〈西風の旅団〉。かつてヤマトサーバーに存在した伝説の集団〈放蕩者の茶会〉の一員であったソウジロウ・セタが、茶会の解散後に設立した戦闘系ギルド。茶会の流れを汲んだそのギルドには、放蕩者たちが数名参加した。

 多くはソウジロウLOVEを理由に加入した女性プレイヤーだったが、その中でただ一人、男性でありながら参加したメンバーがいたのだ。
 茶会に於いてはその"特殊なビルド"により時に前衛、時に後衛と便利屋的な活躍をし、茶会のおぱんつ戦士・直継をして「もしかするとシロより黒いかもしれない……」と言わしめる黒さで参謀陣の一角を占めた。
 〈西風の旅団〉ではサブギルドマスターを務め、一年前に起こった"ある出来事"でギルドを去るまでの一年間で、女性ばかりの集団をヤマトサーバー内有数の戦闘系ギルドまで育て上げた、腐った目と捻くれた言動、後ろ向きな心を持った"彼"。
 イサミが副長と呼び、もしかするとソウジロウ以上に慕っていたかもしれない〈暗殺者〉。"彼"のプレイヤーネームは“八幡”と言った。

※本作は誤って削除してしまった為、再投稿です。現在はすでに再投稿前の話を追い越しています。第二十四話にて、第一章完結しました。

この作品は〈やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。〉×〈ログ・ホライズン〉(主に西風の旅団)のクロスオーバー小説となっております。一応どちらかが未読でも内容が分かるように書いていきたいと思っていますが、それゆえ多少説明文が多めかもしれません。なお、話が進むにつれ、徐々に文字数が増加します。

またこの作品は、俺ガイルクロスでありながら一人称ではなく三人称を採用しております。理想は群像劇的に仕上げることですが、はてさてどうなることやら。

基本的には1週間に1~2回くらいの更新ペースになるかと思います。

感想・評価は随時募集しております。また、誤字や脱字、文法間違いや設定のミス等はご指摘いただけましたら反映させていただきます。

※現在第三十三話の修正と、第二章の構成の練り直しを行っております。更新はしばしお待ちください。
第一章 そして、“彼”と“彼女”は再び出会う。
  第一話 こうして、比企谷八幡は〈大災害〉に巻き込まれる。()
  第二話 覚悟する間もなく、イサミの戦いは始まる。2015年03月27日(金) 17:29()
  第三話 おもわず、比企谷八幡はその手に武器を取る。2015年03月27日(金) 17:32()
  第四話 あらためて、ソウジロウ・セタは誓いを立てる。(やはり俺が〈西風の旅団〉の副長なのは間違っている。 その1)2015年03月27日(金) 17:35()
  第五話 ようやく、比企谷八幡は色々考え始める。2015年03月27日(金) 17:39()
  第六話 やはり、ナズナは〈西風の旅団〉のオカンである。 前編(やはり俺が〈西風の旅団〉の副長なのは間違っている。 その2)2015年03月27日(金) 17:42()
  第七話 やはり、ナズナは〈西風の旅団〉のオカンである。 後編2015年03月27日(金) 17:48()
  第八話 しぶしぶながら、比企谷八幡はお金を稼ぐ。 前編2015年03月27日(金) 17:55()
  第九話 しぶしぶながら、比企谷八幡はお金を稼ぐ。 後編2015年03月27日(金) 18:21()
  第十話 こうやって、イサミと“彼”は出会った。 前編(やはり俺が〈西風の旅団〉の副長なのは間違っている。 その3)2015年03月30日(月) 06:23()
  第十一話 こうやって、イサミと“彼”は出会った。 後編(やはり俺が〈西風の旅団〉の副長なのは間違っている。 その4)2015年03月31日(火) 00:17()
  第十二話 ある日、サラは〈大災害〉を目の当たりにする。2015年04月02日(木) 06:24()
  第十三話 だから、ひさこは“黒さ”に目覚めた。 前編(やはり俺が〈西風の旅団〉の副長なのは間違っている。 その5)2015年04月05日(日) 21:56()
  第十四話 だから、ひさこは“黒さ”に目覚めた。 後編2015年04月09日(木) 17:31()
  第十五話 覚悟を決め、イサミは刀を抜く。 前編2015年04月11日(土) 19:11()
  第十六話 覚悟を決め、イサミは刀を抜く。 後編(やはり俺が〈西風の旅団〉の副長なのは間違っている。 その6)2015年04月16日(木) 05:12()
  第十七話 誓いを胸に、ソウジロウ・セタは衛兵と相対す。(やはり俺が〈西風の旅団〉の副長なのは間違っている。 その7)2015年04月20日(月) 05:07()
  第十八話 それでも、ナズナは〈西風の旅団〉のオカンである。(やはり俺が〈西風の旅団〉の副長なのはまちがっている。 その8)2015年04月25日(土) 18:51()
  第十九話 どこまでも、比企谷八幡は変われない。 前編2015年04月30日(木) 20:06()
  第二十話 どこまでも、比企谷八幡は変われない。 中編(やはり俺が〈西風の旅団〉の副長なのは間違っている。 その9)2015年05月04日(月) 05:34()
  第二十一話 どこまでも、比企谷八幡は変われない。 後編2015年05月08日(金) 21:12()
  第二十二話 そして、“彼”と“彼女”は再び出会う。 前編2015年05月10日(日) 05:41()
  第二十三話 そして、“彼”と“彼女”は再び出会う。 中編2015年05月14日(木) 05:34()
  第二十四話 そして、“彼”と“彼女”は再び出会う。 後編(やはり俺が〈西風の旅団〉の副長なのは間違っている。 その10)2015年05月20日(水) 21:33()
間章1 それぞれの場所で、彼ら彼女らの戦いが始まる。
  第二十五話 とある昼下がり、イサミは“剣豪将軍”と出会う。+第二章開始時点登場人物紹介@俺ガイルサイド2015年05月24日(日) 05:38()
  第二十六話 突然に、カワラは〈西風の旅団〉の前に現れる。+第二章開始時点登場人物紹介@西風の旅団サイド(やはり俺が〈西風の旅団〉の副長なのは間違っている。 その11)2015年05月26日(火) 03:13
  第二十七話 暗い森の中で、アカツキは“目の腐った〈暗殺者〉”に遭遇する。+第二章開始時点登場人物紹介@sideログ・ホライズン2015年05月30日(土) 05:32()
第二章
  第二十八話 突然の呼び出しに、比企谷八幡は逡巡する。 前編2015年06月07日(日) 04:12
  第二十九話 突然の呼び出しに、比企谷八幡は逡巡する。 中編2015年06月12日(金) 23:57()
  第三十話 突然の呼び出しに、比企谷八幡は逡巡する。 後編2015年06月18日(木) 06:11()
  第三十一話 図らずも、ソウジロウは3人のギルドリーダーたちに遭遇する。2015年06月23日(火) 05:14
  第三十二話 訓練に訪れたフィールドで、イサミはPK現場に行き当たる。  2015年06月28日(日) 05:42()
  第三十三話 この世界でも、比企谷八幡は逃げられない。()
X(Twitter)  ▲ページの一番上に飛ぶ

