サラダ・デイズ/ありふれた世界が壊れる音
作者:杉浦 渓


▼感想を書く

いりや2351  2017年10月18日(水) 08:36 (Good:0Bad:2) 報告

 更新お疲れ様です。当時のウィリアムお爺ちゃんに婚約者が居て良かった。ていうか婚約者が居てもアウトなぐらい当時のマクゴナガル先生を口説いちゃってるし。
 ゴーント家はね~。この作品世界線だけではなく、原作世界線の設定からざっと読み取っても相当ヤバい家系っぽいですからね~。スリザリンさんはもうちょっと子孫に残す薫陶やら教訓やらに気を遣うべきじゃった。仲間達の仲違いしたばかりだったから余裕が無かったのか。或いは、スリザリンさんは人間ではなく人間に変身出来るぐらいに魔法力の高い蛇だったからそういう機微に疎かった、という可能性もあるのかな?
 次回の更新も楽しみにしています。それにしてもこの作品のニコラス御爺様は良いキャラをしてますよね。


赤の薔薇  2017年10月14日(土) 09:13 (Good:1Bad:0) 報告

トンクスとリーマス頑張れ!ですね


隴喰  2017年10月09日(月) 13:17 (Good:0Bad:0) 報告

シリウスのフラグがびんびんなんだけど!!びんびんびんびんびんびんびんびんなんだけど!!


どうなるこの世界線!!


ニクス  2017年10月09日(月) 11:37 (Good:0Bad:0) 報告

大変面白いです。登場人物たちがちゃんと成長しているのが素晴らしいです


いりや2351  2017年10月09日(月) 10:18 (Good:4Bad:3) 報告

 更新お疲れ様です。謎のプリンス編になってもシリウスが生きている、その事実だけでも胸がいっぱいになります。
 ダーズリー家で過ごすハリーのもとに二通の手紙が……、良かった、シリウスが生きてて本当に良かった。まあ、依然として死亡フラグは立ってるので油断は出来ませんけど。それにしても速攻で手紙に「息子へ」とか書いちゃうシリウスってば本当に父親初心者ですね~。でもこれでやっとシリウスおじさんからお父さんになれるんですね( ;∀;)(涙)。
 ブラック家にハリーを息子として迎えるに至り、父子初心者の二人が助っ人の協力のもと着手したのが部屋の模様替えとDIYか。良いじゃないですか、父親と息子っぽくて。こういう作業を通して絆を深めていくのは、ハリー&シリウスの父子だけでなくクリーチャーにとっても必要な工程でしょうしね。
 次回の更新も楽しみにしています。今回は謎のプリンス編全体の傾向からすれば珍しく明るい雰囲気のお話でした。だからこそ、その反動が次回に来やしないかとちょっとコワイ。


渦花  2017年10月09日(月) 06:38 (Good:2Bad:0) 報告

このハリポタは大人が"成熟した大人"であるパターンが多くてなんか新鮮に感じる……(ガマガエル上級次官、前魔法大臣から目を逸らし

シリウスも幼少の家庭環境よくないし、妖精にしごかれつつ良い親父になってくれ〜〜〜
やっぱり子どもの頃にどう父親として振る舞うかを知ってるかって重要だしね、勉強しようねパッドフット。


カフェ猫  2017年10月06日(金) 17:57 (Good:0Bad:0) 報告

色々な思惑やルールが絡んでる一筋縄じゃいかない雰囲気が好き
実際に戦闘が起こる前から始まってる戦争って感じ


いりや2351  2017年10月06日(金) 15:09 (Good:2Bad:1) 報告

 更新お疲れ様です。本編再開ですねっ! 人物紹介も面白かったのですが、やはり本編とは違いますし、謎のプリンス編のスタートを心より嬉しく思います。
 謎のプリンス編、開幕からお葬式。これは一筋縄ではいかない雰囲気ですね。一瞬ダンブルドア先生のお葬式かな?思ってしまいましたがこれは原作謎のプリンス編ラストのイメージが強い所為でしょうね。 原作ではハリーとダンブルドア先生の会話の中で流される程度にしか触れなかったアメリアさんの死ですが、この作品の世界線では彼女の事も結構深く掘り下げられていましたし、姪っ子であるスーザンの存在ありますからね。ガッツリと御葬式の描写が入るのも当然かもしれませんね。
 故人を悼みつつ微笑ましい会話を行う蓮&スーザンの二人に対して、蓮ママ&ボーンズ夫妻は大人のやり取りを交わしていますね。これは大人三人の情が薄い訳では無く、悲しみに暮れている場合では無い、という現状を正しく認識しているという事なのでしょう。事務的な会話の中に示唆的な内容を混ぜるという高度なやり取りにも、そういう厳しさと優しさが感じられます。相手を気遣いつつも、油断するな、という忠告を混ぜる。これが大人流。
 次回の更新も楽しみにしています。そういえば人物紹介シリーズは、蓮に始まり、ハーマイオニーに終わってるんですね~。お前ら本当に仲良いなっ!


いりや2351  2017年10月06日(金) 03:39 (Good:1Bad:1) 報告

 更新お疲れ様です。ハーマイオニーの紹介だけで一話持って行くとは……、まあ、無慈悲のグレンジャーだから仕方ないか。
 あっさりとした紹介文の中に散りばめられた彼女達二人の気安さが良いですね。無慈悲のグレンジャーとはつまり、蓮に対してだけは遠慮は要らねぇっ!、という親友同士の関係性。まあ、如何考えても女同士の友情っぽくは無いけど、其処も二人らしさですね。
 次回の更新も楽しみにしています。マクゴナガル先生も随分と校長ライフをエンジョイしている様子、師弟二人の闇払いに対する貢献に対しては、涙が出る思いです。


もんもん  2017年10月04日(水) 07:04 (Good:10Bad:1) 報告

いつも楽しく読ませてもらっています。
最近の人物紹介を読んでいて疑問に思ったんですが、ハーマイオニーがレンに対してアズカバン送りにしたり、マーリン勲章を取り上げたりしてますがちょっとやりすぎではないですか?
まるで独裁してた時のアンブリッジやファッジみたいです。
錯乱の呪文は問答無用でアズカバン送りな呪文ではないし、勲章ってのは気にくわない事言われたからって簡単に剥奪できるほど本来は軽いものではない筈です。
無二の親友で本人達には軽いやり取りなのかもしれませんが、世間的には偉大な魔女に対して魔法大臣が理不尽にも裁判もせずに監獄に収監したり、勲章を剥奪したりと最悪な独裁者に写るんじゃないですか?
色々と書き込みましたがこの作品は大好きですのでこれからも応援させてください。
これからも楽しい作品よろしくお願いします( ノ;_ _)ノ




感想を書く
ログイン状態でのみ感想の投稿が可能です
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。