Fate/erosion
作者:ロリトラ

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

ホワイト・ラム  2018年06月27日(水) 20:19 (Good:0Bad:0) 報告

投稿お疲れ様です。

なんとか、峠は越えたようですが、レアが残した傷は大きそうですね。
平穏と言えば平和そうに聞こえますが、それを無理やり演じ続けるのは少し違うと思います。

この誓いが、重しになって。この平和な日がいつか懐かしむ過去へとなるんでしょうね。

投稿、無理しない程度に頑張ってください。

返信:ロリトラ 2018年06月27日(水) 20:38

感想、ありがとうございます

あくまで、一時的に持ち直しただけで本質的には何の解決にも至ってない。そんな感じを目指してこれからも2人を虐めて行きたいと思います()


ホワイト・ラム  2018年06月24日(日) 22:06 (Good:0Bad:0) 報告

投稿お疲れ様です。

ふんふん、ルキアは過去にレアと関係があったのか……
というか、目をえぐったという事はやはり何か、契約をするほどのことが……
少し過去が気になりますね。

さてさて、セイバーが消えてしまうという鉄火場ですが、この後どうなるのか……
まだまだ他にもサーヴァントはいる様ですし、今後の展開に注目ですね。

返信:ロリトラ 2018年06月25日(月) 01:57

感想ありがとうございます

レアはルキアに対して相当ひでーことをしました……0:10でレアが悪いレベルのことを()
今のところ裏設定レベルで本編内で書く予定はないのですが、気が向けばそのうち書くかもしれません

まだ脱落したサーヴァントは1騎だけですからね、これからが聖杯戦争も本番です


ホワイト・ラム  2018年06月15日(金) 21:51 (Good:0Bad:0) 報告

投稿お疲れ様です。

なかなかのハイペースですね。無理などなさらないように……

なるほど、パスを通して令呪の共通使用にしたのはこの為ですか。
セイバーを助けるために、動かざるを得なくしたんですね。

何だかんだ言って、両方とも手に入れようとするなかなかに狡猾な一面ですね。
モチーフ通り、罠を張って待ち構える毒蜘蛛の様な奴ですな。

返信:ロリトラ 2018年06月15日(金) 22:45

感想ありがとうございます
一応昔は週一でこのくらい以上のペースをキーファ出来ていたので、少しずつ慣らしていこうかな……くらいの感覚ですね

実は、これに関してはレアは特に意図して行動を起こしてなかったりします
割と偶然都合のいい方に転がっていったというか。原因もセイバー側にあるので。
悪運までいいとかホント手に終えねーなーこの若作りババア()


ホワイト・ラム  2018年06月10日(日) 20:40 (Good:0Bad:0) 報告

投稿お疲れ様です。

おー、実は半分くらい諦めてた作品ですが投稿されてて、うれしいですね。
セイバーとレアの夢の中での会話ですか。

聖杯戦争が終わるまでの間ですが、いろいろな物を失っていきますね。
妖刀を手にした者のサダメか、それとも未熟故か……

幼女が好きだということは分かりますが、その代償は高くつきそうです。
様々な物を失い、それでも笑みを浮かべてなお「守る」と口に出せる姿はかっこよくありますね。

セイバーもそんな優しさ(あるいは愚かさ)を知っているからこその今回の選択なんでしょうか。

続き待っています。無理せずゆっくり書いてくださいね。

返信:ロリトラ 2018年06月11日(月) 00:17

まさかホワイト・ラムさんから感想を頂けるとは……いつものぺドーくん楽しみに読ませていただいてます

本当は受験の終わった春頃には復帰したかったのですが新生活やらなんだかんだあった結果この時期まで伸びてしまいました
かつてよりはペースは落ち気味かもしれませんが気長に付き合っていただければ幸いです

戈咒君は、ある種プライオリティがハッキリし過ぎているんですよね。それが上のものを守る、救うためなら下のものを迷いなく切り捨てられる、そんなある種破綻した人間性なんです。
だから彼がそれだけ身を賭けるということは彼の中では何かを失ってでも守りたい、手にしたい、それだけの何かがあるということになるんですよね……


かんばる ID:JhB1Q.Jk  2017年11月26日(日) 17:34 (Good:0Bad:2) 報告

幕間/ライダーVSランサー~  5日目/一時閉幕


「破魔神杖・改ガンバンテイン・スプーヨート……どうだ、俺の槍は?」

その槍は、あらゆる魔を祓い、寄せ付けぬ神の一本。穂先に触れたものに掛かっていた魔術は全て解かれ、魔術が掛けられる以前へと逆転する魔術を否定する一撃。
それは権能一歩手前の魔術であっても例外なくかき消し、無効化する。



