モモンガさん、世界征服しないってよ
作者:用具 操十雄


▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

三次たま  2018年01月15日(月) 21:03 (Good:1Bad:0) 報告

どんな(オリ)至高転移モノ二次にも、大なり小なりモモンガ様に幸せになって欲しいという願いが込められていて、それがWEBから追加された書籍のアルベドのポジションと共通している。アルベドと彼が同郷というのは、つまりそういうことなのかな? 全然わからん

今回ようやく彼が消失したようだけど、ダイス云々関係なくこの状況自体が依然胡散臭いです。明るい方への期待は極薄いけど、説明をちゃんと聞かないとスッキリしないので次回はよろしくお願いします。

返信:用具 操十雄 2018年01月16日(火) 14:12

多分このまま解説回を挟まずに終わらせると読んでいる人たちがすっきりしないので、本当は次話で終わる予定でしたけど一話だけ解説回を挟みますの。
それで全てを説明してからこの物語をいったん切って、オバロ二期をゆっくりと楽しもうと思っています。
ちなみに、このルートはバッドエンドじゃないです。見ようによっては、みんなみんなが幸せな気がします。この私でさえも

しかし、作者もうっかりしていることが多く、物忘れが激しいのです。
解説が足りねーぞ! と思ったら教えてください。

感想ありがとうございます




戸折巣狩  2018年01月15日(月) 12:20 (Good:1Bad:0) 報告

活動報告を拝見しましたがこれ世界の真実と言うか世界の謎と言うか
ひょっとして開示されてないレベル3以上の情報があったりしません?
どこかのだれかの未来の為にみたいな

返信:用具 操十雄 2018年01月16日(火) 15:20

つまり、ヤトの命そのものが、言ってみればモモンガさんを幸福にするためだけにあったと言えるでしょう。
次話は解説回です。全てが開示されるように頑張ります。
活動報告には、根幹の部分しか乗せておらず、その結果として何がどうなったのかは、次話をご覧いただいてご満足いただければ幸いです。

彼女が頑張ってくれるので、それに期待しましょう。
なお、結局これってどうなってんの? などの疑問はお気軽に仰ってくださいです。作者もその方が嬉しいです。

感想、ありがとうございました


なかたまん  2018年01月15日(月) 02:24 (Good:1Bad:0) 報告

ワールドもちにはワールドの効果は通用しないのでワールドでアルベドが奇襲したところで真なる無の物理破壊はアインズには無効 ノーダメージでヤトに追撃するなりアルベドを落い払うなりできたはず だからわざわざ大袈裟に回避して無様をさらした結果ヤトのギガスラからのアルベド追い討ちくらうのはなんだかよくわからないっすね ワールドアイテムで直接殴りにいったならわかるけど文章をみる限り効果を発動してるのでまあ上記の通りにアインズは行動できたはず 
独自設定なのかミスなのか気になります あとラストはヤトに関する記憶や事象が全て消えたってことかな? どちらか一方だとしても子供はどうなる? それはそれとしてラキュースらを殺した存在はいったいなに? 
次回も楽しみにしてます

返信:用具 操十雄 2018年01月15日(月) 14:04

作者のド忘れでした。ご指摘、多大なる感謝します。微修正を施しておきましたm(__)m
まぁ、何かが起きて回避行動をとるのは致し方ないのですが、ちょっと冷静さも書いてますね、アインズさん

最後の疑問は次話にて解説を。なるべく多くのことを次で解説しようと思いますが、漏れてたら気軽に教えてくださいね。

感想ありがとうございます


竹干  2018年01月10日(水) 04:02 (Good:1Bad:0) 報告

途中まで読みました。(八咫鏡くらいまで)

ヤト(100レベル)が弱いのか、ソウルイーター(80前後)が強いのか。ユグドラシルでは10レベルも離れれば絶望的な戦力差って設定だったと思うんですが・・・

ヤトが睡眠不要などのマジックアイテムを使用しない理由がわかりません。ソウルイーターに負けそうになった理由のひとつですよね?あれだけ「万全にしろ」「睡魔0にしろ」って言ってたのに装備しないのは、何か理由があるんですか?
MPが枯渇しそうな描写がありましたが、100レベルなのに雑魚と戦って移動するだけで枯渇する?って疑問がわきました。

