吸血鬼になったエミヤ
作者:炎の剣製

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

ひさ  2019年10月31日(木) 09:05 (Good:0Bad:0) 報告

読みました!
マグダラの聖骸布・・・・オリジナル・投影品に係わらすこれでひどい目にあった人が何人居たのだろうか・・・・
ちなみにシホの不死身のランクはどの位なのでしょうか?(UQのカリンと刀太は最高クラスの様ですが・・・)


ティーダ  2019年10月30日(水) 16:01 (Good:0Bad:0) 報告

更新ご苦労様です。

シホさんが幸せそうに笑顔を出せて良かった。
アイリさん達ととシホさんが親子と見られてますが、平行世界とはいえある意味家族ですからね。

マグダラの聖骸布ですか…意外とイリヤ達の学校の保健室にあの女性がいたりして。

此れからも、マイペースで構わないので頑張ってください。


イメクト ID:iW1rSADI  2019年10月30日(水) 13:21 (Good:0Bad:0) 報告

マグダラの聖骸布使用による痛みがなんだっていうんだ!コイツには昔散々ひどい目に遭わされたんだ、お前らも同じ目に遭うがいい!!てシホが思ってたらいいなあ。


杉やん  2019年10月11日(金) 10:19 (Good:0Bad:0) 報告

愛依のオソウジダイスキと美空の靴のアーティファクト登録しましたね。そういえばネギとエヴァの仮契約のアーティファクトは自身が契約した従者のカードの能力が使えるものでしたね。

返信:炎の剣製 2019年10月29日(火) 23:36

ネギのより高性能ですねこれ。


アクルカ  2019年09月23日(月) 07:32 (Good:0Bad:0) 報告

次回が楽しみですわー❗

返信:炎の剣製 2019年10月29日(火) 23:36

上手く書けるよう頑張りますね。


アクルカ  2019年09月23日(月) 07:13 (Good:0Bad:0) 報告

原作を知っているだけにシホさんにはもっと早くにさよちゃんに接触してあげてほしかったなぁ。

返信:炎の剣製 2019年10月29日(火) 23:35

まぁ、害がないですから放っておいたんでしょうね。


かいざーおー  2019年09月17日(火) 14:29 (Good:0Bad:0) 報告

まぁ、シホの在り方として魔術使いではあるけど神秘の漏洩というか神秘を強制的に周知させるという超一味のやり方は決して許容できない派閥なんでしょうね、魔法世界を救うという命題のためと言ってもやり口が盛大過ぎてメリット・デメリットが想像できない上、結果として抑止が動きかねないような部分もあるだけに学園祭編では独自に動くスタンスを取ることになるんでしょうね。

返信:炎の剣製 2019年10月29日(火) 23:35

そうなんですよね。シホだったらそんな感じに考えるでしょうね。


ユーベル  2019年09月16日(月) 22:55 (Good:0Bad:0) 報告

学園再編に剣製の魔法少女のシホ達を求む

次の投稿お待ちしてます。
猫出久の方も。

返信:炎の剣製 2019年10月29日(火) 23:34

どうしましょうか……だしたい欲がかなりありますね。


ティーダ  2019年09月16日(月) 22:34 (Good:0Bad:0) 報告

更新ご苦労様です。

衛宮一家をシホさんとタマモさんがおもてなしですか。
以外と衛宮一家と遠坂一家が学園祭でバッタリ出会ったりして。

次の更新を楽しみに待ってます。

返信:炎の剣製 2019年10月29日(火) 23:34

はい。おもてなしします。
少ししんみりする場面もありますかね。


イメクト ID:iW1rSADI  2019年09月16日(月) 20:48 (Good:1Bad:0) 報告

とりあえず世界樹や告白する人間に手当たり次第ルールブレイカーで行けそうな気が。世界樹にぶっさすだけで超の計画破綻するな、麻帆良もどうなるかわからんけど。なお、このあとの超ってネギいなかったらそこで補導されて詰んでたよね、世界樹の力微妙な段階だし。

返信:炎の剣製 2019年10月29日(火) 23:33

そんな事をすると封印されているとある方が復活しかねないんですよね。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。