>北欧神話好きだからやっぱランサーいいなあー
無効化系ってのもいい……




そして、そこで魔力を完全に、今度こそ使い切ったのか地面へと鎖姫は倒れ伏す。

「なっ、もう一度即席ゴーレム……!?」
「サキ……!?いや、こうなったらここで決めるッ……ウル!!」
「後ろへと回られようが、問題ない……!!」


>サーヴァント戦でマスターがサポートするのいい。魔力使い切るまでのギリギリの戦いってのも



「ふん……興が削がれたわ。ランサー、貴方のマスターが……繰空 鎖姫が目覚めたら伝えておきなさい。セイバーのマスター共々今日の借りは必ず返してやるとね……!」



>大物感のある捨て台詞いい



「だから済まんって、急がないと……!」
「おい、今……鎖姫って言ったよな。繰・空・ ・鎖・姫・のことか……!?」
「え、ど、どうしてその名前を……え、まさか、お兄ちゃんって、ホントに……?」
「あぁ、そうだ。鎖姫は俺の妹だ。だからアイツの名前がなん今出てくるのか……いや、聖杯戦争関係に間違いないよな、なら今どういう状況になってるか教えろ!!」
「向こうでライダーと戦ってたはずだ、必ず勝つって言ってたから信じて来たんだけど……」
「この……バカ!そんなこと言ってる時のアイツはいっつも無茶するんだよ……どこだ、案内しろッ!」


>ア、そういえばあの状況なら鎖姫の兄って……って思ったけどやっぱりか!
鎖姫ちゃんの妹属性に期待
錬土がめっちゃ鎖姫ちゃん心配してるとこすき


それほどまでに疲れていたから、俺は気づけなかった。
セイバーが、アサシンを倒した後から霊体化したまま、反応のないことにーー

>…………え!?!?


かんばる ID:JhB1Q.Jk  2017年11月26日(日) 17:03 (Good:0Bad:1) 報告

#運対(小説形式や会話形式のものの投稿)#


かんばる ID:JhB1Q.Jk  2017年11月20日(月) 11:16 (Good:0Bad:0) 報告

5日目/選別




「へぇ……いいじゃない。イカレをただ討伐するだけなんて、この私のデビュー戦にしては華がないもの。舞台を既に暖めておいてくれるなんて、そこらの凡百の魔術師マスターにしてはいい仕事するじゃない。なら、私のやることはただ一つ。派手にのりこむだけよ!!」
「そりゃいい、マスター。派手な喧嘩は俺も大好きだ。火山が噴火し、豪雨が巻き起こり、溶岩流が島の大地を覆い、津波が島を飲み込んだ、アイツとの喧嘩を思い出すな。」



>二人ともいいキャラしてるなー。
ライダーの喧嘩すげえな……なにそれ気になる


「はっはーー!どうだいマスター、乗り心地はよ!」
「あはははははははは、いいわねこれ!最っ高に目立つじゃない!このまま最高速でぶっ切っちゃいなさいライダー!!」


>こいつら楽しいなあ



「さぁ、あなた達も名乗ってみなさい。つまらない端役だとしても、名前くらいは覚えておいてあげるわ。この私の輝かしい功績を彩る飾りとしてね!!」



>この自分サイコー感大好き






「何してるの、早くお兄ちゃんを連れてどっか行きなさいよ。」
「え、へ?お兄ちゃん?というか、どういう事、俺の事を庇ってくれたの?」
「はん、冗談は寝言だけにするべきよ。貴方は私が倒すべき敵よ。けれど、さっき命を救われたのも、お兄ちゃんを救ってくれたのもめちゃくちゃムカつくけど事実。ならまずは借りを返さないと私が気持ちよく戦えないじゃない。」
「俺は別に鎖姫ちゃんと戦う気は無いんだけども……」
「貴方が無くても私にはあるのよ、というか馴れ馴れしく呼ばないでよロリコン、キモい、気持ち悪い。」
「ガフッ……きも……」

こうかはばつぐんだ!
きゅうしょにあたった!
いちげきひっさつ!



>ここの一連の流れすき、最後めっちゃ笑うし、鎖姫ちゃんの矜持がかっこいい


「私を信じなさいよ。貴方を倒すべき好敵手はこの程度で死にはしないわ。」

ーーその、言葉が。

『私を信じて、◼◼◼◼。』

遠い過去の、なにかの記憶と重なったようで。

ーーーーッッ!