ダイスの結果については運任せなので特に疑問などはないのですが、それ以外のところでのツッコミ所が多い気がします。

返信:用具 操十雄 2018年01月11日(木) 10:13

おお、これは、一切の矛盾なくやった結果、説明が足りずに矛盾がでるという矛盾という名のジレンマですね。
まだ前話の手直しするにはあと二話投稿しなければいけないのであれですが、ヤトの睡魔はアイテム無効です。
だって、彼の人間化は宝箱ですから、箱の材質は初めからそう作られただけの存在であり、後付けで変化は不可能です。
ここで重要なのは、彼の弱さだと思って頂ければ大丈夫です。

仮に、普通の人が同じ状況でソウルイーターと戦っても圧勝します。
レベル100にも下の下~上の上まであるのです

MPの浪費も後先考えずに好き勝手に暴れたらあっという間に切れます。
私はRPGを後先考えずにプレイしてよくMPを枯渇させてます
ボス戦が実は連戦とかだったりして、うっかり死にかけたりします

そういう理由なんです。


感想ありがとうございます。
ご指摘の点は、話中でわかりやすいようにまとめて治す予定です
なにか不明な点があれば話中で捕捉しますんで、またお願いします


なかたまん  2017年12月23日(土) 05:12 (Good:2Bad:0) 報告

結局アインズから友を取り上げるという選択に違いはな
いんだけど蛇さん 事故評価が低すぎて本質を掴み損なうところは似た者同士だなこの蛇と骨 
蛇の選んだものは自分以外のすべてかな? 

あと、ヤトの二週めという自認は真実なのか? 一応あり得なかったはずの世界として回想が始まったはずだけど…そこが気になる 作者の、あるいはダイスが設定したのはどっち?

次回も楽しみにしてます

返信:用具 操十雄 2017年12月23日(土) 23:30

様々なことはお察しの通りです。
蛇の選択も然り、真実が重要ではなく、自らの手で選んだ過程こそが重要なのです、蛇にとっては
全てのピースを繋げるのは大変ですが、それもそろそろ終わりです。

活動報告へ、世界の真実を乗せておきますね。
あまり、見ない方がいいかもしれないですが、最後尾に乗せておきますのでご注意を。


感想、ありがとうございます


[] ID:maFCjKpA  2017年12月22日(金) 03:01 (Good:2Bad:0) 報告

毎回毎回新しい話が来るたびに
「頼む…!アインズ様が幸せになってくれ…!」と必死に念じながら読んできた俺ですが
今回の話でついに「ヤトも幸せになってくれ…!」まで念じるようになりました

最初から一貫してヤトにしがみついていたアインズ様に比べると、
ヤトは何がしたいのか若干わからないところがあったのだけど、
今回の話でそういうのがぶっとんでしまった。ここまでやりたい事がハッキリした奴は応援するしかない…!

返信:用具 操十雄 2017年12月23日(土) 23:27

まったく、どうしてそこに自分が混ざろうと思わないのか。
ただ、私事ですが、作者にも忠誠を捧げたい人がいました。今の彼は作者のオマージュの一部とも言えます。
困ったもんですね、よりによってヘロヘロさんがこの世界にいるというのに。

蛇への感情移入は嬉しいです、ありがとうございます。

感想、ありがとうございました。


トカレフ  2017年12月21日(木) 23:49 (Good:2Bad:0) 報告

つ、つまりヤトは最初から二人だった!?
結末を見てにじふぁん時代に読んだ大帝国のキングの話を思い出した
父、友、夫どれを選んでも、どこかが欠けて読者的にはビターエンドになる感じと
大団円の道のりはないのだろうか...
ハスターに頼らずに、ナイアーラトテプに協力して村人生け贄ルートで門を開くとか?
蛇に対する憎悪をなんとかできるならどうにかならないだろうか

