毎日毎日、深海棲艦は海で暴れて嫌になっちゃってたのは遥か昔。

かつて海と国の平和を守るために戦った美しき護国の乙女、艦むすたちは今では深海棲艦のいない世界で平穏な毎日を送っていた。

だが、人と人との間に時々生まれてくる彼女たちは、自己の存在理由に思い悩む。

「戦わない私たちに意味があるのか」
「人を遥かに超えるこの力はなんだ」
「そもそも私たちは兵器なのか、人なのか」
「こんな私たちに生きる価値はあるのか」
「なぜ私たちは生きるのだ」
「意思とは」
「そして、生命とは」

だけどある程度の年齢を重ねるとそんな事はど―――でもよくなって、誰もが己の内にある、たった一つの大切な想いに気が付く。


『私の提督を見つけなければ』


この話は運命の提督を見つけるべく奔走する彼女たちと、
ロックオンされちゃった提督適正者たちとの恋の日常である。

恐らく、メイビー。
  『僕』と『正規空母:加賀』2017年10月29日(日) 06:00()
  『無職男』と『駆逐艦:陽炎』2017年11月01日(水) 06:00()
  『ホスト』と『戦艦:霧島』2017年11月04日(土) 06:00()
  『意識高い男』と『重巡:愛宕』2017年11月07日(火) 06:00()
  『弟』と『軽巡:由良』2017年11月10日(金) 06:00()
  『僕』と『正規空母:翔鶴』2017年11月19日(日) 06:00()
  『無職男』と『駆逐艦:黒潮』2017年11月22日(水) 06:00()
  『ホスト』と『戦艦:比叡』2017年11月25日(土) 06:00()
  『ヒモ(主夫)』と『重巡:那智』2017年11月28日(火) 06:00()
  『独り身男』と『軽巡:川内』2017年12月01日(金) 06:00()
  『僕』と『正規空母:赤城』2017年12月07日(木) 06:00()
  『無職男』と『駆逐艦:不知火』2017年12月10日(日) 06:00()
  『ホスト』と『戦艦:榛名』2017年12月13日(水) 06:00()
  『無職男』と『駆逐艦:萩風』2017年12月15日(金) 06:00()
  『意識高い男』と『重巡:高雄』2017年12月16日(土) 06:00()
  『学者』と『駆逐艦:初霜』(設定回)2017年12月17日(日) 06:00()
  『僕』と『正規空母:瑞鶴』2017年12月19日(火) 06:00()
  『無職男』と『駆逐艦:磯風』2017年12月22日(金) 06:00()
  『ホスト』と『戦艦:金剛』2017年12月25日(月) 06:00()
  『三文小説家』と『駆逐艦:朝霜』2018年02月07日(水) 06:00()
  『僕』と『正規空母:飛龍』2018年03月02日(金) 06:00()
  『無職男』と『駆逐艦:初風』2018年03月09日(金) 06:00()
  『服飾家』と『戦艦:陸奥』2018年03月14日(水) 06:00()
  『絵描き』と『重巡:足柄』2018年03月19日(月) 06:00()
  『負け犬』と『駆逐艦:島風』2018年03月23日(金) 11:00()
  『電波男』と『軽空母:飛鷹』2018年05月01日(火) 06:00()
  『無職男』と『駆逐艦:舞風』2018年05月07日(月) 06:00()
  『父』と『戦艦:扶桑』2018年06月27日(水) 06:00()
  『夫』と『戦艦:山城』2018年07月10日(火) 06:00()
  『無職男』と『駆逐艦:秋雲』2018年07月17日(火) 06:00()
  『僕』と『正規空母:Ark Royal』2018年09月09日(日) 06:00()
  『無職男』と『駆逐艦:時津風』2018年09月14日(金) 06:00()
  『困った人』と『戦艦:Richelieu』2018年10月04日(木) 06:00()
  『意識高い男』と『重巡:鳥海』2018年10月15日(月) 06:00()
  『あるじ』と『駆逐艦:夕立』2018年11月15日(木) 06:00()
  『孝行息子』と『駆逐艦:望月』2018年12月31日(月) 06:00()
  『無職男』と『駆逐艦:嵐』2019年01月08日(火) 06:00()
  『運転手』と『駆逐艦:春風』2019年02月13日(水) 06:00()
  『幼馴染』と『重巡:最上』2019年02月20日(水) 06:00()
  『無職男』と『駆逐艦:浜風』2019年04月30日(火) 06:00()
  『僕』と『正規空母:Graf Zeppelin』2019年05月30日(木) 06:00()

読者層が似ている作品

重傷を負ってから艦娘が過保護すぎる件(作者:アオヤギ)(原作:艦隊これくしょん)

 提督として世界を守るべく指揮を執らなければならないのに、一度重傷を負ったことですっかり心配性になってしまった艦娘たちに過保護に甘やかされる。そんなお話です。▼ 本作はPixiv様でも掲載しています。