>気になる描写





「そう、なら私も名乗りをあげないとね。」

ザリ、と地を踏む音に振り返ると。

「私こそがこの土地に根を張るゴーレム使いの一族、繰空家の七代目当主!!繰空鎖姫よ!!」

それは、ランサーと共に地に足を突き立てて堂々と胸を張る、鎖姫ちゃんの姿だった。


>おお、こうなるのか、主人公不在バトル、いいね……バトロワの醍醐味




「やっぱり……おまえか、六道、尊……!」

その奥には、アサシン達を引き連れその背に抱えられた六道が俺たちを待ち構えるようにその場にいた。


>こっちでもバトル……いいね!


返信:ロリトラ 2017年11月20日(月) 15:33

感想ありがとうございます

ライダーは■なのでやりたい放題してたり……なおこの喧嘩相手は嫁さんの模様、自重しろバカども

実際に才能はあって自分に自信があるのは間違いないですからね……ある意味ケイネス先生みたいに勝つのは確定事項でその上で自分の家の名を上げる、みたいに考えてる節もあります

鎖姫ちゃんはホント戦士みたいな思考してますからね……故にサーヴァントとの性格的な相性は真っ当な英霊なら大体いいですが、そのせいで性格的には魔術師に向いてないっていう……

色んな所で同時に戦線が勃発するのいいですよね……この辺の戦いとか完全に趣味です()


かんばる ID:JhB1Q.Jk  2017年11月13日(月) 01:58 (Good:0Bad:1) 報告




5日目/斬人波涛



けれど、俺はその道を選べない。
だって、俺はマスターであり、1人の人間であるその前に。
ただのロリコンなのだからーーーー!!


>ほんとロリコンなのにかっこいいのが面白い
残酷な選択をロリコンだからで突破するのいいなあ!



「ーーだけど。
だけど、勝ちを捨てるつもりもない。君の為に聖杯戦争に勝つと決めた、それは真実だ。なら、俺は彼女を救い、ランサーを倒して。そして君を聖杯へと到らせるよ。ロリコンとして誇りにかけて誓ってみせる。必ずだ。だから………彼女を救わせてくれ、俺に目の前で幼女を見捨てるようなことをさせないでくれ………!!」

数十分にも感じられる、されど実際は数秒程の静寂。
それを断ち斬るようにセイバーの溜息がこぼれる。

「あぁ、あぁ………そうじゃな。お主はそういう奴じゃった。全く、儂も見る目がない……こんな変な男をマスターに選ぶとは。じゃが、そこまで言い切って見せたのじゃ、あの小娘を救い、他のサーヴァントを斬り伏せ、必ずや聖杯を儂と共に掴むぞ、ますたぁよ!!」
「あぁ!!」


>ロリコンがアイデンティティ、ロリコンであることを譲れない……自分を貫く熱いシーン、でもロリコン!




『ロリコンセイバーって……儂がセイバーなのに……完全にますたぁにイメージが侵食されておるのじゃ…………』


>wwwww



て、え、ちょ、そこで落ち込むの?ちょっと今そういう雰囲気じゃないから空気読んで、ね?
『お主がその台詞を口にするか……!?』

>ほんとだよwwww


「当たり前でしょう、でなければ誰が好き好んでこんな殺し合いをしますか、私達は狂人じゃないんですから。」
「……どの口が言うんだよ、お前達のがよっぽど狂人だ。」
「はぁ……あなた達はいつもそうだ。私は料理人として美食の粋を究めたいだけだというのに。そしてその果てに辿り着いたのが人肉食、ならばそれを喰らうことに何の問題があるというのだ、なのに世間はそれを解なさい!だからこそ、私は聖杯へと願う!!世界を我が美食を解する客と、それ以外のヒトという家畜へと分けるように!!そうして真の美食を理解する者だけが好きなだけヒトを食べられる理想郷アルカディアが誕生するんだ!!!」


>うわあ、やべえーやつだ…… 本人達が至って真剣大真面目なのがやべーってなるね……


「この場合は噛み合わせが悪かった、ってこか。アサシンと猟理人、2人の人肉食者カニバリストの運命の出会いとか巫山戯すぎだろコノヤロウ。」

>かみ合わせ。上手い言い回し


『そんな取ってつけたように謝られても儂の機嫌は治らんのじゃ。じゃから今の償いは……そうじゃのう、パンケーキ3枚くらいで勘弁してやろう。』
「え………本気かよ……」