読者層が似ている作品

最古参のボーダー隊員(作者:優心)(原作:ワールドトリガー)

ボーダーには、迅悠一や小南桐絵よりも更に古参の隊員がいた。▼その名前は酒井優心、ボーダー最古参であり個人総合1位のA級隊員である。▼これはそんな彼の物語である。▼(追記)▼今、もしオリ主が部隊を組む又は入る場合何処の部隊が良いかをアンケートで募集しております。仮にオリ主の部隊を作る事になりましたら、設定の所に隊員の情報を乗せる予定です。まだアンケートに答えて…


総合評価:144/評価:5.8/話数:3話/更新日時:2024年03月11日(月) 02:14 小説情報

五条悟の弟。暗殺教室へ(作者:理久)(原作:暗殺教室)

五条悟の弟である五条湊。▼彼は兄のように最強ではない。彼の兄曰く最強候補である。彼は呪術総監部からの命令で椚ヶ丘中学校3年E組に行くこととなる。▼そこで湊は呪術師として生徒として何を得る、もしくは失うのだろうか。▼毎週土曜日0時に投稿します。


総合評価:1336/評価:8.68/話数:19話/更新日時:2024年04月13日(土) 00:00 小説情報

超A級スナイパーは口下手すぎて周囲に誤解を与えてしまうのをなんとかしたい(作者:Yuri_____)(原作:ワールドトリガー)

グラスホッパー使って、巧みに攻撃を躱すスナイパーを書きたいなーと思ってたら、何故か陰キャコミュ障の主人公が出来上がってたお話です。▼■pixivにも同様の作品を投稿しています。▼□無断転載、盗作ではありません。


総合評価:2228/評価:8.33/話数:5話/更新日時:2024年03月16日(土) 22:15 小説情報

何度生まれ変わっても…(作者:トッシー@小覇王)(原作:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか)

オラリオ最強…いや、世界最強の冒険者まで上り詰めた転生者はとある金髪エルフを庇って絶命した…しかし物語はそこで終わらなかった▼※ベル君ハーレム壊します▼ オリ主ハーレム築きます▼ チート系で原作も多々崩壊やメタ発言あるので、読んでて辛い方は即座にブラウザバックでお願いします


総合評価:798/評価:6.77/話数:9話/更新日時:2024年01月26日(金) 18:00 小説情報

暗殺教室 呪力から脱却した暗殺者(作者:狼ルプス)(原作:暗殺教室)

天与の暴君と謳われた伏黒甚爾の他に一般出身の天与の暴君がいたらと言う話です。▼この作品の世界線は本編呪術廻戦とクロスしています。


総合評価:1202/評価:7.29/話数:10話/更新日時:2024年02月03日(土) 22:00 小説情報