管区の名前になり、ドイツ南部諸州の名前がフェザーン方面辺境管区の名前になるイメージです。だからドイツ最北東部の「メクレンブルク=フォアポンメルン」とかドイツ南部の「バイエルン」という地名を出しただけで自分の中で説明を済ませた気分になってしまっていたということでしょう。

 やはり地図をもう少し早く作り、それに従って明確な地理描写を行うべきでしたね。


日時:2019年01月20日(日) 02:38

<< 改稿完了

返信

    現在:0文字 10~1000文字