【不特定】不老不死不朽不滅な主人公、探してます

舞台はどこでもいいし、ハーレムだろうがハーレムじゃなかろうが、男だろうが女だろうが気にしません。
ただ主人公が完全なる不老不死、不朽不滅の存在であることだけを望みます。攻撃を受けないから不朽不滅〜、とか不老だけど殺すことはできるとかのない。絶対に死なない、どうあがいても死なない、殺さない主人公の作品が欲しいです。
例を挙げるなら『ノスフェラトゥに愛の手を』ですね。この作品の主人公に劣らないぐらい不老不死の作品を望みます。
サイトは問いません。ただし、文法が壊滅的だったり、すごく短い(最低でも5万文字ぐらいは欲しいです)作品はご遠慮いただけるとありがたいです。

よろしくお願いします

学生wriggle    2019/02/11 17:52  報告


スコル  2019年02月12日(火) 08:27 (編集:2019年02月12日(火) 08:29) 報告
不老では、ありませんが不死不滅の主人公
とある神器持ちの日記
https://syosetu.org/novel/14660/

常に体調が悪い不死主人公
不眠転生オールナイト
https://syosetu.org/novel/113025/

これらの作品なんてどうでしょう?

書いていて思い出した捜索依頼があったので載せておきます。
https://syosetu.org/?mode=seek_view&thread_id=1257
替え玉2玉目  2019年02月12日(火) 11:34 報告
ハーメルンでは

いいかー。不死身と無敵は違うんだからな!
ヒロアカの二次小説です。更新停止作品です。不老かどうかは分かりませんが不死身です。

東方拾憶録【完結】
東方の二次小説です。物語の流れによって存在するある一つのことを除き、どの様なことがあろうとも死にません。不老不死不朽不滅です。

東方想拾記
上の作品の続編です。こちらにおいては、完全に不老不死不朽不滅です。


なろうでは

REVIVE! ~迎坂黄泉路の超能力戦線~
https://ncode.syosetu.com/n8760ck/
連載中の作品です。不死であることは間違いないのですが、作品内の時間が数年しか経っていないため、断言はできませんが、私はこの主人公は不老不死不朽不滅であると思ってます。

不老不死の元勇者が異世界でなにかやるようです
https://ncode.syosetu.com/n5929by/
完結済み作品です。精神面が心配なことを除けば不老不死不朽不滅です。

不死の女神
https://ncode.syosetu.com/n0254bn/
完結済み作品です。数年前に読んだものですが、確か不老不死不朽不滅だったはずです。

堕落の王
https://ncode.syosetu.com/n4760cl/
完結済み作品です。この作品は少し求められているものと違うかもしれません。不老ではないと思いますが、長命種かつ主人公がいつから生きているのかはっきりしていないので、もしかしたら寿命で死ぬことがないのかもしれません。また、主人公を滅ぼすことができる存在がいないため、不死及び不朽不滅になっていると思います。
替え玉2玉目  2019年02月12日(火) 12:01 報告
ハーメルンにもう一つありました。

Emilio
リボーンの二次小説、完結済み作品です。少なくとも白亜期末から、そして星が滅びるときまで不老不死不朽不滅な主人公です。
学生wriggle  2019年02月12日(火) 16:48 報告
ありがとうございます。
堕落の王は読んだことあります。私のお気に入りの1つです。
引き続きお願いします
黒の鴉・白の蛇  2019年02月12日(火) 17:26 報告
なろうです。

異世界迷宮の最深部を目指そう

著:割内タリサ

主人公は、物語が進むとわかるのですが、物語開始時点ですでに千歳越えしています。
また終盤に、【不老不死】という状態異常を獲得します。
基本、成長ものですが、かなり長いうえ、最初のほうは不死といえるかわかりませんが、挙げておきます。
kaito ragnarok  2019年03月22日(金) 05:32 報告
個人サイトの小説ですが、こんなものはどうでしょうか?
ネギま Story Of XX
http://ziyuukimama.iaigiri.com/negima.html
やる気の無い凡人  2019年03月23日(土) 00:40 報告
ハーメルンです。

東方遺骸王
https://syosetu.org/novel/37761/468.html
未完結の作品です。原作までがとてつもなく長いので
不老不死と判断させていただきます。

返信

現在:0文字 10~1000文字
捜索掲示板を利用する際のガイドライン」を必ずご確認下さい。