この分じゃ、ホントに毎日もやしライフも遠くないんじゃあないだろうか。


>かーーーわーーーいいーーーー!! そしてもやしで笑う




「全く、仲間意識の強い動物はこれだから楽だ……ジョン、手筈通りに。」


>ひえ~~人間を動物だと割り切ってる……こわい




「童貞のまま死ねるかコノヤロウ、お前が原因なんだからお前が死ね!だいたい俺に人質以上の価値ないしお前が死んだら解放されるじゃん!」
「いやいや、俺だってまだ見ぬ世界中のロリが俺を待ってるんだよ?だから仇はちゃんと取ってやるから安心しろ!」


>ここいいなあww そうだよな、童貞のまま死ねないよな!
こういうシンプルな欲求が、死っていう普段は体感できないものと一緒に提示されてると、ものすごく感情移入しやすいことに気づいた 童貞のまま死ねない!




アノヤロウの力を借りて身体を銃弾を受けた瞬間だけ刀へと変質させる。これ以外に手がないから仕方ないだろ。


>おお、なるほど……! 上手い

そしてその揺れに慣れる間もなく突如として床と壁から間欠泉のように幾つも吹き出してきた濁流に呑まれ、声を出す間もなく俺達は流され、そして意識を失った。

>なんと!? どうなる……!!


かんばる ID:JhB1Q.Jk  2017年11月13日(月) 00:27 (Good:0Bad:0) 報告


5日目/ドレイン


れろ……ちゅぷ、ちゅぽ、といった血液を舐め取る音が静寂たる地下下水道中に広がって響いてるように感じ、その響きは耳を刺激する。


>えっちだ……


「そういう訳にはいかないよ。大切なパートナーなんだし………でも。さっきの指チュパは心臓に悪いからもう勘弁して欲しい………」
「………え、お、お主。まさか、アレで欲情しておったのか……!?さ、流石の儂もドン引きじゃぞ………!!」
「し、仕方ないだろ。だいたいなぁ、お前が……」


>しょうがないよえっちだから……


ロリの指チュパって興奮しません?え、それで興奮するのは変態だけ?あ……そう。

>するよ(真顔) ドレインってそういうことかよ!!www

返信:ロリトラ 2017年11月13日(月) 01:06

みんな大好き指フェラ
天啓を受けた俺は指フェラ系の画像を漁ってインスピレーション(情欲)を高めまくって書きました

ドレインには一応呪いを吸い取ってくれたって真面目な意味もあるので……


かんばる ID:JhB1Q.Jk  2017年11月13日(月) 00:15 (Good:0Bad:0) 報告


お兄ちゃんを………食べる……?
肉に、解体して、食べる。

どういう、どういう、どういう、こと

肉に、解体。食べられる。つまり、死ぬ。


お兄ちゃんが、死ぬ。

また私を遺して、死ぬ。

嫌だ。

イヤだ、イヤだ、嫌だ、いやだ、いやだ嫌だイヤだいやだ嫌だイヤだいやだ嫌だイヤだいやだイヤだいやだ嫌だイヤだいやだ嫌だイヤだいやだ嫌だイヤだいやだ嫌だイヤだいやだいやだいやだイヤイヤイヤイヤイヤイヤイーーーー!!



>鳥肌と絶望感がすごい……



……そうだ、なら丁度いい。令呪コレも使ってしまおう。

「令呪を持って我が傀儡に命ずる。ランサー、アサシン共を全てぶち殺せ。」
「んなっーーー!!」




>やっちまえぶち殺せ!!!!って気持ちと、ああやばい暴走しとる……という気持ち……



「あぁ、漸くの到着ですか。予定外が続いてまいりましたよーーーセイバー。」
「悪いけど、ロリコンは幼女のピンチに駆けつけるものって相場が決まってるのさ。」

私を助け、目の前に立つのは。

爆破されたアジトに入る前に置き捨ててきた、ロリコンセイバーのマスターだった。

>かっけええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

返信:ロリトラ 2017年11月13日(月) 01:03

鎖姫ちゃんには家族関連でトラウマ持ちなのでこういうのはかなりガツンと響きます
ブラコンなのも多少はこれが影響してたり

暴走してもうここで全て終わってもいいって思ってるなってイメージで書いてました、イメージはゴンさん()

ロリの前で格好付けずしていつロリコンが格好付けると言うんだッッ!って気持ちで書きました()



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。