総合評価:20714/評価:8.73/話数:23話/更新日時:2019年03月04日(月) 05:23 小説情報

辞めたい提督と辞めさせない白露型(作者:キ鈴)(原作:艦隊これくしょん)

辞めたい提督と辞めさせたくない白露型の戦い。▼


総合評価:18409/評価:8.69/話数:32話/更新日時:2019年07月07日(日) 21:00 小説情報

汚い艦娘を見つけたので虐待することにした(作者:konpeitou)(原作:艦隊これくしょん)

艦娘を道具としか見ていない最悪のブラック提督が、可哀想な艦娘達を虐待するお話。


総合評価:25683/評価:8.58/話数:44話/更新日時:2018年07月10日(火) 18:30 小説情報

ラストダンスは終わらない(作者:紳士イ級)(原作:艦隊これくしょん)

 艦娘ハーレムを夢見る一人の男に、提督の素質がある事が判明した。▼ その欲望を叶えるべく提督となった男が着任させられたのは、前提督の暴挙により疲弊し、提督に不信感を持つ艦娘が多く所属する横須賀鎮守府。▼ そんな事情は露知らず、打算と保身と色欲に従って行動する提督だったが、その結果、何故か歴戦の強者揃いの艦娘たちには一目置かれて――?▼ すれ違い、勘違い、だけ…


総合評価:39998/評価:9.29/話数:60話/更新日時:2019年06月15日(土) 19:00 小説情報

提督落ちたから自力で鎮守府作る。(作者:空使い)(原作:艦隊これくしょん)

艦これのアカウント登録数=提督適正者数。▼でも鎮守府の数は20くらい。▼当然、提督になれるのは超優秀な極一部だけ。▼提督になれなかった青年が、おっぱいの大きい艦娘といちゃこらすべく自力で鎮守府を作っちゃう系のお話。▼勘違い要素もあるよ。


総合評価:23014/評価:8.72/話数:19話/更新日時:2019年06月07日(金) 06:09 小説情報

いちゃいちゃ大好き提督日常(作者:ぶちぶち)(原作:艦隊これくしょん)

 軍神と謳われし伝説の提督。かつての栄光を胸に秘めて、今は後方にて前線を支え続ける…なんてこともなく。▼ ようやく得た日常をいっぱい楽しむために、スケベに純情に楽しむだけであった。▼


総合評価:5281/評価:8.25/話数:200話/更新日時:2019年07月07日(日) 13:12 小説情報

二周目提督がハードモード鎮守府に着任しました(作者:ベリーナイスメル)(原作:艦隊これくしょん)

モニタに吸い込まれる式異世界転移したら艦これ世界でした。▼ゲームと違ってハードモードな鎮守府で提督として頑張るお話。▼俺tueee系ハーレム物書こうとしたらカップ麺出来るまでに飽きたので少年漫画風味にしてみました。▼艦これ戦記小説()として頑張りたい、頑張りたくない?▼


総合評価:20841/評価:8.49/話数:100話/更新日時:2019年07月18日(木) 00:01 小説情報

提督「辞めたい……」(作者:水源+α)(原作:艦隊これくしょん)

 着任後から一年間が経ったある日、提督は鎮守府近くの病院の病室に居た。誰かに階段から突き落とされた結果、骨折してしまったのだ。 犯人は以前として見つかっていないものの、艦娘の誰かというのは明らか。といっても一年間もの間、前任のせいもあり、艦娘達から酷い風評被害を受け、無視や陰口、暴力等が日常的に行われていたのでいつかこうなるとは提督も分かっては居た。これまで…


総合評価:2941/評価:7.00/話数:8話/更新日時:2019年07月21日(日) 16:19 小説情報

妖精さんの勧めで提督になりました(作者:TrueLight)(原作:艦隊これくしょん)

幼少期から妖精を視認、会話することができた少年。▼そんな彼を学校の同級生や教員、果ては両親までもが異端視していた。▼妖精だけを己の友と定めた彼は、高校卒業と同時に世間から離れ、人里離れた山奥に移り住むことに決めた。▼そしていざ行動を起こそうとしたある日、突然家に海軍を名乗る人間が現れ、彼をとある場所へ連行する。▼大本営。それは深海棲艦という海からの侵略者を退…


総合評価:4314/評価:6.91/話数:35話/更新日時:2019年07月17日(水) 08:13 小説情報

絆レベル10のカルデア(作者:ヒラガナ)(原作:Fate/Grand Order)

人類最後のマスター、藤丸立香。▼彼は運命の悪戯によって世界を救う羽目になった『ごく普通』の少年である。▼というのは、大嘘である。▼彼には生まれついてのスキルがあった。▼いかなるサーヴァントもマスターラブ勢にしてしまう『サーヴァント特攻(ハート)』。▼聞けば羨ましいスキルなのだが……それは、どんな宝具よりも危険な代物であった。▼これは、自身の貞操を守るついでに…


総合評価:8280/評価:8.33/話数:11話/更新日時:2019年07月21日(日) 05:19 小説情報