返信:用具 操十雄 2017年12月23日(土) 23:23

大団円の道はありました。
これまでその道を辿る選択が4,5回ありましたが、全てヤトは外しました。
決して低い確率ではありませんでしたが、どう言うわけか彼は自分を犠牲にする選択だけ確実に選んでここにいます。
きっと、作者の意図を外れてそういう生き方を、いや、死に方を望んで一人歩きする蛇になってしまったんでしょうね

だから、「他に幸せになる選択肢がこの世界にいくらでもあるというのに」と、娘にいわれちゃうんですよ
既にここからは作者の想定したシナリオを離れました。

馬鹿ですよね……

感想ありがとうございます


三次たま  2017年12月19日(火) 22:08 (Good:2Bad:0) 報告

 うへぇこの話超甘い()。
 タイトルの「ハスター」ってなんじゃらほいと思って調べてみたらまんま黄色だったのね……
 前話の元ネタ気になって山脈だけ読んでみたけど、全然修行が足りないわ

 しかし、作者の悪意が反射してしっぺ返しが起こるというのも、ある意味アインズ様らしいっちゃらしい。作者自ら討たれに行く原作再現とはなんとも胸熱ですが、無理はなさらぬよう
 
 

返信:用具 操十雄 2017年12月20日(水) 02:36

最近、ヤトまでボクに刃向かうんです……
彼だけは都合のいい操り人形だったはずなのに、どうしてでしょうか
副王ヨグ=ソトースも、玩具修理者も顕現不可能になりました。

ま、作者が小説として書いていたら絶対に不可能な展開になったので、それはそれで満足ですがね……馬鹿蛇め

感想ありがとうございます。次話は創意工夫、切磋琢磨しながら必死こいて制作中です。


JohnDoeDX  2017年12月06日(水) 16:08 (Good:3Bad:0) 報告

まだ建国篇までしか読んでないけどハッピーエンドで良かった… 閲覧注意とか書かれたときはメッチャ不安だったよ
でもダイス目によってはバッドエンドもありうるんですよね… コワイ!
とっても面白かったです!

返信:用具 操十雄 2017年12月08日(金) 00:40

ここまで書いて思うのです。
主役が死ぬまで書こうと決めて始めたこのSSに、バッドエンドなんてなかったんじゃないのかと
バッドエンドって中途半端で終わらせて嫌な後味を味合わせるのがバッドエンドで、最後までやり切ったらどんな√でもそれなりに幸せなんじゃないかなぁ、と

じゃないと、救いがないですもんね
まぁ、どこに行っても救えない奴はいますけどね

感想ありがとうございます。


ナオキング  2017年12月05日(火) 23:10 (Good:2Bad:0) 報告

作品の中身についての感想でなくて申し訳ないのですが、
これだけの分量を書き上げる事が出来るのが何よりも凄いなと感じました。
相当原作が好きで無いと無理だと思います。
私も曲がりなりにもオーバーロードのファンなのでこういう方がいるんだなと知れて嬉しいです。

返信:用具 操十雄 2017年12月06日(水) 19:43

多分、私はオーバーロードの純然たるファンとは言えないかもしれません。
原作は好きです。ラノベで唯一購入しているシリーズですが、感動もしなければ、影響も受けませんし、魂を揺さぶられることはありません。このSSを書くために10周以上読みましたが、それでも愛読書に比べればまだまだです。聖書は手あかがついて紙が変色し、紙魚でさえ食わなくなってからが本番ですもんね

人間を辞めた鈴木悟さんは大好きです。

女だったら結婚しています。ずっと好きでいるために、相手のことを調べ尽くしました。その結果、違うルートを自分で書かずにいられなくなった人間の末路みたいなもんです。このSSが完結したら私はオーバーロードに飽きるでしょう、タブン。
百万文字以上も書いてようやく、四六時中オバロのことばかり考えるシンドロームから解放されましたよ。飽きるまであと五十万文字ってところでしょうかね、頑張ります! いやだ! ここから更に50万文字って、俺に死ねと申すか!

感想ありがとうございます。13巻楽しみですね




感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。