敵の女幹部とドンパチしてたら息子が出来た
作者:イベリ

▼感想を書く

投稿話順全話感想新着順

柚子檸檬  2024年01月30日(火) 21:15 (Good:0Bad:0) 17話 報告

アスラのダンスもそうだけどアーディもパッシブスキルで味方にバフかけられるから倍率がえらいことに…


滅びの王朝  2024年01月30日(火) 18:51 (Good:2Bad:0) 17話 報告

エレボス的にはガネーシャは進んで送還する対象ではないからガネーシャの心配はいらないかね
あとはザルド、アルフィアを救えるのか、救えないのか

ザルドは力を示してベヒーモスの毒を除去できればあとはなんとかなりそうだけど、アルフィアはベルに今回のことを見られてるから意地でも救われない選択肢をとるはず


山吹色の大妖精  2024年01月30日(火) 15:08 (Good:4Bad:1) 17話 報告

クシャトリア・・・・・・ガンダムUCでその名前に近いモビルスーツがあった記憶があるけど(調べたらクシャトリヤ)、ダンまちはフィン然り、ベル然り、魔法やスキル、他には仕草に東西南北の神話・英雄譚のネタがあって原作者様が本編を書くときやファンが二次創作するにしても作りやすい傾向ですよね(個人的にはディア・オルフェウスが好きです)

フィンの指を舐める仕草はフィン・マックールの指に知恵の鮭の脂が付いたことで、それを舐めることで知恵にバフを掛ける逸話

ベルの元ネタはヘラクレスとテセウス。ヘラクレスはゼウスの子であることや、テセウスはミノタウロス(アステリオス)との因縁

読んでて楽しい!


CITRINE  2023年12月15日(金) 16:39 (Good:0Bad:0) 16話 報告

ハヌマーンなのに馬って…ハヤグリーヴァとかじゃないんすか
カッコ良いんだけど

返信:イベリ 2023年12月24日(日) 01:34

ハヌマーンはアスラのモデルになったとある英雄の無二の友であり、その英雄を肩に乗せて大地を駆けたという逸話(絵画?)があります。ハヤグリーヴァとかになるとほぼ神様みたいになっちゃうので、同じ化身であるハヌマーンという名前を使いました。


の月  2023年12月14日(木) 13:55 (Good:0Bad:0) 16話 報告

邪悪は滅びた。
次は正義のぶつかり合いである。

今回も面白かったです。次回もお待ちしております!

返信:イベリ 2023年12月24日(日) 01:32

ありがとう!頑張って書きます。


ララコSOS  2023年12月13日(水) 14:43 (Good:2Bad:0) 16話 報告

そして、この戦場に息子が現れるのですね。
精霊兵は指揮が居なくなると強さを維持する事が出来ないとかはあった気もしますが、あまり活躍した場面もなかった気がしますね。
ヘディンとヘグニとディース姉妹の戦闘の方が表立っていましたので。

返信:イベリ 2023年12月24日(日) 01:31

地獄はまだ始まっていないんですよね。

やっぱり精霊兵の言及無いですよね…


邪神イリス  2023年12月13日(水) 09:09 (Good:3Bad:1) 16話 報告

遂にそれぞれの最強戦力が激突。3人のシャクティの魔法、傍目からは何の変化もないから、初見でやられたら、いきなり相手が強くなって混乱するでしょうね。

戦いもめちゃくちゃスピーディーで、読んでて凄くワクワクしました。
本当なら絶望的な戦力差だけど、ここではまったく相手にならなかったですね。無理矢理武器にされた精霊たちも開放されて良かった。

返信:イベリ 2023年12月24日(日) 01:30

この魔法凶悪なのが強制的に発動されることと、後にちょっとだけ入るかもしれない説明ですが、デメリットが欠片もないという事です。

スキル、魔法を1つずつ3人からそれぞれ共有でき、判定として3人がそれぞれ同じスキルを使い、効果も3倍!みたいになってるのでぶっ壊れ魔法にしてます。

やっぱり精霊兵への言及全くないですよね……


山吹色の大妖精  2023年12月13日(水) 08:44 (Good:3Bad:3) 16話 報告

サブタイトルの元ネタはキタニタツヤさんの聖者の行進ですかね?

豪快なアスラ達の戦いに熱くなりました!

返信:イベリ 2023年12月24日(日) 01:27

この3人には豪快に戦って欲しい欲がある


ぱぶりっく  2023年11月16日(木) 23:29 (Good:3Bad:0) 15話 報告

エピメテウスがこの光景を見たら嫉妬に狂い理不尽だと叫びそう
彼は救おうとした世界に拒絶され 守ろうとした民衆に貶められたのだから

返信:イベリ 2023年11月16日(木) 23:41

彼はね…失敗として言うなら英雄であろうとした事でしょうね。
英雄とは、栄誉であり誰もが羨む称号であると同時に、完璧を押し付けられてしまいます。

そして、彼はそれを甘んじて受け入れました。故に、数少ない失態すらも責められ、歪んでしまったのです。

彼がアスラのように、弱みをみせ、民と共に手を取り歩むことを選んでいれば、また違った未来があったことでしょう。

あと、あれはどう考えても時代が悪い。


の月  2023年11月16日(木) 22:35 (Good:1Bad:0) 15話 報告

古典の英雄譚(サーガ)は後ろから刺されるのが怖いけど、英雄譚(ヒロイック)なら心を掴んで絆を繋いだら無敵だからね。
ヒーローの入場シーンはやっぱ最高。

次回もお待ちしております!

返信:イベリ 2023年11月16日(木) 23:20

こんな明るいバトル物の話書くの久々なんで気合い入れました。

サーガは確かに悲しいというか、裏切りがヤベェのありますからね。

ヒーローは、ここにいるぞ!って感じで出てきて欲しかった。

ちなみに、アスラ達はバベル頂上でスタンばってました。



感想を書く
ログイン状態でのみ感想の投稿が可能です
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。


感想検索
キーワード
ユーザー名 話数 並び替え
絞り込み